« 『アウトロー』 | Main | ここに死体を捨てないでください! 東川 篤哉 »

神去なあなあ日常 三浦しをん

「舟を編む」で一躍文壇のTOPに躍り出た感のある
「三浦しをん」さんのこちら「神去なあなあ日常」が
図書館で普通においてあったので、借りて読んでみました。



林業っておもしれ~!!
美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。
先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。
しかも村には秘密があって…!?

高校卒業後、平野勇気が放り込まれたのは
担任の先生と母親に決められていた、
三重県の山奥にある神去村。
林業の研修生として働くことになっていたのだ。
林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

神去村の人たちはおっとりしている。
彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、
いろんな意味に使われているが、
語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる・・・

*********************************************

なんか良い本です、これ。
高校卒業したての男の子が山奥へ。
携帯は没収(ってか、投げ捨てられた;^^)、
花粉症なんて平気!と飛び回っていたらまさかの発症。
「林業で花粉症」、想像できます??(;^^)
その辛さったら。

山奥だから、って訳じゃないけど、みんな良いです。
カッコつけてもしょうがない、自分の腕一本で頑張るその姿は
カッコ良いです。

そして、村の秘密である「神事」、もう大爆笑ですわ。
へぇ、そんな「珍事」があるんですね~。
(どんな神事かはぜひ読んで見て下さいね)

実はこの本、2010年の本屋大賞の候補作品なんですって。
そういえば、今年の本屋対象もノミネート作品
決まったんですよね。
昨年は全て読みきったんですが・・・今回はどうするか?
他に色々借りているので、その内、その内、ね(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『アウトロー』 | Main | ここに死体を捨てないでください! 東川 篤哉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

やっぱり、林業すると花粉症になるんですね。
nanamamaは今のところ大丈夫だけど、ウォーキングマスクなしでしていたらそのうち発症しそうです。

Posted by: nanamama | March 10, 2013 at 12:05 AM

珍事が気になるぅ〜。
この方の作品、一冊もハワイの図書館にはないんですよね。
もちろん中西部になんて・・・あるわけないか・・・

Posted by: mahalobunny | March 09, 2013 at 07:24 PM

なかなか面白そうですね~

ホンワカした気分になれそうshine

Posted by: ジョニー・タピア | March 09, 2013 at 07:58 AM

幸い まだ花粉症でないですが、
そのうちなってしまうのかな。

Posted by: オサムシ | March 09, 2013 at 06:41 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56761234

Listed below are links to weblogs that reference 神去なあなあ日常 三浦しをん:

« 『アウトロー』 | Main | ここに死体を捨てないでください! 東川 篤哉 »