« June 2013 | Main | August 2013 »

31 posts from July 2013

『真夏の方程式』

満を辞して行って来ました、の
『真夏の方程式』です。
201306_aa_2

製作年度: 2013年
監督: 西谷弘
上映時間: 129分
キャスト 福山雅治 吉高由里子 北村一輝

きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、
海底鉱物資源の開発。

その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、
緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。
そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦
(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。

次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していた
もう一人の客・塚原の変死体が発見される。
図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたと
いう川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する
成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る・・・
***************************************

小説を良い感じでアレンジしており、うまくまとまってる。
TVドラマ収録の前に撮影された、と言うことで
吉高演じる新刑事の雰囲気が随分違いました。
(&化粧も違った;^^)。
しかも「北村一輝」氏だし。

お話はね、全て既に知ってますので、後は小説を
読んだイメージがどれだけマッチしてるか。
うん、85点、って感じかな♪
映画に収めずにカットした部分なんかも「うんいらないよね」
って納得したし。

少年(恭平)との出会いや彼との交流は結構感動。
少年の最初と最後の顔の違い(凛々しくなったよ~)、
ペットボトルロケットの実験のシーンなど、
「じんましんの起きない湯川教授」ってなんか良いわ。
悲しい別れ、は結構ウルッと来ましたよ。

またエンドロールが意外と短いので、こらえた涙が
落ち着くのを待つうちに場内が明るくなりましたわ(;^^)。

原作の「ボーンズ Borns だよ」ってくだりはぜひ
映画でも観たかったかな(^o^)
※あ、知りたい人は原作をぜひ♪

玻璃ヶ浦の玻璃の海、は絶景ですっ!
本格的なダイビングじゃなく、シュノーケリングで
あそこまでできるなんてすごいなぁ、と。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

真夏の方程式 東野 圭吾

映画が先? 本が先??
はい、takoingは本が先、です。
東野作品は文庫でそろえていますので、
文庫が出るまでは読まないように&読まないように、と
我慢しています。

なので、文庫化!と書かれたPOPを本屋で見て
いやぁ~!!と買っちゃった&読んじゃった♪

真夏の方程式 東野 圭吾


読了です。

夏休みを玻璃ヶ浦にある伯母一家経営の旅館で
過ごすことになった少年・恭平。
一方、仕事で訪れた湯川も、その宿に宿泊する事になった。

翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。
その客は元刑事で、かつて玻璃ヶ浦に縁のある男を
逮捕したことがあったという。
これは事故か、殺人か。
湯川が気づいてしまった真相とは―。
******************************************

電車の中で鳴るキッズケータイ。
子供の安否確認の為、電源を切ると、通報メールが
親に届く、とか電源を切っても一定時間が経つと
自動的に電源が入る、とか色々ややこしいようで(;^^)。

それが分からない老人に怒られる少年をかばうかのように
アルミホイルで携帯を包む湯川教授・・・。
子供目線になる訳でもなく、ぶっきらぼうな中に見える
優しさに興味を覚える少年・・・

なんとなく微笑ましい情景で始まります。
ところが、一転。死体が発見される・・・

うまいですね~、東野氏。
細かい部分まで書き込んでくれているから、
その場にいるような気分になってきます。

今回、彼は玻璃ヶ浦を開発する側から、
検査で使われる機械の技術協力を依頼され、
玻璃ヶ浦を訪れるんですが、中立の立場から
どちらに迎合する訳でなく、論理的に説明する姿は
「あぁ~理系の人だな」と(;^^)。

私は思いっきり文系人間なので、言っている文章は
理解できるけど、図だけ見て理解はできないんです。

そういえば何かの記事で、「理系も文系も必要なのは
文章読解力」なんですって。
問題を読んで理解する、ってのは最低限養うべき能力で
理解した内容を余計な修飾語でこねくりまわすのが文系、
論理的に筋道だてて必要な事だけ伝えるのが理系、
なんだそうな(;^^)。

うっ・・・すごい分かる_| ̄|○。
そっかぁ、だからお役所とか裁判官とかモロ文系、が
作る文書とかはまだるっこしいのかぁ・・・。
いやいや、そうじゃない人も多いはずですけどね(;^^)。
目指せ、論理的思考( ̄0 ̄)/ オォー

良い作品ですね~。
前回映画化された「容疑者Xの献身」も泣けました。
今回は前回ほどではなかったけど、やっぱり泣けました。

少年、良い男になれよ~!!って感じ(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2013年7月のケーキ♪

さて、皆様暑さにばててないですか??
私は毎度のように、冷房にやられてます(;^^)。

3月に発令され、異動した部署の私の机は
真後ろに『冷房の噴出し口』があります・・・。
おかげで、長袖(と言うか冬に着てる)洋服を
着ております・・・。

休みで家にいる時はできるだけ素のままで
過ごしていますが、毎年のこととはいえ、
しんどいですね~。

今日はそんな暑い時期にお勧め!なケーキです。
神戸の有名なパティスリー「アンテノール」さんの
「デザート・フリュイ」 です。

Antenoru

英会話の7月生まれの生徒さんの誕生会用ケーキです。
1307_008

下地は薄いタルト生地で、表面はジェリーに果物が
閉じこもってる、と言うもの。
1307_012

暑い時期にはさっぱりしておいしくてお勧めです~。
と言っても季節物。8月下旬までの販売だそうです。

こういうものもあまり食べる気にならなかったりする
今の季節。
食欲だけはなくさないで頑張りたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

賢者の贈り物 石持浅海

-妻は夫が大切にしている金の懐中時計を吊るす
鎖を買うために、自慢の髪を切って売ってしまいました-

多分、大抵の人が読んでいる、読んでなくても↑の
フレーズは「聞いた事がある」と思います。
でもこれは石持浅海氏の 「賢者の贈り物」


です。

古今東西の古典・名作が、現代に蘇る――。
本格推理の新旗手が、軽妙、洒脱に古典・名作に
新たな息吹を吹き込んだ意欲作10篇を収録

金の携帯 銀の携帯(金の斧 銀の斧)
ガラスの靴
もっとも大きな掌
可食性手紙(黒ヤギさん白ヤギさんの手紙)
賢者の贈り物
玉手箱
泡となって消える前に(人魚姫)
経文を書く(耳なし芳市)
最後のひと目盛り(最後の一葉)
木に登る(2人の旅人の前に熊が現れ・・・)

*********************************************

先般から「座間味くんシリーズ」を紹介している作者
石持浅海氏。
結構蔵書があるんですよ、図書館に(^o^)。
でも適当に借りると「座間味くん」のように、最新作を
最初に読んじゃったりするから(;^^)、
一度wikiで調べてから、でもなんか読みたいなぁ、
まだ借りる冊数に余裕もあるし・・・で、
これを借りてきました。

いや、これ、結構好きですわ~(^o^)。
収録された10篇はいずれも昔読んだ(or聞いた)話ばかり。
それを今風にアレンジするなんて・・・。

【ガラスの靴】なんてね、
同期の女の子を呼んで開いた週末の鍋パーティー。
みんなを送り出した翌朝、部屋には、女物の靴が一足。
代わりに家主のサンダルがなくなっていた!

週明け出社しても、その間違いを誰も申し出てこないのは
なぜだ??
ね??「シンデレラ」でしょ?
でも現代の世の中、財力と権力に任せて、街中に
お触れを出したり、全ての女性に靴を履かせる、なんて
事はせず、あくまでもスマートに、ってね(^o^)。

以前、「怪談」って本の記事を書いたの覚えてます??
まさにあんな感じ。
懐かしいなぁ~、子供の頃読んだ話を素地にして、
大人でも楽しめる話に料ってくれるなんて♪
嬉しいものです。

ただ、ただね・・・
「メッチャ読みにくいっすよぉ~!」 _| ̄|○
文章を読んでいるとたまに気が遠くなります、はい。
そこを考慮のうえ、手に取って下さいね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『アフター・アース』

映画に興味を失いつつある今日この頃。
それでも「英語の勉強かねて」洋画はみるように
していますが・・・。

『アフター・アース』
201306_aa

原題: AFTER EARTH
製作年度: 2013年
監督: M・ナイト・シャマラン
上映時間: 100分
キャスト ウィル・スミス ジェイデン・スミス ソフィー・オコネドー

人類が地球を捨て去り、ほかの惑星へと移住して
1,000年が経過した未来。
ある宇宙遠征任務からの帰路につく兵士サイファ(ウィル・スミス)と
息子のキタイ(ジェイデン・スミス)を乗せた宇宙船に
トラブルが発生して機体が破損、緊急シグナルを搭載した
尾翼部が地球へと落下する。

