« February 2013 | Main | April 2013 »

31 posts from March 2013

隠密してみた・・・(^o^) 17

メールを打ったり、お風呂に入ったりして
さて荷造り、開始です。

でもでも・・・「面倒」なのよね(;^^)
なもんで、ついつい遊んじゃいました~!
Korea1301_090

ベッドに買ったものを並べてみた(;^^)。
Korea1301_091

定番の「韓国海苔」2種、とか「もちチョコ」、「パイチョコ」に
そうそう、これ!「熟成岩ザバソ(のり)」!
1302_007


「ガイドブック」には「トルチャバンキム」だって(^o^)。
ロッテマートで試食をやっていてあまりのおいしさに、
「5袋買ったら海苔もおまけ♪」との事で5袋購入(^o^)。
Korea1301_092


「マーケットO(オー)」シリーズのチョコ色々、とか、
ひまわりチョコ、 ピンクの長財布なんかも買っちゃった♪

え~、バッグには当然入りきらず_| ̄|○
手持ちで機内にも持ち込む事となりました。
でもでもね、友人は・・・
Korea1301_093

もっとすごかった~。大量買いしてましたもん・・・。
しかもデカイスーツケースだったし・・・。
そして、なんて几帳面なんでしょ(;^^)。
こんな事やってるから睡眠時間が削られるのよね。

帰りの模様は早朝ですし、旅行会社のツアーにある
「土産物屋」などは省略したいし・・・。
既に機内食共々、紹介済みでしたので、
これで終わった、かなぁ~??

今日で3月も終り。明日からは4月ですね。
年度始まり、との事で皆さんの中には生活が変わる方も
多いのでは?頑張りましょうね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 16

韓国滞在の最後の晩餐、(って1回しかないけど;^^)
は、昨日の記事の「ドリームマート」のすぐ近く、
「豚豚村 炭火カルビ 」です。

店名 豚豚村 炭火カルビ
住所 ソウル特別市 中区 忠武路2街 12-16 2F
서울특별시 중구 충무로2가 12-16 2F
電話番号 02-318-2772
http://www.konest.com/contents/gourmet_mise_detail.html?id=2473
Korea1301_077

単品もセットもありますが、我々はセットをオーダー。
牛カルビ・豚の王カルビ・サムギョプサルの3種類が味わえます♪

お肉に
Korea1301_071

お肉に
Korea1301_076

お肉!!(;^^)
Korea1301_078

これにビールで乾杯~!!
付け合せはこんな感じ。友人共々カメラで取り捲り(;^^)
Korea1301_070


友人がクーポンを持参してくれたので、1人26,500₩
(=約2,300円位)。

そして、デザート(か朝食用に)とこちらにも行きましたわ。
店名 Roti boy(ロッティボーイ) 明洞店
住所 ソウル特別市 中区 乙支路2街 199-40
   明洞アルヌボセンタム 1F
서울특별시 중구 을지로2가 199-40 명동아르누보센텀 1F
電話番号 02-318-6347
営業時間 8:00~22:00(※ラストオーダーはパンの有無で異)
休業日 旧正月・秋夕(チュソク)の連休
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック、Euljiro1(il)-ga)駅
    6番出口 徒歩2分
   ・地下鉄4号線明洞(ミョンドン Myeong-dong)駅6番出口 徒歩8分
Korea1301_069


外側はコーヒー風味のクッキー生地、内側はバタークリーム
が定番、なんだそうで。
Korea1301_088

後「くるみマンジュウ」を狙っていたんですが、焼肉を
食べ終わって出てきたら、屋台が撤収してました_| ̄|○・・。
あ”ぁ~、とちょっと哀しい。

さぁ、ホテルへ帰って荷造りですっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 15

ホテルでの休憩もそこそこに出かけたのは・・・
はい♪お約束の「ロッテマート」!

店名 ロッテマート ソウル駅店
住所 ソウル特別市 中区 蓬莱洞2街 122
   서울특별시 중구 봉래동2가 122
電話番号 02-390-2500
営業時間 9:00~24:00(入店は23:45まで)
休業日 第2・第4日曜日
支払方法 ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄1号線ソウル(ソウル、Seoul)駅 1番出口 徒歩2分
Korea1301_067

土産を買わなくちゃね~、と大きなカートで出陣!
っと、ロッテマートには「100円ショップ」があるんですね;^^)
Korea1301_068

物によっては日本より高いもの、安いものがあるようで、
こういう価格調査、って必要なんでしょうね(;^^)。

とにかく、頑張らなくちゃ&急がなくちゃ!とお買物。
買い込んだものはまた後でご紹介しますね(^o^)。
買物を終えて一旦ホテルへ荷物を置きに。

良い感じにお腹が空いて来ましたので、食事に行く前に
もう一箇所でお買物。

店名 ドリームマート
住所 ソウル特別市 中区 忠武路2街 12-20
   서울특별시 중구 충무로2가 12-20
電話番号 02-776-6636
営業時間 月~土曜日8:00~23:00、
      日曜・祝日9:00~23:00
休業日 旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
支払方法 ウォン、円、カード(JCB,visa,master,amex)
交通 ・地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅
    10番出口 徒歩2分
Korea1301_129

小さい売場面積なんですが、日本人が好きそうなものばかり。
日本語OKで、お茶なんかも効能書きは日本語。
しかも熱いお茶のサービスまでしてくれます。
Korea1301_130


ロッテマートは大きくて安いんですが、種類はそれ程、
なんですよね。探しすぎて疲れちゃうし(;^^)。
時間のないときはこちらのお店もお勧めです♪
宿泊していたホテルの真裏、なので便利でした~。

さぁお腹空いた~、ご飯、ご飯(^o^)。
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 14

「まだ終わらない」と書いたのはこれ♪

Korea1301_062

「デリマンジュウ  Deli Manjoo」と言うもの。
これも、旅行前に調べて「食べてみたいかも」とチェック済み。
http://www.seoulnavi.com/shop/2321/

明洞駅改札出てすぐ、のところにあり、すぐ分かりました。
(写真撮ったはずなのに・・・ないっす;^^)
中にカスタードクリームが入っており、おいしかったです♪
  ※出来立てだとクリーム熱くてヤケドしますからご注意を。
お店によって形や味が少し違うそうで、食べ比べしたかったけど
う~ん、あんがい小さい我々の胃袋。

韓国って地下の商店街もすごいそうですね。
確かに寒いし、地下だととってもありがたいかも。
で、近くにあったお店をふと覗いてみたら・・・。
カワイイブーツが売ってました♪
Korea1301_064

「あったかそう~」と見ていると店員さん「サイズ限定なんです」
と。しかも「大きなサイズしかないんですよぉ~」
履いてみると「あらぴったり♪」
しかも 【10,000₩ (=約900円)】! これ買わないと。
で速攻買った(^o^)。 足大きくて幸い、って珍しいっす。
履いていったブーツを捨てて帰りましたわ、はい。
Korea1301_065


ホテル1Fに入っているコンビニ「セブンイレブン」で、
こちらを買って↑の「デリマンジュウ」とで少し休憩。Korea1301_063

左はコーヒーですが、右は・・・「快便」だって(;^^)
1302_009


あ、でも「少し」だけですよ?休憩は・・・。
もう明日早朝には帰国の途へつきますので、
最後の夜を思う存分に楽しまなきゃね(^o^)。
(って、最後の夜もなにもないよね、2泊だし・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 13

