« 親指さがし 山田悠介 | Main | 歳とると・・・色々でるのね。 »

その時までサヨナラ 山田 悠介

で、昨日の「山田氏」の別の本が本屋さんでかなり
強力プッシュされていたので読んでみました。

その時までサヨナラ 山田悠介


読了です。

別居中の妻子が、旅先で列車事故に遭遇した。
仕事のことしか頭にない悟は、奇跡的に生還した息子を
義理の両親に引き取らせようとする。

ところが、亡き妻の親友という謎の女の登場で、
事態は思いもかけない展開を見せ始めた。
はたして彼女は何者なのか。

そして事故現場から見つかった結婚指輪に、
妻が託した想いとは?
**********************************************

ホラーの鬼才が切り拓く愛と絆の感動ミステリー!
とAMAZONでも紹介されており、
山田某(なにがし)」と言う作家さん、意外と多くって、
「山田」と言う名字にごまかされて、
下の名前を覚えておらず、「百年法の人だっけ?」とか
色々混乱してたんですが・・・。

え~と(;^^)、
草彅くん主演のTVドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」と
東野圭吾の小説「秘密」と、
赤川次郎の小説「ふたり」を足して&混ぜて&砕いた感じ。
どっかで見たような&聞いたような&読んだような感満載。

上記3作品はいずれも泣きました。
小説2冊は本を持っているので、今でもたまに再読し、
体調によってはついホロッときちゃうんですが・・・

これはう~ん・・・
なぜ、書店員さんがそこまで絶賛POPを書くのか、
帯宣伝で「感動」と書いちゃうのか??

いやぁ、歳食って読了冊数が増えてくると、そうそうの事じゃ
感動しない、って事なのかな?
だとすると、「いやね、スレちゃって」って諦めるけど、
どうもそれとは違う気がするんですよ・・・。
軽い・POPな・あっさり、読めるんだけど・・・。

もし読んでみようと思う方がいらっしゃいましたら、
あわせて、東野氏と赤川氏の本もぜひ読んで下さいな。
で、ぜひ感想を下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 親指さがし 山田悠介 | Main | 歳とると・・・色々でるのね。 »

書籍☆☆」カテゴリの記事

Comments

「ふたり」は呼んだはずだけど、全く記憶にない!!
もう一度読み直さなくては。

Posted by: nanamama | April 28, 2013 at 11:06 PM

>そうそうの事じゃ感動しない
そうなんですよね。料理もおいしいのが当たり前って思ってしまって・・

Posted by: セイレーン | April 28, 2013 at 10:33 PM

と言う事は・・・その謎の女はもしかして・・・と想像してしまいます。

千葉はピーナッツやびわなど美味しい物多いですよね。
「おこげ」ググってみました。油で揚げてあるんですね。美味しそう〜♪

Posted by: mahalobunny | April 28, 2013 at 10:13 AM

いつもながら なかなか本読めないです。

Posted by: オサムシ | April 28, 2013 at 10:00 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56936909

Listed below are links to weblogs that reference その時までサヨナラ 山田 悠介:

« 親指さがし 山田悠介 | Main | 歳とると・・・色々でるのね。 »