それを追って地球に宇宙船が不時着するが、
ほかのクルーたちは死亡してしまい、
サイファも重傷を負ってしまう。
帰還に必要な緊急シグナルを捜そうと大自然に
足を踏み入れるキタイは、地球の生態系が人類を
消し去るために進化していることを知り……。***************************************

ほんと、↑のあらすじ、って適当にアレンジしますね(;^^)。
細かいことを言い出すときりがないな、と思いますが
緊急シグナルは前方と後方に2基設置されてます。
が、キタイらの居た前方のシグナルは故障しており、
後方のシグナルを探す旅へ出る、んですよね。

しかも他のクルーの死亡は不時着のせいもあるけど
そうじゃない原因もあって・・・。

人類が移住した惑星には先住民(宇宙人??)がおり、
彼らが差し向けた怪物「アーサ」、ってのがいます。
この怪物には目が無いのですが人間が恐怖を感じた時に
分泌するフェロモンを感知して攻撃してきます。

「サイファ」は恐怖を感じないので怪物が倒せて、
それゆえに「将軍」として部隊を統率する地位にいます。
「一兵士」ぢゃないし・・・。

まぁ大きな違いはないから良いけどね(;^^)

恐怖と危険の違い、など心の奥底の部分、とか
「真の勇気」とはなにか??など、
アクションとかSFXとかばっかりだと思ってたら
割と丹念に描かれてて感心しましたわ(^o^)。

息子の「キタイ」は日本語の「期待」から取った、と
ウィル・スミスはインタビューで応えていましたが、
ホント日本大好きな方、ですね~(^o^)。
ただのエンターテイメントだけではない作品になっており
結構やるじゃん♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2013年本屋大賞8位 世界から猫が消えたなら 川村元気

僕は黙って猫を抱きしめる。
あったかくて、柔らかい。
フーカフーカとした感触。

2013年本屋大賞の受賞作第8位 
『世界から猫が消えたなら』川村元気(著)


読了です。

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。
かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。
そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、
何人いるのだろうか。

陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに
1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった・・・。

*******************************************

本屋さんへ行くといまだ平台に「売れてます!」POP付。

でもね~、私はなんかダメでしたわ・・・(;^^)。

導入部分で、「何これ、ナンだ??」と思ったら
もうダメですね~。
能天気な悪魔、とそんな簡単に契約結ぶ「僕」。
30歳、もうちょっとしっかり人生見ようよ!!

「電話」、消えても良い。「僕」と違って電話苦手だから。
話すなら面と向かって話す方が好き。

「映画」消えちゃダメ~!!

「時計」、消えても良い。どうせ死に行く身、なら
時間と言う観念はなくて良い。

「猫」、消えちゃダメ。 生きているものは消しちゃダメ。
自分、うん消えても良いかな(;^^)
どうせいつかは消えるんだから、ね。

消えて困るものはたくさんあるけど、
消えるものは「悪魔」が決める訳です。
だから選べない・・・で消えたら困るものを悪魔が
選んじゃったら、と思うと決められないよ~。

そうやって考えると、「消えて良い私」ってのが
前提にあるから私には面白くなかったのかな(;^^)?

「フーカフーカした猫」って描写はぐぐっ、と来た!から
それだけでも読んで良い部分があって良かったかなぁ、
って感じです。(ホントに何様?;^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2013年本屋大賞の受賞作6位 晴天の迷いクジラ 窪 美澄

悩む必要なんかなかったんだ。
練炭自殺しようとした彼女にも、
リスカしているあの子にも、そして薬をのんで
なんとなくこの世からいなくなりたい自分にも
「死ぬなよ」って。
ただそれだけ、言えば良かったんだ・・・

晴天の迷いクジラ 窪 美澄


読了です。

心療内科の薬が手放せない青年、
倒産しそうなデザイン会社の孤独な女社長、
親の過干渉に苦しむ引きこもり少女。

壊れかけた三人が転がるように行き着いた
海辺の村で、彼らがようやく見つけたものは? 
人生の転機にきっと何度も読み返したくなる、感涙の物語。
*****************************************

2013年本屋大賞の受賞作6位 と言う事で、
気付いたら「読まなくちゃいかん」リストに入ってて(;^^)。

Amazonやウェブストアなんかで見ますよね?
「内容説明」ってヤツ。
私は本屋さんとかで実物を手にとって観るのが好き。
でももしwebで買う事になり、この内容説明で本を
選んで買って読んだら・・・

「金かえせ~!!」と言っているかもしれん(;^^)。
そうじゃないけど・・・ ねぇ本屋の店員さん。
本当にこの本をお勧めしたかったのかい??

いや、つまらなくはないんですよ?
小さい頃「絵がうまい」とほめられたことのない私としては
そういう業界にとんと馴染みはなく、クリエイティブな仕事
(=デザイン会社)の苦労が良く分からない。
だから今居る部署も良くわかんないんですよね(;^^)

まぁとにかく、辛くてしんどくて、どんなに頑張っても
報われるわけじゃなくて・・・
気付いたらどこかおかしくなっていて・・・
なんかね、ダメですわ。

多分こういう事が言いたいのかな?とか
こう読者を導きたいのかな?と思いは分かるけど
重さだけが残った話でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2013年本屋大賞の受賞作5位 ふくわらい 西加奈子

ほんと、ローカルの図書館って好きですわ。
本屋大賞ノミネート、で有名になり予約待ち?と
思いきや、普通に図書館に並んでましたわ(:^^)

お隣の政令指定都市の図書館は予約157件と
3ヶ月待ちですからね~。
の、「ふくわらい 西加奈子」


読了です。

マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、
書籍編集者の鳴木戸定。
彼女は幼い頃、紀行作家の父に連れられていった旅先で、
誰もが目を覆うような特異な体験をした。
その時から、定は、世間と自分を隔てる壁を強く
意識するようになる。

日常を機械的に送る定だったが、ある日、
心の奥底にしまいこんでいた、自分でも忘れていたはずの
思いに気づいてしまう。
その瞬間、彼女の心の壁は崩れ去り、熱い思いが
止めどなく溢れ出すのだった――。
******************************************

いやね、ついつい先&先、と読んじゃいましたよ?
止められなくて、ついつい読んじゃいましたよ?
でも、ね・・・

ごめん、私には面白さが分からなかったよ・・・_| ̄|○

定(サダ)の無感情さそのままに文章が進み、
妙に丁寧な口調でそのまま進んで・・・
んで、それが最後?!う~ん・・・

途中に出てくるキャラも濃いんだか、薄いんだか・・
なんか分からないんですよぉ~!
だって、「雨乞い」してきます、なんてビルの屋上行って
旅先で学んだ呪文を唱える、とか・・・さ(;^^)。

いや、ごめん。このどこの部分をお勧めしたかったのか
店員さんにぜひ聞きたいっす。
これ、「百年法」より上の順位なんですよね・・・
やばい!歳食ってきた感、ひしひし・・・。

こちらの作家さんの作品は読んだことないので、
他に読んでみるかなぁ?
それとも諦める、かな・・・(;^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2013年本屋大賞の受賞作3位 楽園のカンヴァス 原田 マハ

昨年もやったなぁ~、本屋大賞の受賞作を読む、って。
第1位、はいつになったら読めるんでしょ?って感じの
大人気なので、それ以外の本を読んでます。

こちらは、第3位だった
楽園のカンヴァス 原田 マハ

読了です。

ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、
スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。
MoMAが所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの
大作『夢』。

その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作が
目の前にある。
持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に
作品を譲ると宣言、ヒントとして謎の古書を手渡した。

好敵手は日本人研究者の早川織絵。
リミットは七日間―。ピカソとルソー。
二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、いま、明かされる。
********************************************

絵に一番近いのはキュレーターではなく、「監視員」。

この言葉が染みる作品です。

いや、最初はね、「う~ん、これ面白いか??」って。
TVで紹介されてたし、本屋大賞3位だし、と
期待してたんですがね・・・。

どこから面白くなるんだろ??と思いつつ
スイスで古書を読むあたり??
織絵とブラウンの間にふれあいができたあたり?
2人の謎が明らかになってきたあたり??
真贋の判定となったあたり??