市場を出て向かった先は地下商店街。
大通り挟んで真向かいの東大門エリアになりますが、
地元の人しかいかないようなところ・・・。

「サムソンサ」と言うコサージュ専門店、です。
http://www.seoulnavi.com/shop/2808/

記事を読んで、行ってみたいなぁ、とリクエスト。
Korea1301_057

まぁ自分はコサージュなんてつけないですけどね(;^^)。
でも「発想の手助け」になれば、とね(^o^)。

そういえばこの冬はこんなの作って持ち歩いてました。
「グローブホルダー」です♪
1303_022

バッグなどにつけて、手袋をはさんでおくヤツ。
会社でも「それ素敵」と言って頂いたりしてね。
1303_020


こういうアレンジものも好き♪な私なので、
結構楽しめました♪ お買い上げはしなかったけど。
見終わって、さすがに疲労困憊してきた我々。
(若くないしね~&朝早くから活動してたし)
ここで、徒歩をやめて、「電車に乗って」帰りました。

↓の青部分。
1302c_2

ホテルそばの「明洞(ミョンドン)駅」まで帰ってきました。
でもまだ終わらない(^o^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 12

仁寺洞(インサドン)から次へ向かったのは・・・
え?何?? もちろん『歩き』ましたけど何か?(;^^)
ここまで来ると電車に乗るために地下まで降りて
電車待って、とやるよりも歩いた方が早いかな、と。

1302c

仁寺洞(インサドン)から電車の路線に沿って歩くと
途中「貴金属通り」みたいな、なんていうか・・・
「貴金属屋さんばかり」の通りになります。
日本でもそうですが、同じ業種が固まってエリアを作り
商売する、って感じですね。

で、行き先は東大門(トンデモン)市場、と言いたい処ですが、
「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」です。
  ※地図上右上の○
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1367

ソウル市内にある大小様々な市場の中でも、
未だそれほど観光地化されていない最古の在来市場
(1905年誕生)なんだそうです。
取扱商品は、韓服、反物、織物、衣料品から
青果・精肉・生鮮に至るまで、膨大な数にのぼるそうで、
実は市場内の詳細な地図、などはガイドブックではあまり
お目にかからないのです。

↓のような衣料品やバッグが並ぶところもあれば、Korea1301_056

↓ここら辺は食べ物系の店が固まっていたり・・・
Korea1301_128


他にも調理用具や食器のお店、などもあり、
↓の「ku:nel」に掲載されていた記事などを飾る店もあり・・。
1301_056

「キムチを入れる入れ物」とか「麻袋」などを購入する友人。
私は見ているだけでお腹いっぱいになりましたわ(;^^)。

市場の中、交差点(?)などには立て札が立っていて、
大体の方角は分かるようになっています。
が、慣れないと方向感覚なくなると思いますので、ご注意を・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 11

さてさて、「長引かせますよ~」と言っていた旅行記。
さすがに記憶はなくなりつつあるし、
他に書かなくちゃ、って記事もあったり、ですので
ラストスパートしていきたいと思います。

所詮、2泊3日だしね(;^^)
 →や~なんてわがままなんでしょ。

腹ごしらえも済んで、お店を出た我々。
仁寺洞(インサドン)でも有名な
「サムジキル」と言うショッピングモール。
Korea_028a


「ヌリ」を出てメイン通りに向かう途中、このお店の脇に出ます。
中庭式で、回廊のように通路があり、歩くうちに上に行く、と
考えてるなぁ~的な建物。
Korea1301_120

「見てみようか」とブラブラと歩いてみると・・・
友人が絶叫「きゃぁ~!××がある~!」
「××」とは・・・ここ。
Korea1301_054

猫ちゃんキャラでおなじみの『Jetoy(ジェトイ)』です。
友人、大好きなんですよ~(;^^)。
先日紹介した「教保文庫 光化門店」に行ったのも
「Jetoyの商品が置いてある」から、なんですね~。

非常に小さいお店で、お客さん数人が入ったら終り??
って気になるようなお店。
しかも雪のせいか、「雨漏り」してましたわ・・・(;^^)
我々が行く数日前にOpenしたばっかりだっていうのに・・・。

あまりの狭さに私は外で、通路の写真をパチリ。Korea1301_125

足元には色々なお花などのペイントが・・・。
アーティストの街、って感じですね。
Korea1301_124

お店もそれ程広くない長屋状態で、色々なジャンルの作品が
ありました。
平日の昼過ぎだったせいか「休憩中」みたいな札が
かかっているお店も多かったです。

1Fには屋台スナックなどもありましたが、お昼食べたばかりだし
そのまま次の場所へ向かいました・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

閉鎖病棟 帚木 蓬生

図書館で本の林を片っ端から眺めていると
思わぬ本とめぐりあいます、と以前書きました。
こちら、表紙絵に惹かれて借りてみました。

閉鎖病棟 帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)

読了です。

発売日: 1997/4/25
とある精神科病棟。重い過去を引きずり、
家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、
明るく生きようとする患者たち。

その日常を破ったのは、ある殺人事件だった……。
彼を犯行へと駆り立てたものは何か?
その理由を知る者たちは――。

現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。
淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が
絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。
****************************************

ついこの間「永遠の仔」を紹介しました。
そのすぐ後でこれを読んで「つながるなぁ~」って
感慨にふけりましたよ。

「本が本を呼ぶ」じゃないけど、似たような設定に
ちょっとビックリしました。

かなり昔の設定(戦後すぐの話)なんですが、
重い過去、ってのは時代は関係ないんですね。
そして苦しむ人も変わらない。
人間、ってのはいつからでも、いつまででも、
罪深い存在ですのぉ~。

最初は病棟に入院している患者さん数人の紹介。
背景とでも言うんでしょうか。
この病院に来るようになった訳が書かれています。
ここはちょっと退屈;^^)

でも入院してからの彼らはできることをやり、
特異な慣習に沿って生活をしている。
それは隔離ではなく、保護なんだ、と思う。

そして自身の囲いの中から外で出て行こうとする
彼らにとって、世の中は決して住みやすくないけど、
それでも頑張っていこう、と前向きになる姿は
結構ホロッときましたね。

この作者さんの作品はどれもみな、
かなり読み応えがありそうな分厚さ(;^^)。
その内、他の作品を手に取ってみようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

花咲小路四丁目の聖人 小路幸也

こちら読みました。
「花咲小路四丁目の聖人 小路幸也 」

読了です。

舞台は、シャッター通りとまではいかないものの
さびれつつある商店街「花咲小路商店街」。
主人公の亜弥は、両親が始めた小ぢんまりした英語塾を
継いで講師をしている。
隠居している父は、日本に帰化したイギリス人なのだが、
その実、若い頃は美術品を中心とする伝説の大泥棒として
名を馳せていた人物。
商店街で起こる事件をその手腕で解決していくのだが、
亜弥は気が気ではなくて――。
***************************************

