« 『二流小説家』 | Main | 2013年本屋大賞受賞作10 屍者の帝国 伊藤 計劃×円城 塔 »

他人と深く関わらずに生きるには 池田 清彦

毎日暑いですね~、皆さん体調崩されてないですか?
私?私はしんどいです・・・_| ̄|○
さて、質問。どっちが私にとって「しんどい」でしょ?

A.暑いせいか冷房がきつく、体にこたえるから。
B.冷房が嫌いなくせに暑くて暑くて耐えられないから

当たっても賞品はでませんが(;^^)。
*******************************************

毎週水曜日の夜9時。
フジTV系列で放映している「さんまのホンマでっか?!」。
結構個人的に無責任に(;^^)楽しむのに
面白い番組です。

まぁ、水曜日は映画の日!なので、
あまり見る機会はないのですが・・・。

その番組に出演している「個性豊かな頭脳・博識軍団」
の1人、「池田清彦」先生の本です。
(ググってみれば画像で顔写真はわんさと出ます)

友人が貸してくれたんですよね~この本。
人との距離、とか付き合い方がたまに分からなくなる、
そんな我々にはある意味、良い刺激になったかも。

「他人と深く関わらずに生きるには 池田 清彦」

読了です。

「濃厚なつき合いはしない」
「社会的ルールは信用しない」
「心を込めないで働く」
「ボランティアはしない」
「病院には行かない」――。

息苦しい現代を乗り切る新しい生き方、
“完全個人主義"。
こんな時代だからこその、他人とウマくやっていくための
新提案とは?
思わず膝を打つ、読めば納得、目からウロコの18の視点。
疲弊した全てのニッポン人に贈る、今日から使える
新・人生訓。
*********************************************

「他人と深く関わらずに生きる」とは、自分勝手に
生きることではない。
自分も自由に生きる代わりに他者の自由な生き方も
最大限認める、ということに他ならない。

こういう内容で「はじめに」が始まります。

いやいや、すごいですわ、これ(;^^)。
内容を書きたいのは山々なんですが、
1つ取り上げると「あ、これもあれも」と次から次へと
取り上げないと気がすまない。

しかも、端的に1文で示せない位極論になっており、
あ~だこ~だと説明すると連続で記事書かないと。
なので、興味があったら読んでみてください。

頁数は少なめです。薄い本です。
でも中身がぎっしり、で1つ1つの視点を読んで
理解して共感(または反感)をもって、とやってると
これは時間がかかる本です。

でも仕事の項「心を込めないで働く」は良いかも。
思わず会社の同期に読んで聞かせちゃいましたわ(;^^)。
そうとは思ってなかったけど、自然にやってたわ。

作品内で作者さんも言ってますが
「少しでも楽に働ける方法を考えてみよう、と
言っているだけだ」と。
でも、それが染みる時ってのがあるんですよ、うん。

男女(異性・同性)の関係の項も面白い。
付き合い方、で一番純粋な方法は・・・?
自尊心がどうだ、とかお互いの幻想が、とか
色々書かれていますが、なんでうまくいかない?
なんて悩んだ時に発想の転換でこう割り切ると
確かに楽、だよなぁ、とか。

色々過去を振り返って、納得できる部分とそうじゃない
部分がありますが、気分を楽にするには良いかも。
ある意味「考えない練習」に近いものがあるかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『二流小説家』 | Main | 2013年本屋大賞受賞作10 屍者の帝国 伊藤 計劃×円城 塔 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

心をこめないつもりなんですけれど
忙しいひとの仕事を手伝って 達成感を感じたりしています
見当違いなことかもしれませんが(・∀・)

Posted by: セイレーン | July 14, 2013 at 12:18 AM

私も「ホンマでっか」好きで観ています。
池田先生の本、おもしろそうですね。
そうそう、日本人はよく「普通は・・・」と言いますよね。
その普通ってどこから!?と思う事がよくあるので、人によって普通は違うんですよね。笑!
他者の生き方を認めるって、日本人には難しい事なのかもしれないですね。

Posted by: mahalobunny | July 13, 2013 at 12:55 AM

温度に鈍感なので、いままで冷房が辛いと思ったことがあまりない
そもそも人より暑いのが平気だったのに
今年は、暑さも冷房も堪えます。
年取ったのかな?
takoingさんはまだまだでしょうが。

興味ある本ですね。
検索したらほかの本も読んでみたくなりました。

Posted by: ジャランこ | July 12, 2013 at 10:58 PM

Aの方に一票

病院に行かないっていうのは究極だなぁ~

Posted by: nanamama | July 12, 2013 at 03:28 PM

北海道 今から行ってきます。

Posted by: オサムシ | July 12, 2013 at 05:33 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57452857

Listed below are links to weblogs that reference 他人と深く関わらずに生きるには 池田 清彦:

« 『二流小説家』 | Main | 2013年本屋大賞受賞作10 屍者の帝国 伊藤 計劃×円城 塔 »