う~ん・・・ 部分&部分は面白かったんですが、
全体を通すとなぁんか、ね。

本当に美的センスというか絵的センスのない私。
描写から絵は浮かぶ、情景は浮かぶ、
当時、不遇の時代を生きた彼らの人生は
裕福ではなかったけど、裕福でないがゆえに
描けた作品だったはず。

絵を見るのがもっと手ごろにできると良いなぁ。
日本じゃどこも混んでいるんだもん・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『ファインド・アウト』

『ファインド・アウト』という映画を見に行って来ました。

201306_findouta
原題: GONE/DISPARUE
製作年度: 2012年
監督: エイトール・ダリア
上映時間: 94分
キャスト アマンダ・セイフライド ジェニファー・カーペンター
     ダニエル・サンジャタ

若く魅力的なジル(アマンダ・セイフライド)は、
自分は1年前に何者かによって誘拐された揚げ句
軟禁されていたと警察に訴える。
だが、彼女の申し出を裏付けるような証拠は一つも
出てこず、心の病を患っているジルの狂言ということで
一件落着。

しかしある朝、妹モリー(エミリー・ウィッカーシャム)が
姿を消したことでジルは激しく取り乱す・・・ ******************************************

今まではとにかく陽気で明るいイメージの役が多い彼女。
「赤ずきん」の頃からそうではないものも増え・・・
今回も、ひたすら山を歩き地図をつぶすシーンから始まり、
黒づくめのカッコウでフードをかぶり、夜の街を歩く、
と言うシーンへ・・・不気味な感じ。

彼女を襲った事件が彼女を変えてしまうんです。
妹と2人で住む家は、玄関にカギが大量についていて、
戸締りや護身用拳銃などの防犯は万全。
なのに夜勤の仕事から帰ってくると妹が消えている・・・。

ジルの妄想か?本当に誘拐事件なのか??
ジル以外の人は全て「妄想」と片付けようとします。
唯一、新しく赴任した刑事だけは「信じる」と言うけど
彼も彼女の暴走にとまどいはじめる・・・。
周囲のとまどいにも一切関係なく、執拗に事実を
追い求めるジルの姿は病的なほど。

そしてクライマックス・・・
徐々に明らかになる謎、つい夢中になってしまった。

これは面白い作品でしたね~。
全部かけない処が(毎度ですが;^^)辛いけど、
うん、ぜひ見てみてくださいな♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ヴァン・ショーをあなたに 近藤史恵

一部の日本人はアルコール分解酵素を
肝臓に持たない。つまり「酒が呑めない」。
だが西洋人はほぼ全員がアルコール分解酵素を
持っている。
彼らにとって「体質的に酒が呑めない」と言うことは
理解しがたいことなのだ・・・

「ヴァン・ショーをあなたに  近藤史恵」

読了です。

下町のフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」
スタッフ四人。二人の料理人はシェフの三舟さんと志村さん、
ソムリエの金子さん、そしてギャルソンの僕。

気取らない料理で客の舌と心をつかむ変わり者の
シェフは、客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに
解く名探偵。

Q.近所の田上家のスキレットはなぜすぐ錆びる?
Q.しっかりしたフランス風のパンを売りたいと
  はりきっていた女性パン職人は、なぜ突然
  いなくなったのか?
Q.ブイヤベース・ファンの新城さんの正体は?
Q.ストラスブールのミリアムおばあちゃんが、
  夢のようにおいしいヴァン・ショーを作らなくなった訳は?
***************************************************

今回のミステリ(謎は)こちら↑。
どれもふふん、としちゃうものばかり。
レストランのスタッフ4人が面白い人ばかり。

抜群の料理センスを誇る三舟さん(実務能力無し)、
彼にほれて有名レストランから移った志村さん、
ワインの勉強に熱心で良品を提供する金子さん、
お客様の様子を伺い、サーブする僕。

こんな彼らが勤めるレストラン、良いなぁ~。
今回、三舟さんの修行時代の作品もちらほら。
鰹節(塊)と味噌をリュックに詰めて旅する三舟さんって
なんかカッコいいです~。

旅先で体調を崩し寝込んだ日本人青年。
同室になった男に「レトルトのスープか何かない?」と
聞くと「レトルト?そんなもんあるわけないだろ」
「だよな・・・」「味噌汁なら作れるけど」「えっ?!」・・・

こういう人と異国の地で出会いたいですね~(^o^)。

なんかおいしいものを食べたいな、って気になる
本です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ルームメイト 今邑彩

図書館の本って文庫本だと長持ちしないんですよね。
やっぱりハードカバーの方が長持ちする。
なので、文庫本の品揃えは微妙、な近所の図書室。

それでも「あ行」から始まって「わ行」まで数回に一度は
全部なめないと気がすまない(;^^)。

こちらは毎度目が留まるものの、大抵他に借りたい本が
発生し、「10冊まで」の限度がある関係上、
なくなく本棚に戻す、と言うのをやってました。
他に読みたい本がなく、ようやく借りられた

ルームメイト 今邑彩


読了です。

私は彼女の事を何も知らなかったのか…?
大学へ通うために上京してきた春海は、
京都からきた麗子と出逢う。
お互いを干渉しない約束で始めた共同生活は
快適だったが、麗子はやがて失踪、

跡を追ううち、彼女の二重、三重生活を知る。
彼女は名前、化粧、嗜好までも替えていた。
茫然とする春海の前に既に死体となったルームメイトが…。
*********************************************

私は大学も自宅から通えるところだった為、
部屋を探す、という事はしたことないんですよね(;^^)。

私が通った大学は学部が珍しいせいか、全国から
学生が集まってました。それこそ北海道から沖縄まで。
人数が少ない単科大学なのに、学校の回りのアパートは
大量にありましたっけ。

当時の仕送りは家賃含む10万円、が相場。
ちょっと裕福なところだと、家賃+10万円でした。
なので結構安いところを探して住む人が多かったです。
中には「あと1週間はきなこでしのぐ!」人も(;^^)。

友人の中にも「ルームシェア」じゃないけど、
2人で住めるアパートに入った人いました。
でも結構長続きしなかったようで(;^^)。
大抵の人が1人部屋に移って行きましたね。

でもこの作品の春海、は割りとうまくやってたの。
お互い干渉しない、のを基本ルールとし、
過ごしていく中、同居人が・・・。

↑のあらすじはまだまだ導入部。
そこから更に色々な発展&展開があり・・・
最後は「ウゲッ!」と驚く結末。

この作家さん、良いですね~。
ある意味、昔からの正統派ミステリー作家、って感じ。
ちょっと色々読んでみようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『エンド・オブ・ホワイトハウス』

ふぅ、関東(千葉)は暑さが戻りましたね~。
昨日は妙に蒸し暑くて・・・。湿気は嫌い~。
でも夜には長袖で就寝、は変わらずです(;^^)。
(昼間、会社で長袖、も変わらずです)。

********************************************
今年、ホワイトハウスを舞台にした映画が2本、
公開されるようです。そのうちの1本、
『エンド・オブ・ホワイトハウス』
201306_aa_2

原題 OLYMPUS HAS FALLEN
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 アスミック・エース
上映時間 120分

7月4日。アメリカの独立記念日。
多くの人が独立を祝うこの日、ホワイトハウスの堅固な
セキュリティが突破され、予定していた韓国の大統領との
会見の正にその時、未確認飛行物体1機が飛来。
警告&攻撃をものともせず、ホワイトハウスへの爆撃を開始。

それと同時にホワイトハウスを見に来ていたバス1台分の
アジア人が武器を手にホワイトハウスへの攻撃を開始。
空と陸からの同時攻撃であっという間に「陥落」・・・。
わずか13分で制圧してしまった。

テロリストたちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と
核爆弾作動コードを要求。
彼らはセキュリティを利用し、ホワイトハウスは特殊部隊の
救出作戦をもはねつける難攻不落の要塞と化した・・・。

*********************************************
主人公マイケル・バニング(ジェラルド・バトラー)は、
大統領の信頼厚いSP。
ところがある事故をきっかけにSPを辞して、会計の仕事を
している中、起きたテロ。

原題の「OLYMPUS~」は「オリンパス堕ちる」の意味ですが、
この「オリンパス」はSPの隠語でホワイトハウスの意味
なんだそうな。(=ホワイトハウス陥落)

ホワイトハウスの地下には核シェルターがあり、
非常事態にはそこが司令室となり、避難場所となります。
ところがそこにテロリストが行くと・・・
難攻不落の鉄壁の場所、になってしまうんですね。