Last Gentleman-Thief "SAINT" と言うフレーズで
なんかカッコ良い~、って感じ。
でも彼が住む街が「商店街」ってのがね(;^^)。

隠居しているはずなんですが、オーダーメイドの
プラモデルを作っている父。英語塾に来る小学生には
必ずドーナツをあげるんだって。

日本にいながら「イギリスの友人」が送ってくれた紅茶。
外国人なのに、「夕飯には必ず味噌汁が欲しい」人。
なんかカワイイの。

そんな寂れた商店街になぜか買収騒ぎが・・・

ちょっとこの展開とクライマックスまでは強引かなぁ、と
思う部分もあるんですが、面白かったです♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

永遠の仔 天童荒太

いやぁ~すごく&すごく読み応えのある本に出会いました。
「永遠の仔(全5巻) 天童荒太」


読了です。

3人の主人公は、子供の頃あらゆる児童虐待を受けてきた。
久坂優希は父親から性的虐待を、
長瀬笙一郎(モウル)は男遊びがさかんな母からネグレクトを、
有沢梁平(ジラフ)は母からたばこを体におしつけられる身体的虐待を受け、
その恐怖から恐怖症を患ってしまう。

3人は1981年に瀬戸内海の小島にある精神科病棟で出会い、
院内学級で小学校時代を過ごすも、3人の決断により
ある事件が起こる。
優希の父親が滑落死したことで3人は離散するが、
18年後の1999年、社会人として過ごしていた3人は
川崎市内で運命的に再会することになる。
そして再会によってまた事件が起きてゆく……。

2000年度版このミス10  1位。
1999年文春ミステリーベスト10 2位。
2000年 第53回日本推理作家協会賞長篇部門
第121回直木賞候補作品

****************************************
先日読んで紹介して、それから少しずつ読んでいる
天童荒太氏の本。
かなり、重いし、読み応えがあるのは分かっていたので
本当に少しずつ、と思ってたんです。

ところが、こちらは読み始めたらもう止まらない~!
最初2冊だけ借りたんですよ。ところが「あ、これまずい」と
次の休みに残り3冊一気に借りました。

なんかね~、痛いです。色々な気持ちが、ね。
彼らの虐待の詳細はなかなか出てこないんです。
それが明らかになる頃には「それは・・・」と絶句しました。
子供ながらに(いや子供だからこそ)、その影響は計り知れず
読んでいてしんどくなりました。
それでも止められない。

そして彼らが抱える闇・・・。
大人になったからと言って傷が癒える訳ではない。
むしろ幼い頃に受けた分、隠してきた分、
その傷は表面には出ないけど、奥底でどんどんと
崩壊していく・・・。

最後に救いがあったのか?
それはぜひ読んで感じてください。
読むのは大変ですが、すいすい読めますよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『レッド・ライト』

さて、今週はたまった映画と本との週にさせて頂きます。
韓国旅行記も書かなくちゃ、と思いつつ、色々調べている
時間などなくて・・・。
春は忙しいですね。

で、こちらの映画「レッド・ライト」を観てきました。
201302_12


原題: RED LIGHTS
製作年度: 2012年
監督: ロドリゴ・コルテス
上映時間: 113分
キャスト ロバート・デ・ニーロ キリアン・マーフィ
      シガーニー・ウィーヴァー

科学者のマーガレット(シガーニー・ウィーヴァー)と
トム( キリアン・マーフィ)は、超常現象の科学的解明の研究に
没頭していた。
そんなある日、30年前に引退したはずの超能力者サイモン
(ロバート・デ・ニーロ)が復帰するというニュースが
世間を騒がせる。

マーガレットはその昔、サイモンの超能力のうそを暴くため
彼に挑んだ経験があり……。

************************************************

あらすじからでは分からないクライマックスにビックリ!
ネタばれちゃうから言えないけど、「ほっほぉ~♪」って
爽快な気分になりましたね。

全体的に暗いトーン。
「超常現象のウソ」を見抜くマーガレットとトム。
ポルターガイストに始まり、いんちき・いかさまを見抜き、
「無意識状態で絵を描く子供」なんてのまで出てくる。

そんな折、サイモンが復活。
目が見えない彼が起こす奇跡(そう、奇跡と騒がれる)に
人々はとりこになる。
マーガレットは彼の一言に動揺した過去を持ち、
今またトムが動揺し、彼の調査を始める・・・。

うまくできてましたね~。
ロバート・デ・ニーロは相変わらず年食っても素敵です。
今、TVCMやっているんですよね~。0317

この歳(70歳)になっても精力的に活動されてるのがすごいです。
普通なら引退してますよね。
でもいつまでも頑張ってスクリーンで活躍してほしいです。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『アルゴ』

今更ですが、「アカデミー賞特集」と銘打って、
期間限定再上映ってのを近所の映画館でやっていて
行ってきちゃいました。

機内映画とかでもあったんですけどね、
どうしても「吹替え」は嫌いだし「字幕」は見づらいし・・・。
『アルゴ』です。
201210

原題: ARGO
製作年度: 2012年
監督: ベン・アフレック
上映時間: 120分
キャスト ベン・アフレック ブライアン・クランストン アラン・アーキン

1979年11月4日、テヘラン。
イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を
過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が
起きる。

パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出して
カナダ大使の自宅に潜伏。
救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントの
トニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに
発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。
彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。
しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が
伴うものだった……。

**********************************************

いや、うまいっすね~&面白いっすね~♪
奇想天外な脱出作戦、なんですが、これが実話を元に
作った話とは・・・ さすがアメリカ!って感じ??(;^^)

1979年と言ったらかなり昔の話になりますね。
さすがに当時の世界情勢は記憶にありません(;^^)。
こちらの映画は当時の情勢をアメリカ側から作っており、
対するテヘラン側では「事実と違う!」と自国内では
「上映禁止」にしたと言うことらしいです。

「うまくいくはず」と思っていたんですが、
(ってか、うまくいかなきゃ日の目をみない話ですし)
それでもドキドキ、ドキドキ・・・(≧∇≦)キャー♪

緊張感が続く中、もちろん笑いなどはほとんど無し。
それでも、「映画制作」なんていう突拍子もない計画は
ちょっと微笑ましかったです。

アカデミー賞、先日BSでやっていて、録画して
見ましたが、豪華スターが勢ぞろい、でしたね~。
司会が『ted』の監督(兼声優)のセス・マクファーレン!
かなり際どいトークでしたね~。
英語が聞き取れれば良いんだろうけど(;^^)、
(はい、NHKBSは字幕付です)
wowowなら「同時通訳」付だったらしいけどね~。

一番残念だったのが「レ・ミゼラブル」キャストによる
アンサンブルがカットされていた事_| ̄|○
これ一番楽しみにしてたのになぁ~。
セス・マクファーレンの歌なんかより聞きたかったです。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

友人宅でランチ♪ 2013春

春ですね~。日に日に暖かくなってきてますね。
昨年の春に洋服の断捨離をしたら、おもいっきり
洋服を捨てすぎたようで(;^^)、
少し購入してきました。(毎季節毎に書いてる気がする)

そろそろ暖かくなってきて部屋の整理などもできそうだな。
思いっきり物を捨てていこうと思ってます。
なんでしたけ??終活の前準備ってヤツ??(;^^)

先日は韓国土産を届ける為友人宅へお邪魔してきました。
韓国へ同行した友人と3人で丸一日おしゃべり~!!
お昼は友人が用意してくれた手作りもの。

Img_0368

こちらはチーズと甘栗を生ハムで巻いたもの。
Img_0369

あ、違うか??チーズじゃなくて「ヨーグルト」か??
ヨーグルトの水気を絞るとカッテージチーズ風になるそうで。
う~ん、あ、こっちが「ヨーグルト」だ。

↓左のはりんご+シナモン+ヨーグルト です。
右のはチキンのトマト煮。
Img_0370

こちらは混ぜご飯。ちゃんと型抜きまでしてくれてます。
Img_0371


どれもこれもおいしかったです♪
幼稚園の子供さんを送っていった後、用意してくれたらしく、
忙しいのにお母さん、って大変ですね~。

そんな友人の誕生日が近かったので、こちらを持参。
Img_0373


ロールケーキに果物がいっぱい!
Img_0376


夕方までの時間でしたが、楽しかったですね~♪
いつもはcafeとかで、おしゃべりしてる事が多いんですが、
たまにはこういう友人宅でのランチも良いですよね。
(あ、用意する友人は大変か?!)

