« 配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 大崎 梢 | Main | サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 大崎梢 »

晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)  大崎梢

昨日、熱く語った、「本の謎は本屋が解く」
第2作目は長編です。

「晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編))」
大崎梢

読了です。

駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む
元同僚・美保から手紙が届いた。
彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、
おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、
アルバイトの多絵と共に信州へ赴いた。
だが幽霊騒ぎだけでなく、二十七年前に老大作家が
弟子に殺された事件をめぐる謎までもが二人を待っていて…。
***************************************

一作目で杏子さんが頼れる店員、って感じでしたが、
実はバイトの多絵ちゃんが名探偵なんです。
杏子さんはワトソン役、って感じ。

この杏子さん、書店めぐりが趣味なんだそうで。
床の色、棚の配置、品揃えや平陳、本のセレクト、
レジの位置や壁の使い方など見所満載、なんだそうで。
実際本文内、数頁を使って絶賛しておりました(;^^)。

今回も幽霊騒ぎと言うより、老舗の書店見学がしたい、
ってのが副賞としてついてくる、という事で
長野くんだりまでお出かけします。

今回は「長編」ですので、ちょっと中だるみの部分も
ありましたが(私としてはこのシリーズは短編で
たくさん読みたい!と思います)、
自分の仕事に対する情熱やプライドなど、
影響を受ける部分、多々あり、です(^o^)。

そういえば、自分が中学生の頃まであった書店、
今は全てなくなりました。
高校の時は通っていた駅ビルの書店で買ってて、
大学の時はいわゆる路面店(郊外型店舗)ってのが
できて、そこで買うようになり、
就職してからはやはり最寄り駅ビルの書店で、
又はネットで、と様変わりしてきましたね。

中学の頃、よく行っていた書店のうち1箇所は
かなり大型書店でした。
普段は近所のスーパーの中にある書店に行ってたけど
当然品揃えには期待できず・・・。
で、そこに昼前から夕方までいたりしたっけ(;^^)。
そこはなんとなく硬く、暗いイメージがあるんですが
ある意味、本と正面から向き合うような気になる売場でした。

今はそういう本屋さん、ないなぁ~。どこも同じような感じで。 
この長野の書店行ってみたくなりました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 大崎 梢 | Main | サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 大崎梢 »

書籍☆☆☆」カテゴリの記事

Comments

最寄りの本屋が2件潰れました。
1件は夜逃げ同然。
私もポイント狙いで、ネットで買うことが多いけど
本屋がないのはやっぱり寂しいです。

Posted by: ジャランこ | May 28, 2013 at 09:11 PM

nanamamaも昔通っていた本屋さんみんななくなっちゃいました。
最近は大型複合施設に入っている本屋ばかりです。

最近の本屋さんってDVDレンタルとか一緒にしているところ多いような。

Posted by: nanamama | May 28, 2013 at 01:02 PM

杏子さん って 聞くと
バービーボーイズを思い出すのは
世代でしょうか。

Posted by: オサムシ | May 28, 2013 at 06:37 AM

昔はほとんど本を読まない子でしたので、もっぱら雑誌のみでした。
子供の頃は、タバコ屋さんのスタンドに置いてあったのを買ったりしていましたわ。笑!

Posted by: mahalobunny | May 28, 2013 at 12:49 AM

こんばんわ~
最近は、昔の映画の雑誌を読んでます。。。
本当は小説を読みたいのですが・・・

Posted by: ツボ | May 28, 2013 at 12:13 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57213368

Listed below are links to weblogs that reference 晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)  大崎梢:

« 配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 大崎 梢 | Main | サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ 大崎梢 »