通報から15分で特殊部隊が到着したのに、
13分で制圧完了しちゃう、ってすごいテロリストだわ。
しかも某北○○・・・(あ、南もかんでたっけ?;^^)
化けているとそこら辺、見分けがつかないです~。

いやいやすごい迫力です~(^o^)
まぁ、主役が「ジェラルド・バトラー」ですから♪
カッコええっすのぉ~...( = =)

攻撃者の間を縫って、ホワイトハウス入口までたどり着き、
館内のテロリストを1人、1人と始末していく・・・。
非情なまでにてきぱきした動きはホント、素晴らしい♪

しかも元SPの知識があるから「あそこに非常回線が」
とか、裏側の細かいところまで熟知しているので、
壁の向こうの狭い通り道とか知識を総動員して
活躍する様は垂涎もの、です、はい。

最後までどうなるの?!と目を離せない展開ですが、
こういう仮想敵、として「アジア圏の国」が出てくるのが
時代を象徴してますよね~。
日本、ってこういう時に敵として取り上げられないのは
良いことなのか?なめられているのか??(;^^)

すっきりする作品ですよ~。お勧めです(^o^)

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

今週末の選挙について

今週末は「選挙」ですね~、皆さん行かれますか?
私は毎度のように「期日前投票」に行く予定です。

※だって、選挙当日は近所の投票所なんです。
  近所のおじさんとかが管理員で座っているんだもん(;^^)。

で、yahooサイトでこんなの発見!
Senkyo

こちらで11問の設問を回答していくと、
「あなたに近い考えの政党は?」が分かります。
やってみたら・・・
Senkyo02

でした。へぇ~面白い。
「中立」立場の回答が多くなるとこうやってまんべんなく
マッチ率が出るようですが、自民党・・・
第一党、ですよね?どうしたんでしょ?(;^^)

んでもって更に自分の県の候補者を観ると・・・
Senkyo03

同じ自民党でも「36%」と「49%」がある~。
民主党は党の考え方は「55%」のマッチ率だけど、
千葉県の候補者とは「36%」のマッチ率・・・

同じ党員でも、主義主張が100%合致している、とは
又、政党を支援しても候補の主義主張が合致する、とは
限らないんですよね(;^^)。
「烏合の衆」で入る方が自分の主張の内、何%が叶うか?
みんなあれこれ画策しているんでしょうね。
しかし、民主党の候補の方、自民党でも一緒やん(;^^)。

ちなみに一番マッチ率が良い共産党76%に対し、
候補者80%、って事は個人のマッチ率は良いのかも。
でも、政党として弱い、ってのがありますよね。
さて、どこにしようかなぁ~(^o^)。

TVなんかでも
「あなたは選挙に行きますか?」と街頭インタビュー。
大抵の若者が「行かないです。興味ないんで」
「行かないです。どこが勝っても同じだと思うんで」

その後、解説してましたよ。
投票率の高い世代に喜ばれる政策が優先される、と。
今、日本は70歳代の投票率が一番高いそうです。
「どうせ何も変わらないから」と行かないのではなく、
「行って変えてもらおう」と考えを変えて欲しいですね。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

※"本日の記事の内容はあくまでも私takoing一個人の
 体験談であり、絶対の効果・影響を示すものではなく、
 又誰にでも当てはまると言うものではありません。
 最終的にはBlogを読んで頂いた方ご自身で
 判断して下さいませ。"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『探偵はBARにいる2』

先週の猛暑はドコへ?!って位、夜になると寒いです(;^^)。
長袖に着替えて&窓閉め切って&扇風機無しで
寝たのに、『途中で寒くて目が覚めた』・・・(;^^)

思わず、部屋の隅に置いておいた「羽毛布団」を
引っ張ってかぶって寝たtakoingです。
自律神経がおかしいのかな??(;^^)

***************************************************
さて、シリーズものですからね~、
つい行っちゃいましたよ。大画面で見る必要は
ないな、と思いつつ・・・(;^^)

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
201305_bara


製作年度: 2013年
監督: 橋本一
上映時間: 119分
キャスト 大泉洋 松田龍平 尾野真千子

探偵(大泉洋)がよく行くショーパブの従業員で、
友達でもあるオカマのマサコちゃんが殺害される。

捜査が進まない中、「マサコちゃんは政界の闇に
触れて殺された」といううわさを耳にした探偵のもとに、
彼を尾行してきた女から事件究明の依頼が舞い込む。

友達の死の真相を探るため、探偵と相棒の高田(松田龍平)は、
再び札幌ススキノを駆け巡る・・・。
**************************************

なんていうんでしょ??
映画を観ていて「これ小説だとまた違うんだろうなぁ」と
思いましたわ。

なんか無理やりギャグっぽく仕上げようとしたり、
無理やりお涙っぽくしようとしたり・・・。
ちょっとあざとすぎるのが鼻についちゃったよん・・・。

まぁこういうのが好きな人も多いんだろうけど、
「どこかで観た感じ」が抜けないんですよね、なんか。

最近ちょっと邦画が縁遠くなってきただけに、
ちょっと残念な気分だわ。

こちらのシリーズ、まだ原作本を読んでないんです。
「第3弾も製作決定」と舞台挨拶で言ってたので、
そのうち読み始めないとなぁ~(^o^)

あ、それより今はこっちが読んでみたい♪

【送料無料】大泉エッセイ [ 大泉洋 ]

【送料無料】大泉エッセイ [ 大泉洋 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

千葉でモーニング(KOMEDA)

3連休、皆様いかがお過ごしでしたか??
この際、と海外に出られた方多いですね。
なんか良いなぁ~、と思いつつ混んでいる時期に
出かけたくない天邪鬼takoingヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!

ってか、海外1回行かないと、お金って貯まりますね(;^^)。
なんか通帳内、お金が浮いてる・・・と思って考えたら
「あ、そっか。ハワイ行ってないんだ」と・・・。

さてさて、nanamamaさんの記事でおなじみ
「名古屋でモーニング」を模してお送りします
「千葉でモーニング」♪です。

名古屋で有名なお店「KOMEDA(コメダ)珈琲」。
以前、開店直後の様子を記事にしました。で、

>だったらモーニングサービスの時間帯に行く方がお得♪
>ブレンド400円でトーストとゆで卵がついてくるし。
>そして、次回行く時にはもう少し段取りが良くなっていてくれる事を願うぞよ。

と書いておいたクセにその後とんとご無沙汰・・・。
ひぇ~3年経ってた?! ホント時が過ぎるのが早い!
で、モーニングに行ってきました。
Komeda

休日出勤の日は電車の時間の関係で早く着くんです。
でも早く行ってもなぁ~と言う事で。

浦安のコメダ珈琲は店内禁煙、喫煙は屋外のみ。
モーニング(朝早い時間)だし、大丈夫だろ、と屋外の
テーブルへ。
(店内は冷房が効きすぎて通り抜けるだけで震えました)。

陽が当たる場所だとやはり暑かったですが、
日陰は快適でした♪風があったせいかも。
1307_001

ドリンクの値段で「バタートースト半分+ゆで卵」付です。
あ、手前にあるのは「小倉あん」(+100円)です。

なぜか食べたくなった「小倉あん」・・・。
HPの画像にも載ってたせいかな??
まさかこんなにこんもりと盛られているとは・・・(;^^)
たくさん余っちゃいましたよ・・・。
写真に偽りアリ!(良い方に^^)

これで500円、です。
次回は1.5倍の量でたっぷり飲めるのにしようかなぁ~
でも、この「1.5倍の珈琲」、名古屋では\480だけど
関東では\500・・・。
その違い、って何なのかな??
京都や大阪も\500なんですよ~。

普段はマックの珈琲(Mサイズ\150)のtakoing。
しかもwi-fiが入るので、i-pod touchくんも活躍!
たまには良いかも♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

解錠師 スティーヴ・ハミルトン

「カギのかかる部屋」でしたっけ?
嵐の大野くんのドラマ。
結構面白かったんだけどね~。
あ、原作読むの忘れてた・・・(;^^)。

解錠師(原題:The Lock Artist ) スティーヴ・ハミルトン


読了です。

八歳の時にある出来事から言葉を失ってしまったマイク。
だが彼には才能があった。
絵を描くこと、そしてどんな錠も開くことが出来る才能だ。

孤独な彼は錠前を友に成長する。
やがて高校生となったある日、ひょんなことから
プロの金庫破りの弟子となり、芸術的腕前を持つ
解錠師に……
非情な犯罪の世界に生きる少年の光と影
**************************************

このミステリーがすごい! 2013海外編第1位
週刊文春海外ミステリーベストテン海外部門第1位
のこの作品は
エドガー賞 長編賞を受賞しており、
その他各賞にもノミネートされたそうです(2011年)

気にはなってたんですよね~。本屋に並んでて。
それが図書館の棚に普通に並んでる。
う~ん、田舎って素晴らしい!