この日は中国に長期滞在している友人からも電話が入り、
思い出話にも花が咲きました♪
同じような事を喋っているはずなのに、なんでこんなに
楽しいんでしょ?良い時間が過ごせました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2013年のホワイトデー。

気付くと1ヶ月、経ってます。毎日が早い。
年末までの我慢、と思ってたのに、年明けて
もう3ヶ月かぁ~。我慢もそろそろ限界かなぁ。
イヤですね、この歳になって風流さを感じる自分って。
(あ、すいません、意味不明ですよね;^^)

さて、3月と言えばホワイトデー。
上げたからにはお返しを期待するのが人情。
2月に「気持ちだから」と書いたくせにね(;^^)。

幸い、皆さん忘れずに下さいました♪
ありがたいことです。
今回頂いたものをご紹介。
1303_002

英会話の先生からは毎度の「メリーチョコレート」さん。
「ホワイトデュー」と言うシリーズでストロベリーやミルクなどを
たくさん使ったチョコレートです。:525
1303_006

会社の方からその1「スヌーピーのブラウニーセット」
これカワイイの♪
ミルクウォルナッツ&ホワイトウォルナッツ&
ストロベリークランベリーの3種類の味わい。:840
1303_005


会社の方からその2「ピエールマルコリーニのセレクション6P」
エスカルゴ(ホワイトチョコ&キャラメル)、ミルクチョコ&アールグレイ、
真っ赤なフランボワーズのホワイトチョコでコーティング、
ミルクチョコ&塩の花&キャラメルソース、などなど。:18901303_004

会社の方からその3「富士見堂のせんべい」(;^^)
昨年のせんべいを事の他喜んだのを覚えていたのか(;^^)
今年もチョイスして下さいました。:1470
1303_008


「かご」に入っており、造りは「"o(-_-;*) …」ですが、
何かに使えないかなぁ、と取っておこうと思ってます。

ありがたいことですね~。
食べ過ぎないように、皆におすそ分けする予定です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

逆回りのお散歩 三崎亜紀

朝日新聞で紹介されており、
「ん?新しい本??」と思ったらそうでもないらしい。
図書館で普通に借りられました。

「逆回りのお散歩 三崎亜紀」

読了です。

インターネット上ではじまる、不条理な「戦争」デモ、
炎上、ステルスマーケティング─

市町村合併を巡って、市役所VS反対派の静かな
ゲリラ戦がはじまった。
現代の「見えない戦争」を寓話的に描く、
ヒット作『となり町戦争』に続く系譜の最新作。
*************************************

以前、「となり町戦争」という本を紹介しました。
知らない間にとなり町と戦争が始まっていた。
広報、に「本日の戦死者×名」と出るだけの静かな戦争に
主人公は巻き込まれていく・・・。

公共事業、と言う名目で戦争が起きる、ってすごい。
お役所仕事だけに、きっちり計画通りに進んでいき、
終結は・・・。

今回の本はそこにいたるまでの過程を書いたスピンオフ。
今、現実に起きているかのような状況に背中がゾクッ。
「姿の見えない敵」と言うのは今でもありますよね。
ネットで知った、と原発やTV局デモに集まる人たち、
彼らがどうする訳ではないけど、数の多さ、に世論の
勢いを感じますよね。

でもその数の多さ、に身じろぎしない今の国会。
伊坂氏の本でもありましたけど、国民が何も発言せず、
言われたまま動く国家が一番都合が良い、と。
でも発言しても&自ら動いても動じないその姿は、
ある意味、図々しいな&しぶといな、ってのが感想。

「原発の再稼動」がどうなるんだろうか、とか
最近の震災特集をみていると、なぜ国民投票やらんの?
ってホント思う。

国民、って国家という器のコマなんだなぁ、と実感。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ブルーマーダー 誉田 哲也

「ストロベリーナイト」の姫川玲子が帰って来た!
最新作(シリーズ6作目)の「ブルーマーダー 誉田哲也 」
読了です。


あなた、ブルーマーダーを知ってる?
この街を牛耳っている、怪物のことよ。
姫川玲子。常に彼女とともに捜査にあたっていた菊田和男。
『インビジブルレイン』で玲子とコンビを組んだベテラン刑事下井。
そして、悪徳脱法刑事ガンテツ。
謎めいた連続殺人事件。殺意は、刑事たちにも牙をむきはじめる。
******************************************

こちら、前作「インビジブルレイン」の1年後の設定だそうですが、
なんかもっと経っているような感じの始まり方です。
まぁ小説自体が3年ぶりだそうなんで。

「き、菊田~!」と叫んじゃうような気分と
「まぁ、そこが菊田よね」と納得しちゃう気分とが入り混じり
姫川女史の性格もかわらずなかなかよね、とか
(原作とドラマ、やっぱ違う感じなのよね~)
色々な感情が噴出しましたわ。

池袋に異動になった姫川女史。
これが「新宿」でも「六本木」でもないところが苦肉の策、かなぁ。
そこで発生しつつある「非合法団体の不活性化」。
そう、ヤクザも半グレも中国人も鳴りを潜めている、って感じ。
今、何が起きているのか??

なんかね、哀しい話ですよ。
コマのように使われ、タイミングや流れで捨てられる。
そんなの辛いよね、哀しいよね。

そりゃ自分も会社っていう器のコマでしかないけど
んでもって捨てられた事もあるけど(;^^)、
生活はとりあえず保障されてるし、生きてるし。
でも警察と言う器にかかると、生死に関わってきちゃうんだね。
国家権力だし、常に悪と対峙している訳だし・・・。

ブルーマーダーの想いについ同情&共感しそうになっている
自分がいましたわ、はい。
「太く短く」を地で行く生き方は潔いですね。
「インビジブルレイン」で終りになるかなぁ、と思ってたんですが、
やはりこれだけの人気シリーズ、うまく続けましたね。

でも姫川、カッコつけすぎ~、ですけどね(;^^)。
そこまで頑張らなくても良いんじゃないの??って
ちょっと同性からは引かれるキャラですな。
そして、彼らのこれから、姫川班復活への道筋・・・
次が楽しみです! 次はもうちょっと早く刊行して下さいね(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『ストロベリーナイト』

さて週末に向けて旅行記はお休み。
今日は映画の話題です。
ようやく見る事ができました~『ストロベリーナイト』2013012616

原題: -
製作年度: 2013年
監督: 佐藤祐市
上映時間: 127分
キャスト 竹内結子 西島秀俊 大沢たかお

警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)
彼女が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を
担当することになる。

