« ヒルクライマー 高千穂 遙 | Main | 『県庁おもてなし課』 »

神去なあなあ夜話 三浦しをん

以前「神去なぁなぁ日常」と言う本を読みました。
三浦しをんさんらしい、ハチャメチャでつい噴出しちゃう、
そして元気になる、そんなお話でした。

続きがあるなら読みたいなぁ~と思っていたら、
神去なあなあ夜話 三浦しをん


出ました&読了です。

100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。
そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、
20歳になった。
山仕事にも慣れ、憧れの直紀さんとドライブに出かけたりも
するようになったけれど……。

お仕事小説の名手が描く林業エンタメ第二弾!
秘密がいっぱいの神去村へ、ようこそ!
************************************

林業、にも慣れてきて、以前より足手まとい感は
減ったものの、じょじょに欲張りになってくる・・・。
教習所に通い、免許をget!

更に憧れの直紀さんと「まぐあい」の約束を交わしたが
「小せぇな、俺」と自己嫌悪するような出来事も・・・。

う~ん、なんかほのぼのしてて良いですね~。
神去村の由来、とか「うせモノしたらお稲荷さんへ」とか
ちょっと前ならゴロゴロ転がっていたような昔話が
あふれています!

自分が小さい頃は暗くなると神隠しが出るから
外で遊んじゃだめ、と良く言われたもんです(;^^)。
従兄弟なんかは夏休みに家に泊まりに来て、
仏間の「能面」にパニックを起こし、夜中に親が迎えに来る、
と言うなかなかすごいことやらかしたりしたしね(;^^)。

おっとずれた。
まぁとにかく村の日常(とちょっとした夜の話)を
語ってくれて面白い本です♪

ちなみにこれ、映画化されるそうです。
今、山篭りの真っ最中、だとか。
どうだろ??見ちゃうかな??
なにせ「神事」が見られるらしいし~(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ヒルクライマー 高千穂 遙 | Main | 『県庁おもてなし課』 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

三浦しをんさんも まだ読んでいません。
どの本から読めばいいのかな ^^?

Posted by: セイレーン | June 12, 2013 at 10:58 PM

最近邦画も頑張っているというイメージです。
昔は映画=洋画というイメージだった?んっ、ちょっと待て、nanamamaがわざわざ映画館に行って観る=洋画だったので。

Posted by: nanamama | June 12, 2013 at 09:50 PM

私は映画は見ないと思うけど、本は読みたい。

私の子供の頃って、暗くなると○○だから
今の子はそんなこと通じないよね。

Posted by: ジャランこ | June 12, 2013 at 09:40 PM

映画化 されてもたぶん見ないだろうな。

Posted by: オサムシ | June 12, 2013 at 06:31 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57458996

Listed below are links to weblogs that reference 神去なあなあ夜話 三浦しをん:

» 「神去なあなあ夜話」三浦しをん [粋な提案]
100年先を見据えて作業をしている、神去村の林業の現場。そこへ放り込まれた平野勇気も、村で暮らして1年が過ぎ、20歳になった。山仕事にも慣れ、憧れの直紀さんとドライブに出かけたりもするようになったけれど……。 お仕事小説の名手が描く林業エンタメ第二弾! 秘密がいっぱいの神去村へ、ようこそ! 三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐ...... [Read More]

Tracked on April 09, 2014 at 02:04 PM

« ヒルクライマー 高千穂 遙 | Main | 『県庁おもてなし課』 »