が、読んだらあまり面白くなかった・・・_| ̄|○
面白くなったのは後半残り1/3・・・。

8歳の時の「ある出来事」・・・
これがね~、厳しいっす。
そして、高校生の時の「ある出来事」・・・
色々な出来事が彼を非情な世界に送り込み、
彼はそこから抜け出せるのか??

そこを書くのに1/3もいらない、ってのが、ねぇ。
やれ、勿体無い(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

思い出のとき修理します。

ライトノベルズの表紙絵が女なら高校生、
男なら執事っぽいイケメン・・・
本屋さんで歳を感じてしまうのは私だけ、ですか?
それか、そういう本じゃない本を読め、って事??

これも本屋さんで見かけ、図書館で借りた
思い出のとき修理します。 谷瑞穂



読了です。

思い出って、修理できるものなの──?
仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。
引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした
思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った
店を見つける。

実は時計店だったそこを営む青年と知り合い、
商店街で起こるちょっぴり不思議な事件に巻き込まれる内、
彼に惹かれてゆくが、明里は、ある秘密を抱えていて…。

************************************
短編集形式ですが、一貫したテーマが奥にある
って感じ。
黒い猫のパパ
茜色のワンピース
季節外れの日傘
光をなくした時計師
虹色の忘れ物

最後の展開は結構ググッと来ましたよ。
明里は商店街にある美容室を借りるんです。
お店を開くあてがある訳ではなく、ただ住む為に。

デモ実は・・・ってのがクライマックスへの伏線。
それに時計店の青年や色々な人との交わりが
彼女がそうした訳を徐々に明らかにしていく・・

練ったお話でしたが、う~んきれいにまとまりすぎて
あまり気持ちが残らない、です(;^^)。
文句を言う程でもないし、絶賛する程でもない。

まぁ、軽い感じ、っすよね・・・(;^^)。
この本はすぐ読めちゃいました。
最近、以前より更に本を読むのが早くなって気が・・・。
最近の本だと、通勤の往復で読了できちゃう・・・
(つまり、正味1日。)

ヘタな鉄砲~じゃないけど、良品を堪能したい、なぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2013年本屋大賞受賞作10 屍者の帝国 伊藤 計劃×円城 塔

さて昨日の質問「どっちがしんどいか?」ですが、
答えは「どっちも~♪」 (*o☆)ヾ( ̄皿 ̄メ) ォィォィ!!

通勤で汗かいてるのに「長袖」に着替えて、
それでも就業直後に寒さを感じ、その後は寒くて&寒くて・・・。
肩凝って&凝って、整骨院では今や腰より重病・・・。

片や、そんな中に一日中いるから、休みの日は
冷房無し(ってか部屋にないし;^^)&扇風機。
でもあまりにも暑すぎて頭がクラクラ・・・。
&麦茶飲みすぎで口が荒れた・・・。

でも就寝時には扇風機いらず、で寝付けますので、
(しかも明け方は肌寒い・・・)
ザ・田舎、の我が家、なかなか快適です~。

******************************************
さて、今日の本。
こちらも「王様のブランチ」で紹介されてたの。
んもって「本屋大賞受賞作10位」だそうです。

屍者の帝国 伊藤 計劃×円城 塔


読了です。

19世紀末―かのヴィクター・フランケンシュタインによる
クリーチャー創造から約100年、
その技術は全欧に拡散し、いまや「屍者」たちは
労働用から軍事用まで幅広く活用されていた。

英国諜報員ジョン・ワトソンは密命を受け軍医として
ボンベイに渡り、アフガニスタン奥地へ向かう。
目指すは、「屍者の王国」―
****************************************
作者さんの「伊藤 計劃×円城 塔」、
失礼ながらどちらも存じ上げませんでした・・・。

なんで「×」なんだろ??と思ったら、
2009年、34歳の若さで世を去った伊藤計劃。
絶筆は、未完の長編『屍者の帝国』。
遺された原稿は、冒頭の30枚。
それを引き継ぐは、盟友・円城塔・・・。

と言う事なんだそうです・・・。
作風とか気にならなかったので、後で「30Pで作家が
チェンジ!」と聞き「ふ~ん」って感じ、です。

さて、設定はグロテスクです・・・(;^^)。
だって、「屍者」ですよぉ~?!
これが、馬車の御者にいたり、戦争の歩兵だったり、
港の労働者だったり・・・

墓から無理に掘り出して「屍者化」させる
なんて荒業もあったりする(;^^)のでね・・。
痛覚も意識もない彼らの戦い、ってのは結構ひどい。
そして話は・・・なんか分かり辛い(;^^)。
私にはちょっと馴染めなかったです。

一応の結論はあるんですが、それより最後の
ジョン・ワトソンの次の任務が彼のお守り、ってのが・・
そこへつなげたのね~、って(^o^)。
やっぱり探偵モノ、っていつの時代でもうけるのね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

他人と深く関わらずに生きるには 池田 清彦

毎日暑いですね~、皆さん体調崩されてないですか?
私?私はしんどいです・・・_| ̄|○
さて、質問。どっちが私にとって「しんどい」でしょ?

A.暑いせいか冷房がきつく、体にこたえるから。
B.冷房が嫌いなくせに暑くて暑くて耐えられないから

当たっても賞品はでませんが(;^^)。
*******************************************

毎週水曜日の夜9時。
フジTV系列で放映している「さんまのホンマでっか?!」。
結構個人的に無責任に(;^^)楽しむのに
面白い番組です。

まぁ、水曜日は映画の日!なので、
あまり見る機会はないのですが・・・。

その番組に出演している「個性豊かな頭脳・博識軍団」
の1人、「池田清彦」先生の本です。
(ググってみれば画像で顔写真はわんさと出ます)

友人が貸してくれたんですよね~この本。
人との距離、とか付き合い方がたまに分からなくなる、
そんな我々にはある意味、良い刺激になったかも。

「他人と深く関わらずに生きるには 池田 清彦」

読了です。

「濃厚なつき合いはしない」
「社会的ルールは信用しない」
「心を込めないで働く」
「ボランティアはしない」
「病院には行かない」――。

息苦しい現代を乗り切る新しい生き方、
“完全個人主義"。
こんな時代だからこその、他人とウマくやっていくための
新提案とは?
思わず膝を打つ、読めば納得、目からウロコの18の視点。
疲弊した全てのニッポン人に贈る、今日から使える
新・人生訓。
*********************************************

「他人と深く関わらずに生きる」とは、自分勝手に
生きることではない。
自分も自由に生きる代わりに他者の自由な生き方も
最大限認める、ということに他ならない。

こういう内容で「はじめに」が始まります。

いやいや、すごいですわ、これ(;^^)。
内容を書きたいのは山々なんですが、
1つ取り上げると「あ、これもあれも」と次から次へと
取り上げないと気がすまない。

しかも、端的に1文で示せない位極論になっており、
あ~だこ~だと説明すると連続で記事書かないと。
なので、興味があったら読んでみてください。

頁数は少なめです。薄い本です。
でも中身がぎっしり、で1つ1つの視点を読んで
理解して共感(または反感)をもって、とやってると
これは時間がかかる本です。

でも仕事の項「心を込めないで働く」は良いかも。
思わず会社の同期に読んで聞かせちゃいましたわ(;^^)。
そうとは思ってなかったけど、自然にやってたわ。

作品内で作者さんも言ってますが
「少しでも楽に働ける方法を考えてみよう、と
言っているだけだ」と。
でも、それが染みる時ってのがあるんですよ、うん。

男女(異性・同性)の関係の項も面白い。
付き合い方、で一番純粋な方法は・・・?
自尊心がどうだ、とかお互いの幻想が、とか
色々書かれていますが、なんでうまくいかない?
なんて悩んだ時に発想の転換でこう割り切ると
確かに楽、だよなぁ、とか。

色々過去を振り返って、納得できる部分とそうじゃない
部分がありますが、気分を楽にするには良いかも。
ある意味「考えない練習」に近いものがあるかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『二流小説家』