警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、
犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、
上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。

玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と
出会う・・・。

***********************************************
こちらは既に原作を読んでしばらく経っておりまして・・・
映画に行く前にもう一度読み直してみました。
題名「インビジブルレイン」にのっとって、全編雨、です。
雨・雨・雨、って感じでうっとぉしいわ~!!ってね。

wikiによると「晴れの日は撮影中止」になったそうで(;^^)。
そんな映画観たことないかもね。

TVでのスペシャルドラマに始まり、連続ドラマ、スペシャルドラマ、
そして映画へ、と原作とは微妙に違う設定に混乱しました。
小説では菊田はあくまでも菊田(;^^)なんですよね。
ドラマみたくカッコ良い~、って感じじゃないですし。
小説の菊田の無骨さが結構好きなんだけどなぁ。

容疑者の「柳井健斗」をやっているのが染谷将太くん。
ん~これもイメージとちょっと違ったかな。
もうちょっとオタクっぽい小太りをイメージしてた・・・。

マキタ(大沢たかお)もちょっと違う。
小説では背が高くがっちりしたイメージなんだけど、
映像では菊田(西島秀俊)とマキタ(大沢たかお)が、
痩せ型で同じような印象になっちゃうんですよね(;^^)
でもカッコ良いから許しちゃう♪(^o^)。

あれ?でも菊田って玲子さんの過去、知ってたっけ??
キスしたっけ?? ん~小説とドラマがごっちゃになって
先日友人に説明した際にも話すこっちが混乱・・・_| ̄|○

これは小説読んだ方が面白いと思う。
小説の玲子さんの方がハイミスっぽくて嫌いだけど
映画は「浅い」ので、一部わからない部分もあったりして。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 10

仁寺洞(インサドン)で向かった先は、こちら。
韓定食のお店「ヌリ누리 」です。

住所 : ソウル特別市 鍾路区 寛勲洞 84-12
서울특별시 종로구 관훈동 84-12 
電話番号 : 02-736-7848
営業時間 : 11:00~23:00
日本語 : 簡単な会話程度可
休日 : 旧正月と秋夕(チュソク)の前日と当日
http://www.seoulnavi.com/food/2643/ 

Korea1301_049

こちらは「地球の歩き方」の「1人ランチ特集」に載っていたお店。
「1人で韓定食が食べられるお店特集」となっておりまして。
(いや2人でしたけどね、昼は軽めの方が良いよね、と)

店内はおしゃれな感じ。中庭風ですが、屋根はあります。
Korea1301_050

奥の1段高くなっているのは半個室になる、のかな??
予約席の札が置いてありました。
Korea1301_048

日本語メニューがありましたので、その中から
「韓定食弁当(ハンジョンシッ トシラッ)한정식 도시락」と
「宮中弁当(クンジュン トシラッ)궁중도시락」を注文。

こちらが友人注文の「韓定食弁当」8000₩(約720円)
Korea_025a

こちらが「宮中弁当」15000₩(約1,350円)です。
(あ、両方写ってますな;^^ 手前が「宮中弁当」どす。
Korea1301_052

右端下の白菜が浮かんでいるようなのが
テンジャンスープ(見た目より辛い)、
その上の赤いのが水キムチ(見た目ほど辛くない)、
弁当箱は左上からキムチ系あえもの→野菜3種あえもの
(あっさり味)→野菜や海苔3種あえもの(やや辛い)
→右下がご飯→下中がさわら焼き→左下ちぢみ2種

友人の方は料理種はほとんど同じ(魚がないだけ)ですが、
量がそれぞれ少なめです。

色々な種類の料理が少しずつ盛ってあって、
お子様ランチ好きな私としては、大満足♪
辛いのとそうでないのを交互に食べたりできますしね。

この中の「海苔」の「つくだ煮」風が、とっても&とっても
おいしかったんですよね~(右上の枠内の黒いの)。
韓国海苔でできるかな??と話ながら完食。

1人で来ている女性もいましたし、男勤め人、って感じの
人たちもいたり、と客層は色々。
屋台ものなどでお腹をいっぱいにするのも良いけど、
やっぱり、お昼はゆっくり座って食べたい、でも1人だし・・・
って時にこちらのお店はお勧めです~!!

お弁当としてtake out もできるそうですよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 09

さて本屋さんを出て目の前に見たのは・・・

Korea1301_040

なんかの像(;^^)。 いやいや、「なんか」じゃなくて・・・

李舜臣(イ・スンシン)将軍銅像

豊臣秀吉が朝鮮半島に攻め込んだ文禄・慶長の役における
朝鮮側の将軍。
卓越したリーダーシップで朝鮮水軍を率い、
日本軍との戦いで活躍した韓国の国民的英雄です。

つまり韓国のガイドさんが日本人旅行者には説明しずらい
像、なんだそうで。

この時、時間はまだ11:13分。気温は-1.5℃。
寒さはほとんど感じなかったです。
Korea1301_042


次に向かうは「仁寺洞(インサドン)」。
書道・骨董品など伝統の香り高いアートの街、なんだそうで。

「このまま歩けるよね~」と更に歩き続けます。
大通りを歩いて、途中で左折。
その後少し歩いて右折すれば良いよね~と進んだところ、
迷いました_| ̄|○

こんな小道を歩いて・・・
Korea1301_044

良く分からない通りに出て・・・
Korea1301_045

良く分からない像に見守られて・・・
Korea1301_046


ようやっと、「仁寺洞(インサドン)」のメイン通りに。Korea1301_047

ねっ、除雪は「もうちょっと頑張りましょう」って感じでしょ?
(;^^)(;^^)(;^^)
お店を冷やかしながら向かった先は・・・ 明日をお楽しみに。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 08

さて、「隠密」に戻ろうと思います。
意外とチッチャイ我々の胃袋を満足させた後は
本格的にお出かけです。

まずはお約束の「免税店」。
明洞周辺には幾つかの免税店があります。
当初は「新羅(シイラ)免税店」に行こうとしてましたが、
友人が欲しいものは「東和免税店」で間に合うとの事。

09:30オープンだから、早めに用事も済ませるし。
が、下の地図を見ても分かるように、明洞駅から
東和免税店は電車の乗り換えもあるんです。
まぁ歩いても大した距離じゃないし、と歩いて向かいます。
1302b


歩いてどれぐらいだっただろ??
ブラブラ散策しながらでしたけど、「東和免税店」です。
Korea1301_043


普通のビジネスビル、なんですよね。
この1~3Fが買物フロアとなっております。
狭いけど必要なものを買い込み、休憩して次の場所へ。

次はこの免税店の交差点向かいにある「教保文庫 光化門店」。
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=885
友人がこちらで買いたいものがある、という事です。
Korea1301_116


入口にはこんな看板が並んでいたり・・・
(これホログラムになっていて、立ち位置によって見方が
変わります。
Korea1301_117


店内には色々な本があり、見ているだけでも楽しい。
もちろん日本語の本も普通においてありました。
「東野圭吾氏」「宮部みゆき氏」などなど・・・。

こちら↓は「死ぬまでに見ておきたい××1001」シリーズ。
景色や映画、小説などなど、各ジャンルに渡って
韓国を紹介している本でした。
こういうのはハングルが分からなくても見当がつくから
見てても面白い♪
Korea1301_115

