« 空中ブランコ 奥田 英朗 | Main | 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 »

みんなのふこう 若竹 七海

以前からご紹介している「若竹七海」さんの
「葉崎市シリーズ」(皆さん、覚えてます?;^^)の

「みんなのふこう 若竹 七海 」


読了です。

「不幸」なのか「幸せ」なのか、それは、アタシが決めること。
一見不幸な17歳フリーター女子の主人公、ココロちゃんをめぐる、
究極の“幸せ探し”ストーリー!

他人の不幸は蜜の味!? 田舎町のラジオ局・葉崎FM、
毎週土曜夜に放送される読者参加型番組「みんなの不幸」は、
リスナーの赤裸々な不幸自慢が評判の人気コーナーに。

そこに届いた一通の投書。
「聞いてください。わたしの友だち、こんなにも不幸なんです……」。
海辺の町・葉崎を舞台に、疫病神がついていると噂されながら、
いつでも前向きな17歳のココロちゃんと、彼女を見守る
同い年の女子高生ペンペン草ちゃんがくりひろげる、
楽しくて、苦い、泣き笑い必至な青春物語。

*****************************************

これね、冒頭はラジオなんですよ。
「ラジオの投書コーナーを紹介する」場面から始まり、
リスナーのせきららな失敗談が語られる訳です。

これが結構面白くてね。
ケンカしたカップルの女性の言い分と男性の言い分の
食い違い、とか。

それに葉崎市のローカルニュースが絡まって
DJさんがおたけびを上げる・・・ってね。

ココロちゃん、ひどい!ひどすぎます。
母親に追い出され、野宿をしている17歳ですよ?!
「納屋に住んで良いよ」と言ってくれる奇特な人もいるけど
その納屋では・・・って感じ。

でもまぁここまで前向きだと、マイナス思考を持っている人は
逆に憎らしく思うかも?
だって意地悪しても、何してもくじけないんだもん!
もう自分とは違う人種だ、って割り切るしかないような・・・。

前回の「プラス・マイナス・ゼロ」よりずっと楽しめますよ♪

さてここで葉崎シリーズを再度復習~♪
ヴィラ・マグノリアの殺人(1999年6月 )
古書店アゼリアの死体(2000年7月 )
クール・キャンデー(2000年10月 )
猫島ハウスの騒動(2006年7月 )
プラスマイナスゼロ(2008年12月)
みんなのふこう(2010年11月)
ポリス猫DCの事件簿(2011年1月)

ぜひ一度お手にとってみて下さいね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 空中ブランコ 奥田 英朗 | Main | 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ラジオのリスナーの投書とか好きです。
こちらのローカル番組で確か「世界の社窓から」というタイトルのコーナーがあってめちゃめちゃ面白いんです。
会社であったこととか、営業先であったことなどリスナーの投書を面白く紹介しています。

Posted by: nanamama | February 17, 2013 at 10:42 PM

クールキャンデーまで読みました。
野宿って 危険ですよねー きっと・・

Posted by: セイレーン | February 17, 2013 at 09:43 PM

超・超・超ネガティブ人間のPAMです
たぶん前向きな人見ると呪っちゃうかも~笑

Posted by: PAM | February 17, 2013 at 03:43 PM

葉崎市シリーズ 覚えてません。
すみません。

Posted by: オサムシ | February 17, 2013 at 08:17 AM

いるいる! ポジティブ! ポジティブって言って、物事解決してるつもりで、全然向上しない人。
えっ!?そういうのではないですか?
まぁ・・・最近そういうエセ・ポジティブな人に悩まされている私です・・・。

Posted by: mahalobunny | February 17, 2013 at 04:17 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56654604

Listed below are links to weblogs that reference みんなのふこう 若竹 七海 :

« 空中ブランコ 奥田 英朗 | Main | 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 »