で、『二流小説家』(映画)を見に行ってきました。

201306_aa_3
製作年度: 2013年
監督: 猪崎宣昭
上映時間: 115分
キャスト 上川隆也 片瀬那奈 平山あや

小説家としてぱっとしない赤羽一兵(上川隆也)は、
ある日、死刑が確定している連続殺人犯の呉井大悟から
告白本の執筆を依頼される。

彼はそのチャンスに飛び付き、呉井に面会に行くと、
彼を主人公にした小説を書くという条件を提示される。
赤羽は、ふに落ちないながらもOKし、3人の女性たちに
取材をするのだが、行く先々で殺人事件が発生し……。

**********************************************

冬の設定のせいか、季節感がね・・・(;^^)。
でもって小説を先に読んじゃったので、
「あぁ、あの人がね~」とネタバレしている訳で・・・

小説との違い、とかそもそもアメリカと日本の舞台の
違い、などを楽しんできました。
昨今の日本って、道を外れる事が少ないですよね?
昔はよくいた旅芸人とか、今お見かけしませんし・・・。
アメリカのように全米をセールスする、なんてのも
狭い日本国内じゃ、なかなか厳しいですしね。
それだけに「良く日本を舞台にして作ったなぁ~」と
会社・スタッフさんに拍手、です(^o^)。

連続殺人犯「呉井大悟」役は武田真治さん。
彼もこういう役をやらせると旨い、ですのぉ(^o^)。
二流小説家役の上川氏は「遺留捜査」を見ていたせいか
「あれ??同じ??」みたいな、ね(;^^)。

しかし、映像で観るって楽ですね~。
なんか楽すぎてつまんない感が最近強くなっていて、
映画に食指が動かない・・・。

小説だとちょこっとした時間で読めるし、本を開けば
その世界に入り込めるし、好きに遊べるし良いですな。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

二流小説家 デイヴィッド・ゴードン

図書館で借りる本は「2週間」で返すのと、
「10冊借りるから」の理由から、翻訳本は
あまり借りなくなりました。
その昔は「洋書」を借りてた、って言うのにね~(;^^)。

地元ローカルの図書館には洋書がほとんどなく
最近はとんとご無沙汰しております。

こちらは映画予告でみて「日本人キャストで映画化!」
しかも「上川達也」さんなんですよね~。
どんな本だい??と借りてみました。

二流小説家 デイヴィッド・ゴードン

読了です。

ハリーは冴えない中年作家。
シリーズ物のミステリ、SF、ヴァンパイア小説の
執筆で何とか食いつないできたが、
ガールフレンドには愛想を尽かされ、
家庭教師をしている女子高生からも小馬鹿にされる始末。

だがそんなハリーに大逆転のチャンスが。
かつてニューヨークを震撼させた連続殺人鬼より
告白本の執筆を依頼されたのだ。

ベストセラー作家になり周囲を見返すために、
殺人鬼が服役中の刑務所に面会に向かうのだが……。
ポケミスの新時代を担う技巧派作家の登場!
アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞候補作

*******************************************

なるほどね~、そういう展開なのね~。
翻訳本、って独特のタッチだったり、展開だったりで、
最初、馴染むのに苦労します。
以前は良く読んでたので(今も読んでるけど;^^)
馴染んじゃえばあのまだるっこしい描写に夢中・・・。

連続殺人鬼、が出てくるだけに描写はなかなか。
ただこの主人公ハリーがね~、まぁどうしようもない。
作家、と言いつつもゴーストが8割、ペンネームが2割、
自分の名前で「これが俺の本だ」と自慢できるような
ものがないまま今にいたってしまった。

ところがひょんな縁、と言うのがあるもので、
彼の記事を気に入った、と言う殺人犯から連絡が。
彼の死後の出版、を条件に彼の人生記を書く事に。
ところが、殺人犯はもう1つ条件を出した。
「俺にラブレターを送ってくる女性に会って来てくれ」と。

どこでも、こういう人に惹かれる人ってのはいるようで
「死刑囚と結婚した女性」とか、
「死刑囚に恋焦がれる女性」なんてのがいるんですね。
またこの殺人犯が被害者にした仕打ちってのがすごく、
「私も(彼女らのように)されたい」なんて熱烈ラブレター。

クライマックスの謎解き、などは「よっしゃハリー!
頑張ったね!!」とほめてあげたくなります。
(ハリーと聞いてどろんこハリーを思い出したわさ)

まさかここからまだ転ぶの?!と言うのは
前半部分の冗長さを許します、はい。

これは映画、楽しみだなぁ~。
でも映画、だけに残虐なシーンが・・・容易に想像できるわ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

完全なる首長竜の日 乾 緑郎

昨日も暑かった、ようですね~(;^^)
会社にいると冷房で凍えそうになるtakoing。
そのせいか、肩の張りが腰を凌駕し\(・o・)/!
整骨院では腰よりも肩の施術が中心となってます。

暑さのせいなのか、冷房のせいなのか・・・
睡眠時間が減っています~。
もう勘弁して欲しいなぁ。

*******************************************
さて、今日は「本」の方をご紹介。
「完全なる首長竜の日 乾 緑郎 」


読了です。

少女漫画家の和淳美は、植物状態の人間と
対話できる「SCインターフェース」を通じて、
意識不明の弟と対話を続けるが、淳美に自殺の
原因を話さない。
ある日、謎の女性が弟に接触したことから、
少しずつ現実が歪みはじめる・・・
***************************************

「映画「インセプション」を超える面白さと絶賛された、
謎と仕掛けに満ちた物語。」
第9回(2010年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞

と書かれておりますが・・・
私は『インセプション』の方がずっと面白かったし、
原作よりも映画の方がまだ良かったかなぁ~・・・(;^^)。

映画と本はずいぶん設定が違うんですよね。
映画では幼馴染で恋人の2人が中心ですが、
小説では兄弟の2人が中心。
しかも映画では男性(佐藤健)目線で話が進み、
小説では姉(綾瀬はるか)目線で話が進む・・・。

完成度は高い、とはありますが、こういう「現実との乖離」
の設定に関しては、どうとでも終わらせられるからな~(;^^)。
面白くない訳じゃないんだけど・・・
どう感想を書けば良いのか悩む作品、です(;^^)。

その昔、辻村美月さんの「冷たい校舎の時は止まる
と言う本を読んだ時、先が知りたくて上下巻なのに、
一気に読んだんですよね。
で、最後の結末で投げ捨てたくなった・・・(-"-)。
こういう終わらせ方が良いとおもう作品もあるけど
なんかちょっとイラツいた・・・(;^^)

本と映画、ってどっちを先にすべきなんだろう??(;^^)。
本を読んじゃうと、自分のイメージができちゃうし、
映画を観ちゃうと、映画のイメージが腰をすえちゃうし・・・。

今回は映画のイメージが結構強烈だったので、
それに比べると本から受けるイメージが弱くなっちゃって、
しかも友人曰く「良く分からない終わり方」(うん、同感)。

無理やりねじった映画、に軍配があがりますね、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『リアル-完全なる首長竜の日』

いやいや、この週末は暑かったですね~。
冷房がきらいな人なので(&家が古いので)、
扇風機を使うのがせいぜいなんですが、
さすがに扇風機、使ってましたよ・・・(;^^)。

熱中症での搬送が全国で740人になった、とか
やってますが、もう7月ですもんね~。
少ないですが、一時金も出ましたし・・・

※そういえば「賞与」と「一時金」の違い、
  ご存知ですか??