私も友人も「本屋で幾らでも時間が潰せる」タイプの人間。
なので、免税店よりじっくり選んでたかも・・・。
今回お買物したのは後で紹介させて頂きますね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2013.03.11 波のむこう~浪江町の邦子おばさん~

あれから2年が経ったんですね。
昨年は大阪に遠征しており、記事はUPせず。
ってか、UPできなかったんですよね~。
なんか思い出す事を拒否していましたっけ。

今年はどうしようか、と思いつついまだ「完了」とならぬ
あらゆる事にジレンマと諦め、厭世感(えんせいかん)
等様々な感情におぼれそうになっておりまして。

でもTVを始めとするマスコミはさかんに特集してますね。
そんな中、NHK BS1でスペシャル番組として放映された
こちら「波のむこう~浪江町の邦子おばさん~」
を見ました。

311

ロンドン在住のディレクター三宅響子が、
母の故郷・福島県浪江町で、原発事故に翻弄された
親類の姿を追った。

幼いころ、里帰りの度に温かく迎えてくれた叔母・朝田邦子さん。
町からの避難を余儀なくされ、結婚式場や葬儀場、
ベーカリーなどを営んでいた生活の基盤を失った。

町議会議員だった大伯父・渡邊文星さんは、
離れ離れになった町の人々の帰町の可能性を考え、
悩み続けている。生活を奪われた親類の声を丹念に聞いていく。

**************************************************
こちらは「国際共同製作」され、NHK(日本)を始めとして
Inselfilm(ドイツ)/WDR(ドイツ)/BBC(イギリス)/SVT/
IKON/YES Doc/Knowledge Network(カナダ)
などなど・・・

「東電さん」とさん付けで呼ぶ習性、
招待され、発電所内を見学したあの頃。
「黎明」「原子力の夜明け」と言う当時の紹介映像では、
「新しいエネルギー」としてもてはやされたアレの事・・・。

先日(2013年3月2日)にも、NHKの「白熱教室 東北大学編」で
マイケル・サンデル教授が「復興について話をしよう」と
東北大学の学生500人+一般公募500人で、
「除染作業で出た土は誰が引き受けるべきか?」
「自主避難を補償すべき?」
「自分の命と職務への責任どちらを優先するか」
「復興に必要なのは強いリーダーシップか、話し合いか?」などを
議題として討論を戦わせていました。

関東にいるとつい忘れてしまいがちになる事。
今、キラキラまぶしい位の明るさが戻りつつあります。
会社のある浦安市も、修理・修繕から一歩進んだ
耐震工事などが始まっています。
我が家の近くのお店などは照明を落とし、節電を継続してますが、
そうではない場所も徐々に増えつつあります。

一部の成功した復興の模様を取り上げて「めでたしめでたし」と
するのではなく、終りの見えない闘いを強いられている場所、
人がいるという事実に思いをはせ、今日の記事にしたいと思います。

なんだろう、やっぱりこういう話題は自分には早かったかなぁ。
考えがまとまらず、うまく言えないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ここに死体を捨てないでください! 東川 篤哉

なんで手を出すんだろう??と思いつつ、
図書館にあったので、つい手に取っちゃった・・・_| ̄|○
「ここに死体を捨てないでください! 東川 篤哉」

読了です。



「死んじゃった…あたしが殺したの」
有坂香織は、妹の部屋で見知らぬ女性の死体に遭遇する。
動揺のあまり逃亡してしまった妹から連絡があったのだ。

彼女のかわりに、事件を隠蔽しようとする香織だが、
死体があってはどうにもならない。
どこかに捨てなきゃ。誰にも知られないようにこっそりと。
そのためには協力してくれる人と、死体を隠す入れ物がいる。

考えあぐねて、窓から外を眺めた香織は、
うってつけの人物をみつけたのであった…。

会ったばかりの男女が、奇妙なドライブに出かけた…。
クルマに死体を積み込んで。
烏賊川市周辺で、ふたたび起こる珍奇な事件!
探偵は事件を解決できるのか?
それとも、邪魔をするのか?
**********************************

日曜日は皆さん、お休みされてますよね?
だから、って訳じゃないけど、日曜日の記事は
「まぁたいたいで(;^^)」って感じの本がチョイスされます。
先週がこれ、だったので押して知るべし・・・(;^^)

なんでウソっぽく感じるんだろう?
どうしても惹きこまれるって感じがしないんですよね。
とりあえず読んでいってどう落ち着くんだろう?と思い
最後がコレかよ、って・・・_| ̄|○

うん、決めた。当分もう借りないっ!
他にも面白い作家さんがいるのに、「いつかは好きになるかも」
で読んじゃいけないですな。
そんなに時間がある訳じゃないんだから・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

神去なあなあ日常 三浦しをん

「舟を編む」で一躍文壇のTOPに躍り出た感のある
「三浦しをん」さんのこちら「神去なあなあ日常」が
図書館で普通においてあったので、借りて読んでみました。



林業っておもしれ~!!
美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。
先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。
しかも村には秘密があって…!?

高校卒業後、平野勇気が放り込まれたのは
担任の先生と母親に決められていた、
三重県の山奥にある神去村。
林業の研修生として働くことになっていたのだ。
林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

神去村の人たちはおっとりしている。
彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、
いろんな意味に使われているが、
語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる・・・

*********************************************

なんか良い本です、これ。
高校卒業したての男の子が山奥へ。
携帯は没収(ってか、投げ捨てられた;^^)、
花粉症なんて平気!と飛び回っていたらまさかの発症。
「林業で花粉症」、想像できます??(;^^)
その辛さったら。

山奥だから、って訳じゃないけど、みんな良いです。
カッコつけてもしょうがない、自分の腕一本で頑張るその姿は
カッコ良いです。

そして、村の秘密である「神事」、もう大爆笑ですわ。
へぇ、そんな「珍事」があるんですね~。
(どんな神事かはぜひ読んで見て下さいね)

実はこの本、2010年の本屋大賞の候補作品なんですって。
そういえば、今年の本屋対象もノミネート作品
決まったんですよね。
昨年は全て読みきったんですが・・・今回はどうするか?
他に色々借りているので、その内、その内、ね(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『アウトロー』

こちらの映画を観てきました♪
『アウトロー Jack Reacher 』です。
20130201

原題: JACK REACHER
製作年度: 2012年
監督: クリストファー・マッカリー
上映時間: 130分
キャスト トム・クルーズ ロザムンド・パイク リチャード・ジェンキンス

真昼のピッツバーグ郊外で無差別に6発の銃弾が撃ち込まれ、
5名が命を落とすという事件が発生。
警察は事件発生後1時間という早さで、
元軍人で腕利きスナイパーだったジェームズ(ジョセフ・シコラ)を
容疑者として拘束する。

だが彼は容疑を全面否認し、かつて軍の内部で
一目置かれていたジャック(トム・クルーズ)への連絡を求める・・・

**********************************************

うん、面白かったですよぉ~♪
元軍の秘密捜査官、って設定はカッコ良すぎるけど(;^^)
「俺がスナイパーだったら」って想像でジェームズの無実や
真犯人を追い求めて行く、なんてのは出来すぎでしょ♪

こちらの映画は原作を元にしているんですよね。
レオナルド・ディカプリオと映画化権を競って勝った、って。
→イギリスの作家リー・チャイルド原作のハードボイルド小説
  「ジャック・リーチャー・シリーズ」

