« 日本沈没 小松 左京 | Main | 心のなかの冷たい何か 若竹七海 »

笑うハーレキン 道尾 秀介

2013年1月に出たこちらの本が図書館に
普通に並んでいるなんて・・・田舎ってだから好き♪
の、

笑うハーレキン 道尾 秀介


読了です。

経営していた会社も家族も失い、
川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。
仲間と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活。
そこへ飛び込んでくる、謎の女・奈々恵。
川底の哀しい人影。
そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険―!
*******************************************

手に職を持つ東口。
その昔は社長と呼ばれていた彼も今では
仕事場件寝床の車で飛び込みの家具修理で
糊口をしのいでいた。

いわゆるホームレス。
ただ、親切な人が提供してくれた廃工場空き地、
各種送付先用に仲間と共同で1部屋だけ借りて
毎日を過ごしていた。

ある日、若い女性が「弟子にしてください!」と。
「俺なんか」と断るが、なしくずしに受け入れて・・
そんなところに起きる事件・事故・仕事・・・。

彼の作品の特徴である「世の中苦労してきた人が
再生しようともがく」話です。
つい「カラスの親指」のような展開を期待したけど
これはそれほどでもないかなぁ~。

ちょっと時間が経つと感想がかけないんだもん。
早めに書けばよかったわ~、なんてね。

でも手に職がある、ってある意味良いなぁ。
私なんか腕一本で食っていく!気概がない(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 日本沈没 小松 左京 | Main | 心のなかの冷たい何か 若竹七海 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

道尾さんのあの「向日葵・・」図書館で2冊並んでいました。予約が多いので2冊にしたのか、それとも寄贈なのか?シマッタ 寄贈本なのか見てくればよかったー

Posted by: セイレーン | June 26, 2013 at 10:05 PM

手に職、一応医療系の国家試験もとったのに
今は全く別の仕事をしています。

初めて聞いた本ですが、話題作?

Posted by: ジャランこ | June 25, 2013 at 11:25 PM

手に職があるってこの歳になると本当に身にしみて実感。

看護師や薬剤師や美容師等みんな再就職に困ってないからいいなぁ~と本当に思います。

Posted by: nanamama | June 25, 2013 at 10:44 PM

手に職がある人はいいですね。
私は今の仕事にしがみつく
しかしようがないです。

Posted by: オサムシ | June 25, 2013 at 06:39 AM

手に職があっても営業力がなければ、これまた厳しいですよ。
会社でお給料もらって働いているのが、結構一番楽なのかもしれないなぁ〜と思ったりします・・・。

Posted by: mahalobunny | June 25, 2013 at 01:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57472518

Listed below are links to weblogs that reference 笑うハーレキン 道尾 秀介 :

« 日本沈没 小松 左京 | Main | 心のなかの冷たい何か 若竹七海 »