********************************************
ミスチルの今までと違う感じの曲に
なんか「不健康そう」と気になってまして(;^^)

見に行ってきました。
『リアル-完全なる首長竜の日』
201306_a

製作年度: 2013年
監督: 黒沢清
上映時間: 127分
キャスト 佐藤健 綾瀬はるか 中谷美紀

自殺未遂が原因で1年も眠り続ける幼なじみである
恋人・淳美(綾瀬はるか)を救い出すため、浩市(佐藤健)は
昏睡(こんすい)状態の患者と意思の疎通が可能となる
先端医療・センシングを受けることに。

センシングを繰り返し淳美の潜在意識に接触していくうちに、
浩市は不思議な光景を見始めることになる。
現実と仮想の境界が崩壊していく中、浩市は淳美と
幼少時代を過ごした島へと足を運ぶ・・・

************************************************

原作を読んでいないので、どんな感じなのか分からないですが
映画はまぁ良くまとまってるなぁ、と思いましたよ。
この2人が夫婦じゃない、ってのは驚きの同棲生活なんですが。

この先端医療のセンシングをすると、一時的に現実と仮想の
境界がくずれ、幻想を見る事があります、と言われ
またその観る幻想がろくなもんじゃない(;^^)

淳美の職業が「漫画家」それも女性には珍しいハードな
殺人もの、と言う設定から、まぁグロテスクな幻想が・・・。
これは困ります。いきなり出るから心臓止まります(;^^)。

そういう展開からあ~きてこ~きてそうなの??って
まぁ驚きました。
A Perfect Day for Plesiosaur と言う題がついてますが、
無理に出さなくても良いのでは?って気にもなったけど。

こちらの映画と原作では終わり方が違うんだそうです。
監督が「映画の最後は幸せで終わりたいので」と。
これは原作も読んでみないとな。
ハードカバーでも良いから、と図書館で借りてきました。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

書店ガール 2 最強のふたり 碧野 圭

昨日、長々と記事を書いてしまったので
&日曜日なので、軽めにご紹介。

振り返ったらずいぶん前に読んでいた
「書店ガール」
その続編が「いきなり文庫」で出たそうで・・・。

書店ガール 2 最強のふたり 碧野 圭

読了です。

あの熱いコンビが帰ってきた!
吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした
理子と亜紀。しかし、大型書店という、いままでと違う
職責に理子は戸惑っていた。

一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。
妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動――。
そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる
二人が立ち向かう新たな挑戦とは?
***************************************

シリーズだから、と手に取りますが、
こういう系は「外します」ね~_| ̄|○(;^^)。

どうも、「大崎梢」さんの「書店シリーズ」が面白く、
はまってしまったせいか、物足りない・・・。
全然物足りないよ~!!

書店で働く女性の「仕事と恋愛」事情について
書いているんでしょうが、どちらも中途半端、かな。
お仕事系、にしては若い亜紀の中途半端さにあきれるし
恋愛系、にしてはハイミスの理子の感情が見えない・・。

うん、これだったら「大崎梢」さんの本を再読した方が
良かったなぁ・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

岬洋介シリーズ 中山 七里

ネーミングの妙、といいますか、
表紙絵のなんか可愛らしい処、といいますか・・・
気になって借りてみました。

要介護探偵の事件簿 中山 七里


読了です。

脳梗塞のため車椅子に乗った大手不動産会社社長の
香月玄太郎。
彼が所有する土地の家から死体が見つかった。

完全密室の状況であり、捜査は暗礁に乗り上げてしまう。
警察が頼りにならないと感じた玄太郎は、
介護者のみち子を巻き込んで犯人探しに乗り出す! 

・要介護探偵の冒険
・要介護探偵の生還
・要介護探偵の快走
・要介護探偵と四つの書名
・要介護探偵最後の挨拶

****************************************
いや、これ面白かったです~。
脳梗塞で半身マヒになった玄太郎氏。
ところが不屈の精神でリハビリをし、特注の車椅子を
操り、「このバカもんがぁ~!」と怒鳴る元気さ。

そんな玄太郎氏が謎を解いていくこの作品、
なんか「元気だ」って言葉はこういう人の為に
あるんだな、って感じになります。

「生還」でリハビリの模様が書かれているんですが、
ホント感服しますし、何より「表紙絵」の
「車椅子で疾走するじいちゃん」ってのがなんか良い♪

で、記事を書くためにwikiで調べてみたら、
「あれ、この本知ってる」・・・の

さよならドビュッシー 中山七里



さんに行き着きました&読了しました。
しかもシリーズ化されてたんですね・・・。で、

「おやすみラフマニノフ」「いつまでもショパン」


シリーズ全作(2013年6月時点)読了ですっ!

「さよなら~」
ピアニストを目指す遥とルシア。
ルシアはスマトラ沖地震で家族を失い、遥と一緒に
暮らしているのだった。2人の祖父の玄太郎は
大金持ちであり地元では名の知れた人物であった。
そんなある日、遥とルシアと玄太郎は火事に遭遇してしまう・・・。

「おやすみ~」
第一ヴァイオリンの主席奏者である音大生の晶は
初音とともに、プロへの切符をつかむために練習に
励んでいた。しかし完全密室で保管されていた、
チェロ・ストラディバリウスが盗まれる・・・

「いつまでも~」
ポーランドで行なわれるショパン・コンクールの会場で、
手の指10本が全て第2関節から切断された遺体が発見。
コンクールに出場するため会場に居合わせた岬洋介は
殺害現場を検証し始めたが、会場周辺ではテロが・・・

**********************************************

一番最初の「じいちゃん」の本が1作目と2作目の間に刊行。
順番を間違えました(;^^)が、これが良かった、かな。
最初に「さよなら~」を読んでたらまた違う感情を持つかも。

「じいちゃん」本に「岬洋介」と言う若者が出てきます。
じいちゃんが所有するマンションを借りたいと来た人は
じいちゃんが面接してOKしないと借りられないの(;^^)。
そこで、じいちゃんは「彼は本物だ」と思うんですが、
なぜそうなのか?それが音楽シリーズで分かります。

色々な曲が出てきます。
「さよなら~」
ショパンのエチュード/ドビュッシー「月の光」/
リスト「超絶技巧練習曲」/
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第五番変ホ長調 皇帝」

「おやすみ~」
シューマン「トロイメライ」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」
パガニーニの「鐘のロンド」
リスト「パガニーニによる大練習曲第三番 ラ・カンパネラ」
チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」

「いつまでも~」
ショパン「ピアノソナタ第二番 変ロ短調<葬送>」
ショパン「ピアノ協奏曲第一番ホ短調作品11」
ショパン「ノクターン第二番変ホ長調」

wikiで観るともっと出てきますが、
youtubeなどで曲や演奏が色々聞けます。

いやぁ~今日は記事が長くなってすみません。
「さよなら~」だけはちょっとグロテスクですが、
どの作品も面白いですよ。
「いつまでも~」は泣けました、はい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

山手線探偵「1」と「2」  七尾与史

ライトノベル本、で本屋さんの平台に並んでて、
「大好評!」とか帯がついていて、
偶然図書館で見かければ、そりゃ借りますよね~。

山手線探偵1&2  七尾与史


読了です。

山手線の電車内だけに現れる名探偵――山手線探偵。
日常の謎から殺人事件まで、どんな事件でも解決します!

【1】まわる各駅停車と消えたチワワの謎
‎【2】まわる各駅停車と消えた初恋の謎

となっております。

*********************************************
「ホームレス」ならぬ「オフィスレス」な探偵さんです。
神出鬼没の山手線探偵・霧村雨。
小学生助手のシホと自称ミステリ作家のミキミキさんと一緒に、
今日も難事件に挑む訳です。

1巻では、チワワのまいちゃん、を探すのがキー。
1話完結の短編集かと思いきや、実は最後につながっている・・
と言うかなり凝った設定です。
おかげで面倒くさくなったりもしましたが・・・(;^^)。

2巻は一応山手線駅名で章立てしてはいますが、
もう開き直って長編、です。
戦時中の疎開の話(70年前)から始まる初恋の結末は??
と言うもの。

秋葉原お約束のメイドカフェに、渋谷の執事カフェ、
巣鴨の商店街、と当世の流行ものをごった煮にして、
結局静岡県の疎開先で謎が解ける、と(;^^)。

つまらなく、はないんですがとっても面白い、とも思えない。
う~ん、微妙かな。

最後の謎解きの時「やられた~!」とか「うまいっ!」と
後で何度か読み直す本、ってあるじゃないですか?
こういう本は何年か経ってもう一度読んでも面白い。
でも、これはそういう本じゃないんだよなぁ。

ただ、小学生助手のシホちゃんの謎が明らかになるまで
続きが出たら読んじゃうんでしょうね~。
こうやって、毒にも薬にもならないシリーズものが
増えていくんですよね(;^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

月の扉&心臓と左手 石持 浅海

以前「玩具店の英雄 座間味くんの推理 石持浅海」と
言う本を紹介しました。
そこで、「シリーズで読みたいなぁ、と思って後で調べたら
シリーズ3作目でした・・・_| ̄|○」とうかつすぎた私。

慌てて図書館へ行ったら、並んでるじゃな~い♪
「月の扉」 と 「心臓と左手」 石持 浅海

読了です。

【月の扉】
週明けに国際会議を控え、厳重な警戒下にあった
那覇空港で、ハイジャック事件が発生した。

3人の犯行グループが、乳幼児を人質にとって
乗客の自由を奪ったのだ。

彼らの要求はただひとつ、
那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」石嶺孝志を、
空港滑走路まで「連れてくること」だった。