読んでないけど、結構バイオレンスな内容なんだろうなぁ。
最初は推理物??と思ったんですよ。
容疑者が犯人じゃない、真犯人は他にいる、の結論への
説明は「すごぉ~い!」って納得納得。

ところが、後半はそれまでと違い「なんてアメリカン?」
(あ、失礼)な大雑把さ。
いくら人質が取られているからって、1人で乗り込むの?
しかも採石場なんてイカニモ。な場所。

でもまぁ能天気に楽しめましたよぉ~♪
最後に容疑者が言うの。ジャックリーチャーと同じことを。
結構爽快な気分になりましたよぉ~。
大画面で楽しんでいただきたいですね。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 07

さぁ睡眠時間を削って駆け抜けた韓国旅行記、を
お送りしております(;^^)。
いやぁ、振り返るとあの時は「アドレナリン全開!!」
だったんだろうなぁ、と。

そのせいか、帰国した後、友人は寝込みました・・・。
しかも1週間以上も・・・(;^^)
朝は平熱、夕方から熱、をくり返し、その後寝込んだ、と。

私?私はなぜか平気だった・・・scissors

起床して身支度をして、友人にメール1本打って、
(そうです、今回宿泊ホテルは各階無料の無線wi-fi有♪
で、部屋で「偉大なるおもちゃ(i-pod touch)」が使えました♪
もちろんホテルロビーには無料のPCも置いてありました。

7時半到着を目指し、寒い中、お出かけです。
明洞は我々が到着する前日、大雪だったそうで、
まぁ歩きにくい・・・。
除雪作業はもうちょっと頑張らない??(;^^)って
感じでした。

到着したところは・・・
Korea1301_031

はい、皆様のblogでもおなじみの「Hobong(ホボン)トースト」!
イ・ホボンさんが始めたから「ホボン」なんですって。

ホボントースト 明洞本店 호봉토스트
ソウル市 中区(チュング)明洞1街(ミョンドンイルガ)34-1
서울시 중구 명동1가 34-1
TEL 02-754-7778
1302a

え~「平日は07:30~」と書いてあるにも関わらず、
「07:40からね!」と言われ、準備してるのをボ~ッと見てました。
友人が両替したお店はこの真向かいの2Fです。

少し待っていると「寒いからどうぞ~」とストーブの前に
案内してくれました。日本語を喋られる方がいるので安心。
menuを見て、「小熊」と「ホボンスペシャル」を注文♪
  ※小熊=sweet potato Toast ですよ~。

それとフレッシュジュースがおいしそうだったので、
(寒いけど)そちらも注文。1番のりのお客さんでしたわ。
2800₩+3500₩+4000₩+4500₩=14,800₩(約1,300円)。
小熊 +スペシャル+ジュース2種

買ったものはホテルへ戻って頂きます~。
(お店の近くじゃ凍えますわ;^^)。
Korea1301_033

私はストロベリーとバナナのジュース♪
Korea1301_035

う~ん、自分の写真センスの無さに改めて愕然・・・。
Korea1301_036


見た目、一緒ですよね~(;^^)
Korea1301_037

これ、どっちもおいしい~!!
片手で掴めないので、写真が撮れる訳もなく(;^^)、
ってか、気をつけて食べないと「ダラ~」と滴り落ちてきます。

でもでもお腹一杯になりましたわ~♪
パンを鉄板で焼く、ってなんか良いですね~。
んで卵を幾つか割って薄い玉子焼き風にして具材を重ね
半分に切っただけ。
なのにほんのり柔らかくて、具材とマッチしてます♪。

小熊(Sweet Potato Toast)、は意外とおいしかったです。
ほんのり甘めな味付けが大満足!!
そういえば「パンにあんこ」も好きだったりするし~。

惜しむらくは同じようなトースト屋さんである、
「ISSAC」にチャレンジできなかった事_| ̄|○
我々の胃袋の限界って意外とチッチャイ・・・(;^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 06

さぁ今日は付属設備品の紹介です。
一応ケトルもありました。(使わなかったけど;^^)
Korea1301_024

クローゼットはとりあえず使いましたけど、
このサテンの寝巻きは使わないなぁ・・・(;^^)。
冬にはちょっと寒いでしょ?
Korea1301_015

鏡&ドレッサーは2人でそれぞれ使えるので、便利♪と
友人、喜んでおりました。
(あ、でも私はほとんど使わなかったけど;^^)
Korea1301_018

こちらのミネラルウォーターは無料サービス。
深夜到着だったので、何も買わずに部屋に入ってしまい
ありがたかったです。
Korea1301_025

こちらは部屋備え付けのコーヒー。
HIKOCOと言うメーカーさんのらしい。ハワイっぽい??と
思っていたら韓国にハワイのKONAコーヒーを最初に紹介した
会社なんだそうです。

でも私にはちょっと薄かったです_| ̄|○。
1302_025

お風呂は日本式ハンドシャワー、ありがたいですね~。
ちなみにこちらのホテル「トイレットペーパー」流せます。
ただ、やはり下水の整備はイマイチのようで、
「大量に流さないで下さい」と日本語で注意書き。

韓国は場所によっては、「紙は流さずこちらに捨てて」と
なるそうですね(;^^)。こちらのホテルも開業当時は
そうだったらしいです。(クチコミ参考)
Korea1301_009

そういえば、浴室にアメニティが置いてあったんですが、
Korea1301_010


奥にあるのは「SHAMPOO」と書いてあったんですが、
手前のは「ハングル」表記だけ・・・_| ̄|○
友人も何か分からないそうで、その内解読しようと思ってます。
韓国はリンスを使う習慣はないそうですので、
洗顔フォームかボディシャンプーかと思うんですけどね。

そして、もっと嬉しい事に「シャワールーム」が別に!
(狭いですし、中に物置けないですが)
Korea1301_011


こちらは3人仕様なので、2室あるんでしょうね~。
初日は友人がこちらのシャワー室、私が普通の浴室を
使い、ようやっと就寝、となりました(^o^)。

この時点で既に深夜2時・・・。
起床は6時を予定しております(;^^)・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 05

もったいぶってすいません<(_ _)>。
いや、到着が遅かったのに妙に興奮してしまい、
写真撮りまくったもんで・・・。

さぁ、お部屋の中は・・・
Korea1301_007

なんてラブリーなお部屋なんでしょぉ~。
こちらはこのホテル自慢の「スイーツルーム」ですって。
「童話に出てきそうなピンクのお姫様寝室。
 華麗に輝くキラキラシャンデリア、リラックスソファー」
 韓国のコスメブランドETUDE HOUSE(エチュードハウス)
 とのコラボなんだそうです。

ホテルのサイトからだと33㎡の広さで1泊₩280,000
(約2万4千円だって) を贅沢2人使いです♪

えぇ、40過ぎたおばさん2人ですが何か??

でも嬉しい~、本当ならこんな部屋だったのに。
3

お部屋の中の写真をどうぞ。
ベッドはちょっと狭めですが、今回は睡眠時間を
削りました~。
Korea1301_017

壁には「ETUDE」のモチーフ。バレエシューズまであった♪
Korea1301_023

天井にはハイ、可愛らしいシャンデリア♪
結構部屋は暗めです。
Korea1301_027

隅には真っ赤なソファも。くつろがせて頂きました♪
Korea_004a

荷物をほどきもせずに写真を取りまくる2人(;^^)。
まだまだあるので、明日も続き♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 04

さぁ今週も元気良く!隠密韓国旅行をお送りします。

前述の通り、空港着が遅れに遅れた初日。
>海外で遅い時間の到着は、不安
とコメントも頂きましたが、今回は「ツアー」ですので、
空港⇔ホテル間の移動もついてきます(^o^)。

入国審査を経て、H●Sの旗持っている集団の処へ。
ツアーの内容か、エリア別なのか??
我々が乗ったシャトルバスは3組6名+現地スタッフに
運転手さんでした。
(ちなみに3組6名は全員女性でした)

明洞エリアまでは空港から約1時間程。
バスの中では「免税店や化粧品トーク」♪
まぁ現地スタッフの方、おしゃべりです。
しかも物知りで、日本語もバッチリ。
色々知らない情報が聞けるのでこういうのも
たまには良いかも♪

現地スタッフのこの方。日本は都庁まで
通訳の資格試験を受けに来られたそうで、
またこの通訳の試験が「日本の歴史や地理」などの
知識がないと無理な位難しいそうで(;^^)。
我々日本人が知らない事まで知ってましたわ。

ホテルは3組全員が違うところ。
我々は「ホテルスカイパーク3」に宿泊。

 ホテルスカイパーク 3号店
   ソウル市中区忠武路 2街62-9
   TEL:02-756-9700
明洞駅の9番出口から100m。
駅の階段上がってすぐ目の前、の便利な立地♪

私たちは2番目に到着。スーツケース転がして
ホテルに入ると「9階ですからね~」とチェックインしてくれた
スタッフさんが、カードキーを渡してくれました。
「じゃぁ明後日は5時10分に迎えにきますから」・・・・

5時?? え?? 朝の5時??

う~ん、格安ツアーだけあるわぁ(;^^)。

9階に下りてお部屋を探して歩いて行くと・・・
Korea1301_086


1つだけ「ピンク」のドアが・・・
え~と、部屋のキーを見ると・・・ この部屋です。
Korea1301_087


あらまさか・・・
Korea1301_013

きゃぁ♪カワイイお部屋♪
と、お部屋の中は明日へと続く・・・(;^^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

謎解きはディナーのあとで 東川 篤哉

一時期のブームは過ぎたかな??
図書館で予約もせず放置してたら、
棚に普通に並んでまして、(^o^)思わず借りてみた

「謎解きはディナーのあとで 東川 篤哉 」


読了です。

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!
ミステリ界に新たなヒーロー誕生!
主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、
彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、
なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。

彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な
「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。
本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、
謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、
事件の核心に迫っていきます。

*********************************

これ、ドラマをやってた時(毎度のように)録画はしてた。
でも1話目の漫画のような「ドキューーーン!」とか
「ズバ~~~!」とかって文字が入るのがね・・・。

どうにもこうにも無理でした。
元々「交換殺人には向かない夜」で、散々こけおろし、
手を出すのは当分先だろうなぁ、と思ってたんですが、
1年で手を出すとは・・・_| ̄|○

でもまぁ、以前読んだ本よりはまだ読みやすかったかな。
ドラマで免疫がついたのかもしれません(;^^)し、
キャストのイメージで読み進められたからかもしれないし。

この本、「2」も「3」も出ているんですよね??
今回のようにしばらく経って予約者がいなくなったら
借りてみようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

『つやのよる ~ある愛に関わった、女たちの物語~』

週末は、映画と読書、をお送りします♪

どうかなぁ、と思いつつつい行ってしまったこちら
『つやのよる ~ある愛に関わった、女たちの物語~』
です。
201301_01

製作年度: 2012年
監督: 行定勲
上映時間: 138分
キャスト 阿部寛 小泉今日子 野波麻帆

春二(阿部寛)は艶という女性と駆け落ちまでして
大島へとたどり着くが、気ままな妻の不貞に
翻弄(ほんろう)されてきた。

そんなある日、艶の病気が発覚し、さらには昏睡状態に
陥ってしまい、これまで無心に彼女を愛し続けてきた彼は
激しく動揺する。

ついに春二は最愛の妻と深い仲だった男性たちに、
艶が瀕死(ひんし)の状態にあることを知らせようと
思い立つが……。

***********************************************

艶さんの処女を奪った男の妻(小泉今日子)、
艶さんの元夫の恋人(野波麻帆)、
艶さんの愛人だった男の妻(風吹ジュン)、
艶さんが追っかけまわしていた男の恋人(真木よう子)、
艶さんのせいで父に捨てられた女とその母(忽那汐里&大竹しのぶ)

全て「艶」と言う女性に人生を狂わされた女たち。
彼女たちは艶を憎もうとして、憎めずにいるような、
艶に夢中になった相方を憎もうとして、憎めずにいるような
すっごい複雑でどろどろした感情が渦巻いている、
いやぁ、音楽や映像などは一部を除き、抑え目なんですが
それが逆に人々の心の奥底を表しているようで、
怖かったです~(;^^)。

ところで、この「つやさん」。
誰か最後までわからなかった~( ´△`)アァ-。
微妙に口元だけ、とか上半身部分だけ、など
ボカしてて・・・。
どんな人だったのか知りたかったけど、やっぱり
こういうのは知らない方が良いんだろうなぁ、と。

でね、最後の最後でなんかゾゾッときたんだけど・・・
これ私だけかなぁ。
艶さんの通夜、誰も来ず、坊さんも帰り、春二だけになった家。
そこへ艶さんがいた病院の看護婦が子供を連れて
お線香を上げに来るんです。

これだけ。これだけのシーンなんだけど、なんかね、
うまく言えないんだけど・・・ゾゾっ、て。
原作読んだらその所以が分かるかなぁ。
そのうち読んでみよっと。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 03 機内食 OZ102

さて、帰りの機内食のご紹介でぇ~す♪

 帰:アシアナ航空OZ102 09:00発-11:10着

もちろん、普通の機内食を頂きます♪
Korea1301_111

パンの袋のハングル、が韓国だなぁ、ってね。
そうそう、座席のテーブルの表示、
Korea1301_006

Fasten Seat Belt While Seated
「着席中はシートベルトをお締め下さい」
が、ハングルが入ると変な感じ♪

おっと、こちらの機内食時にも「コチジャン」配ってました~。
行きと帰りで2本、頂いて帰りました((^┰^))ゞ テヘヘ

行きも帰りもバッグにいれて、持ち帰り~。
今、我が家の冷蔵庫には同じチューブが2本あります。
しかも、母親の「コチジャン」と書いたメモ貼ってあります(^o^)

こちらはハワイのロコモコ風にご飯と全部混ぜて頂きました♪
Korea1301_112

サラダはエビ入り。行きより帰りの方がおいしかったです。
行きはもっさりしたポテトサラダでしたからね~。
Korea1301_113

そして、そして、帰りの飛行機、も・・・遅れましたっ・・・_| ̄|○
最終日、起きたら雪・雪・雪~ ↓仁川(インチョン)空港の景色。
Korea1301_104

つまり、「除雪作業」で遅れます、との事。
帰国便は「1時間半」の遅れ、となりました・・・_| ̄|○

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »