« 『脳男』 | Main | 良心をもたない人たち マーサ・スタウト »

指し手の顔 (脳男2) 首藤 瓜於

昨日頂いたコメントの
>最近あんまり映画を観なくなったのかもしれない
( ̄  ̄) (_ _)うんうん 確かに~。
最近本を読んでいてつくづく「映像人間ぢゃないな」
って思うようになりました。

映画だと、映像のおしつけ、があるんですよね。
特に原作を小説で読んだ後だと、「ここはこうして欲しい」
とか、「ここはこの映像でしょ」的な感じが強くなり、
思うとおりの映像になってないと「う~ん」って。

それと、本だと「いつでも&どこでも&どこからでも」
その世界に入れちゃうんですよね。
その心地よさに浸りきっている今日この頃です。

******************************************
そして、昨日&一昨日に紹介した「脳男」、
2作目も刊行されております。

指し手の顔 (脳男2) 首藤 瓜於

読了です。

元関取が愛宕市内で突然暴れだす。
多くの死傷者を出し、精神科の入院歴が問題にされた。
他にも事件を起こした元患者たちが揃って直前に
行方不明になっており、精神科医の鷲谷真梨子は
患者の話から監禁に使われた小屋を探しあてた。

が、事件の鍵を握る医療ブローカーと小屋を
監視していた刑事二人が殺される。
その後、鈴木一郎が連続殺人犯だというスクープが
地元紙に載り、一抹の不安が真梨子を襲う・・・。
********************************************

かなり、力作と言うのは分かります。
社会的問題(精神科入院歴を短くし、後は外来で
様子を見る→ベッド回転率を上げる目的)で
十分治療できないまま社会へ戻される彼らや、

周りの人が当人の病気の重さに気付かず、
つい見過ごされがちになる精神の病気、
病気というレッテルを貼られた彼らの社会復帰・・・

それが事件にどう影響してくるんだ?と思うけど
まぁ、つながるわけですな。
ってか強引なつなげ方でしょぉ~!!って感じだけど。
んで、鈴木一郎(=脳男)はどこ??って
なかなか出てこないんですが・・・(;^^)。

特に今回は1作目の終りに「夢を見るようになった」
脳男が今後どうなっていくのか?
真梨子とどうかかわりができていくのか??と
期待していたんですが・・・ なんか違う~。

ただより一層「擬態」が完璧になり、
途中から「あれ、これは・・」と思ってはいたけど、
まさかこんな社会性が、なんてビックリになります。
出番が少なすぎてちょっとイライラしてきたけど。

精神医学の分野、ってのは難しそう。
欧米と違い日本は研究が遅れているんだろうなぁ、とか、
何せ隠しちゃうようなお国柄でしょ?
以前読んだ「閉鎖病棟」もそうでしたけど、
「1つところに閉じ込めちゃって、近所には対面保ち
『居なかったもの』として意識からしめだす」みたいな。

そういえば、友人の勤務先に学生バイトがいるそうなんですが
その学生君、「アスペルガー・・・」と診断されているにも
関わらず、それを明らかにしていないそうです。
仕事場でも学校でも。
友人はまぁ学生君の仕事ぶりが気に入らなくて、
会うといつもプリプリ怒ってたんですが、事実を知り
見方が変わったそうです。

ところが、それを知らない(本人は公認してないから)、
知らないことになっている学生さんの友人らは、
端から見ても「それおかしいでしょ」って付き合い方を
しているらしい。

等々、つい色々考えちゃうお話ではありますね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『脳男』 | Main | 良心をもたない人たち マーサ・スタウト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

娘の小学校にもアスペルガーの子がいたのですが
周りが何を言っても親は認めない。
確かに数字には強くて、何ヶ月も前に話した
数字を覚えていたりするんだけど
親が認めないと辛いのではと思ったけど・・・今はどうしているんだろう?

Posted by: ジャランこ | April 25, 2013 at 10:53 PM

親が認めなくて子もわかっていないという事もありますよね。
難しいです。

Posted by: nanamama | April 25, 2013 at 10:32 PM

なるほど・・しかし学生ってことは平成の子ってことでしょ
ゆとりくんたちのやること・・と思えばそれだけなんですよねーー

Posted by: セイレーン | April 25, 2013 at 10:30 PM

>端から見ても「それおかしいでしょ」って
何でしょう・・ 周りがおかしいの??

Posted by: セイレーン | April 25, 2013 at 09:27 PM

いろいろ考えさせられますね。

Posted by: オサムシ | April 25, 2013 at 06:59 AM

私の友人にも部下が目に見えない障害があり、それを会社に言っていなく、自分にだけ相談されて困っているって事がありましたよ。
確かに隠す国民性。仕事面ではちょっと困り者ですよね。

Posted by: mahalobunny | April 25, 2013 at 05:34 AM

脳男小説続編もあるんですねhappy01

これはまた見て見なくては

Posted by: ジョビー・タピア | April 25, 2013 at 05:23 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/57226421

Listed below are links to weblogs that reference 指し手の顔 (脳男2) 首藤 瓜於:

« 『脳男』 | Main | 良心をもたない人たち マーサ・スタウト »