緊迫した状況の中、機内のトイレで、乗客の死体が
発見された。誰が、なぜ、どのようにして―。

【心臓と左手】
こちらは短編集です。
「貧者の軍隊」/「心臓と左手」/「罠の名前」/
「水際で防ぐ」 /「地下のビール工場」/「沖縄心中」/
「再会」

*****************************************

座間味くん、と大迫警視の出会い、となった、
「月の扉」ハイジャック事件、ようやく読んで理解した(^o^)。
そっかぁ~そんな出来事があったのね~。
&そんな出会いがあったのね~、って。

なんで彼が「座間味くん」と呼ばれているのか?
その理由もきちんと書いてあり、事件の最中なのに
つい「フッ(^o^)」って笑っちゃいました。

ちょっと悲しい話です。
傷ついた子供たちを助けていた「師匠」が
理解のない子供の親によって不当逮捕。
それを助けようと動く3人の大人たち・・・。

最後の最後の墓参りのシーンはなんか良い。

そして、10年が経ち、東京の書店で再会した二人。
呑みに行って既に終わった事件の話を聞き、
「いや、それは違うと思います」と謎解きをする・・・

これは、先日紹介した「玩具店の英雄」と同じ
パターンですね。
ただ、「団体」ものが多くてちょっと閉口。
テロ、とかカルト、とか集団で何かしようとする方々は
まぁ色々なことを考え付くものですね。

それに比べると「玩具店の~」の方がバラエティに
富んでいて面白かったですね。

いや、おそらく「心臓と左手」で偏ったから、
「玩具店の~」で一般的な事件を集めたのかも?

「心臓と左手」では10年後の再会、があります。
あの時人質になっていた子供たちも成長し、
それと共に抱える問題も出てきます。
でも元気に&強く育っている子供たち・・・
それも「師匠」のおかげなのね~、と感慨深いです。

ちなみに「月の扉」は2003年、「心臓と左手」は2007年、
「玩具店の~」は2012年。
4,5年待たないと次が出ないのか~、読みたいなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ことり 小川洋子

これも「王様のブランチ」だったかなぁ~、
(多分結構前の話ですけど)紹介されていて、
不思議な感じの作品、って事で
頭に残ってたみたい。

ことり 小川洋子


読了です。

親や他人とは会話ができないけれど、小鳥のさえずりは
よく理解する兄、そして彼の言葉をただ一人
世の中でわかるのは弟だけだ。

静かで、温かな二人の生活が続いた。
小さな、ひたむきな幸せ……。そして時は過ぎゆき、
兄は亡くなり、 弟は「小鳥の小父さん」になってゆく。

世の片隅で、小鳥たちの声だけに耳を澄ます兄弟の
つつしみ深い一生が、やさしくせつない会心作。
小鳥たちは兄弟の前で、競って歌を披露し、
息継ぎを惜しむくらいに、一所懸命歌った・・・。

*****************************************

小川洋子さんは以前「人質たちの朗読会」って本を
紹介しました。
不思議な作品で、不思議な感情を持ったので、
なぜか心に残っていました。

なので、TVで紹介したのを覚えていたんでしょうね。

ただ、今回のは・・・(;^^) 物悲しいです。
(あ、「人質~」も物悲しいんですが)
都会の狭間に身を寄せあうように暮らす兄弟、
外部との交流ができない兄と、兄ほどではないけど
やはりうまく交流ができない弟。

自分は「エエ格好しぃ」のA型人間なので(;^^)
外でテンションを高くして、普段の自分に+(プラス)して
頑張っちゃう人なので、もどかしくなってきます。

鳥のさえずり、って良いですよね。
我が家は山に囲まれているので、毎朝、色々な
生き物の声を聞くことになります。
季節によりますが、「キジ」「ホトトギス」「ウグイス」・・・
朝、うつらうつらしながらも「おいっ!」と突っ込みたくなる
練習する鳥の声はなかなか面白いですよ。

ちゃんとね、親鳥だか先輩鳥だかが、見本で鳴くの。
で、その通りに鳴こうとするんだけど、途中から
グダグダになっていくのとか聞いていると・・・笑っちゃう♪

と、まぁこういう話を書いている時点で、
感想があまりない作品だな、と分かってくれると思います。
文章は読みやすいですけどね・・・(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『イノセント・ガーデン』

さぁ映画2本目!!
なんか不思議な映画に行って来ました。
予告編を見てなんかひっかかって・・・。

201305_inocentga

イノセントガーデン原題: STOKER
製作年度: 2013年
監督: パク・チャヌク
上映時間: 99分
キャスト ミア・ワシコウスカ ニコール・キッドマン
     マシュー・グード

外の世界を遮断するように建てられた、大きな屋敷に
暮らしている少女インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)。
自身の誕生日に、愛していた父親が交通事故で
帰らぬ人となってしまう。

彼女は、母(ニコール・キッドマン)と葬儀に参列すると、
そこへ行方がわからなくなっていた叔父の
チャーリー(マシュー・グード)が突如として姿を現わす。

彼と屋敷で暮らすことになるが、それを発端にして
インディアの周囲で不可解な現象が頻発するようになる。
********************************************

主人公の「ミア・ワシコウスカ」、
アリス・イン・ワンダーランド」に出てた人です。
あまり美人じゃないよなぁ、と思いつつ、なんか
不思議な印象だったんですよね。

今回の映画でもあまり表情が出てない役で、
それがなんか映画全体の不気味さをかもしだしてます。
母親役のニコール・キッドマンも能面みたいだし。

それが、叔父チャーリーの前では豹変する。
ところが、チャーリーの目的は・・・
そして、最後、壊れちゃった××が・・・。

クライマックスの謎解きでは、背筋がゾゾっとしました。
ただ、それがこの映画を表しているような気がします。
邦題「イノセントガーデン」はうまくつけたなぁ、って感じ。
原題の「Storker」じゃわからない部分がたくさん。

まぁ映画館で、とは思わない作品ですが、
夏に観るには良い映画かと・・・。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『華麗なるギャツビー』

『アメリカ国内でしか知られていない作品なんじゃないか』と
難色をみせたプロデューサーに、私とレオが
『日本では村上春樹の翻訳で良く知られている作品だ』と
アピールしたんだ。
“NO Haruki NO Gatsby”(春樹無くしてギャツビーなし)だよ」
と裏話を語ったラーマン監督の作品、
『華麗なるギャツビー』に行って来ました。

201306_gyazbya
原題: THE GREAT GATSBY
製作年度: 2012年
監督: バズ・ラーマン
上映時間: 142分
キャスト レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア
     キャリー・マリガン

ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、
ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。
ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く
若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と
言葉を交わす仲になる。

どこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、
なぜパーティーを開催し続けるのか??
日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。
やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、
戦争でさまざまな勲章を受けたことなどを明かされるが、
ニックはこの話に疑念を持つ・・・。

********************************************

原作は読んだ記憶がないので、どんなもんかも不明だし。
村上春樹氏翻訳本も読んでないし・・・(;^^)
でもそれが理由で映画化できちゃった、って
どれだけすごい大作家さんなんだか(;^^)・・・。

でもね、なんか悲しくなっちゃう作品ですよ。
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
沙羅双樹の花の色・・・盛者必衰&栄枯盛衰の平家物語
の冒頭をつい思い出してしまいました。

ギャッツビーの過去&現在&未来を書いている訳ですが、
とにかく、ニックの従兄弟、「デイジー(♀)」が悪い!!
もう、同性ながらムカムカしておりました。

なんて~の?良いトコのお嬢さんが苦労せずに恋愛し
失恋、失意のまま知り合った男と結婚して、子供を授かる。
幸せな結婚生活かと思いきや旦那の浮気に悩まされ
「私は幸せじゃない」と豪華な部屋で一人悲しむ・・・

大っ嫌いです・・・( ̄Σ ̄;)ブー

こういう一見「私はか弱気子羊よ」的な人が
実は「したたかな女豹」みたいな本性を持ってて、
大波をプカプカ浮きながら誰かが助けてくれるのを
待ってるだけ、みたいな、ね(;^^)。
で、実際助かっちゃうから余計ムカツク~。

ギャッツビーの葬式に連日連夜のパーティーに来ていた
参加者が誰もこない、って・・・ どうです?
そりゃ自分の葬式、大して人は来ないだろう、と
思うけど誰一人も、って悲しすぎます。

前半の豪華さがすごいだけに後半の物悲しさが
余計、身に染みます・・・。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »