« 永遠の途中 唯川 恵 | Main | ヒルクライマー 高千穂 遙 »

サヴァイブ&キアズマ 近藤史恵

梅雨だっていうのに、天気良いですね~(;^^)。
終末に天気が良いとお洗濯できてスッキリします!
でも、昨日は夕方からムシムシ・・・。
気圧のせいか、頭痛がひどかったですわ。

/////////////////////////////////////////////

自転車シリーズ第3弾!と第4弾!の
サヴァイブ と キアズマ  近藤史恵


読了です。

【サヴァイブ】
他人の勝利のために犠牲になる喜びも、
常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。
ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。

日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、
瞬間の駆け引きが交錯する。
ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。

【キアズマ】
決して交わるはずのなかった、俺たち。
喪失を超えるように、ただ走り続ける――。
命をかける覚悟? 誰かを傷つける恐怖?
そんなもの呑み込んで、ただ俺は走りたいんだ。
ひたすらに、自分自身と向き合うために。
助けられなかったアイツのために――。

一年間限定で自転車ロードレースに挑むことになった正樹。
サクリファイス」シリーズ4作目、新たな舞台は大学自転車部!
******************************************

【サヴァイブ】は短編集です。
何かどっかで読んだことがある、と思った章があり、
Story Seller だと後で気付いた次第です(;^^)。

小説雑誌(と言うんですかね?)の類は
ほとんど読まない私。
Story Seller は有川浩さんにはまっていた時期に
「本になってないけど」と借りて読んだんですよね。
※あいにくそれはイマイチの面白さでしたが

立派な活字中毒、の私はその時に掲載されていた
他の作家さんの作品をも読んでいたんですね。
その時は知らない作家さん、の類だった訳ですが
シリーズで読んでいくと、また違った感想が出ます。

んでもって、第4弾の【キアズマ】は設定が全然違う。
好きなキャラ「白石誓」は出てこない、大学の
ロードレース部が舞台の作品です。

大学からの帰り道、ちょっかい出された正樹。
逃げようとした弾みに接触し、相手が転倒してしまう。
骨折した相手を見舞いに行き、彼の代わりに部に
入ることとなる。

自転車のことなんか何も知らなかったが、
資質があり、見る間に上達していく正樹。
4人しかいない彼らの先にあるものは??

う~ん、こっちはね、「白石誓(=チカ)」が出ないの。
なので、イマイチかなぁ・・・(;^^)

自転車流れ、で読んだ「ヒルクライマー」と似た感じ。
自身の資質を知らない人が自転車を始め、
自転車の魅力にとりつかれていく・・・みたいなね。

こうみると、いかに「チカ」の魅力に魅了されてたのか
分かりますな(;^^)。
次回の新作では「チカ」に会いたいものです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 永遠の途中 唯川 恵 | Main | ヒルクライマー 高千穂 遙 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

自転車、ウォーキングを始める前は
いつも乗っていたけど
全く乗らないから、タイヤに空気が入っていません。

Posted by: ジャランこ | June 10, 2013 at 10:20 PM

なんだか再梅雨突入と言う感じです。
台風も近付いているらしいので洗濯物が・・・。

ここのところ毎日草取り頑張っているnanamamaです。

Posted by: nanamama | June 10, 2013 at 01:25 PM

今週もがんばりましょう~

Posted by: ツボ | June 10, 2013 at 06:39 AM

たしかに空梅雨 続きますね。

Posted by: オサムシ | June 10, 2013 at 06:33 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57319473

Listed below are links to weblogs that reference サヴァイブ&キアズマ 近藤史恵:

» 「サヴァイブ」近藤史恵 [粋な提案]
他人の勝利のために犠牲になる喜びも、常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、瞬間の駆け引きが交錯する。ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。 自転車ロードレースの世界で奮闘する若者を描いたシリーズ小説の三作目。 前二作は長編でしたが本書は六短編を収録したスピンオフ的なショートス...... [Read More]

Tracked on February 04, 2014 at 03:52 PM

« 永遠の途中 唯川 恵 | Main | ヒルクライマー 高千穂 遙 »