« January 2013 | Main | March 2013 »

28 posts from February 2013

隠密してみた・・・(^o^) 03 機内食 OZ105

さて、昨日の記事で書いた飛行機の便。

 行:アシアナ航空OZ105 18:50発-21:30着
 帰:アシアナ航空OZ102 09:00発-11:10着

機内食のご紹介でぇ~す♪
今回は「激安ツアー」なのと、初アシアナですので、
普通の機内食を頂きます♪

行きの機内食はこちら!
Korea1301_001

いたって普通~な感じですが、手前のチューブ・・・
「コチジャン」でございます♪(^o^)。
いやぁ~CAさんが普通に箱から出して配っている、って
なんかシュールな感じだわぁ・・・。

あ、食事は「白身魚のフライ」でございます。
味は・・・普通かなぁ(;^^) コチジャンを少しつけて
混ぜて食べました♪
Korea1301_002

アシアナはアルコールは「無料」です♪
で、こちらのビールで友人と乾杯!
Korea1301_003

と、いたって普通な感じのフライトに見えますが・・・
実は「成田空港の離発着が混雑しており、しばらくお待ち下さい」
と、機内に座ったまま1時間近く待たされました・・・_| ̄|○

1時間遅れる=到着が22:30を過ぎる、という事。
そこから1時間かけてソウル市内(明洞)に入ると言う事で、
しかも、入国審査がメチャ混んでまして・・・
はい、ホテル到着は深夜、となりました・・・_| ̄|○
あっさり1日が終わってしまった・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 02 両替の話。

さて、隠密、の続きです♪(^o^)。
Butanekoさんのblogもmahalobunnyさんのblogも
nanamamaさんも、オサムシさんも、
皆々、参考にさせて頂きましたよ~、もちろん♪!

××へ行くなら、あ、彼女のあれ食べたいな、とか
●●へ行くついでに、あ、あそこで食べたいな、とか
まぁ食べ物欲求ばかりですが(;^^)。
感謝いたします(^人^)感謝♪

出発1週間前に連絡が来た飛行機の便。
う~ん、やっぱり予想通りでしたわ(;^^)

 行:アシアナ航空 18:50発-21:30着
 帰:アシアナ航空 09:00発-11:10着

これですと、「現地滞在35時間半」ってトコ(;^^)。
成田空港集合は16:50分、自分でチェックインしてね、
ってトコです。

友人と合流する前に成田空港のトラベレックスで両替。
でもこれ、はっきり言って失敗でしたわ。
10,000円の両替で20マイル加算なんですよね。
当日HPで観たら10,186円で110,000ウォン(@0.0926)、
まぁいいか、と両替に行ったら、
10,160円で100000ウォン分両替(@0.1016)・・・。
う~ん、HP通りだったら、10,160円で109,719ウォン
だったのに・・・ちょっと損した。

そんな私に比べ、「以前も行った」明洞の両替屋で
両替する友人・・・。 ↓到着翌日の表示。
Korea1301_032

10,000円で116,700ウォン。
トラベレックスに払った10,160円で118,567ウォンになった~。

結果、18,000ウォンもの違いが発生~。
こう考えると「マイル加算」とか「クレジット購入」も
良いですが・・・微妙かなぁ(;^^)。

まぁ20マイル分を飲食店などでためようとすると
2,000円分位だから、大体同じ感じ?(;^^)
 →何故ここだけ丼勘定?!

あ、ちなみに現地で利用したクレジットカードのレートは
@0.087・・・う~ん・・・これで行くと
10,160円で116,781ウォン・・・。

ってか・・・
 桁数メチャでかいんですけどぉ~?!

しんどいですわ(;^^)。その昔「リラ」でしたっけ??
なんかの漫画で「下×桁切るのよ!」って読んで
そんな通貨があるなんて・・と衝撃を受けたんだけど
これもすごかった・・・。
何せハワイ専門の私(;^^) 
ドル計算なら暗算でササッ、とできちゃいますが、
ウォン計算は・・・。全て目新しくて新鮮な刺激でした♪


第1位:現地両替  :10,160円-118,567ウォン(@0.0857)
第2位:クレカレート :10,160円-116,781ウォン(@0.087)
第3位:トラベレHP :10,160円-109,719ウォン(@0.0926)
第4位:成田空港  :10,160円-100,000ウォン(@0.1016)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

隠密してみた・・・(^o^) 01

2013年になりもう2月も最終週ですね~。
会社ではいつも自分を含め4人でお昼をしています。
この4人の内、私以外全員が「スマホ」になりました・・(;^^)。

うっわぁ~、私もスマホにしなきゃいけないのかしら??
でもねぇ~、今回友人が購入したのは、
  本体価格 70,000円
ですよ?! それだけあれば、ノートPC買うわ(;^^)。

更に通信費も増えるでしょ?
私の携帯は最低限プランなので、毎月3,000円もいかない。
これがパケセットだと7~8千円/月でしょ?
無理無理~!!

なので、当分はこのままで行こうと思いますが、
最後の1人になりそうな予感。

************************************************
2012年、最後の方は「来年は良い年になりそうかな」と
思ってたんですが、どうも根拠のない思いだったようで、
気付くと、あっという間と言うかなんちゅ~か・・・。

なんでこんなつらつらと書いているかと言うと、
表題の「隠密」、実は昨年から密っていたんです(^o^)。
これです、これ♪
1302

某激安旅行会社H●Sさんの「年始初売りチラシ」!
ソウル3日間」のツアー♪

友人から以前から誘われてはいたんですよね。
行った事ないから行ってみたい、と思ってはいましたが、
この値段なら、ねぇ~。

ちなみに申し込んだのは左下、
明洞エリアの中心ホテルに滞在3日間1.98万円~」です。
友人が1/5(土)に電話して予約、英会話で合流した後
ランチして、H●Sさんへ行き、正式に申し込んできました。
空港諸税などプラスして、約2.5万円でした♪

まぁ夜便で行って、最終日は朝便で帰るだろうから、
実質2日目だけが勝負な旅程(と友人談)。
行動しやすい明洞エリアのホテルなら動きやすいだろう、
(と友人談)それでこのお値段なら、と思いました。

そこからはお互い大忙し。どこへ行くか、何をするか、
何せ「初韓国&韓国知識『0(ゼロ)』」の私です。
図書館へ行ってどっさり借りてきました~。1301_056

最近の図書館、ホントすごいです。
「るるぶ」とか 「地球の歩き方」なども最新版が手に入ります。
これらを読み込んで「行きたい処、買いたいもの」などなどを
Pick UP♪

そうそう、前回(2012年10月)のハワイ旅行で壊れた
スーツケース・・・。今回の旅行はどうしようかな??と。
家に古いのはあるんですが、重いし取り扱いづらいし・・・。
悩んだ末(いや、悩む程でもないけど;^^)買いました、これ。
0131


4輪の税込み2,980円のソフトキャリーバッグ。
(さすがに2輪は小さかった・・・)。
軽くて取り扱いしやすくて良い感じに使えました♪

でも、行ってからちょっと後悔しましたわ。
なんでか、はおいおいご紹介する旅行記で♪
という事でいきなりですが、旅行記を始めます(^o^)

たった3日の旅行ですが、最近読書&映画しか書いてないし、
なが~く、なが~~~~く、引き伸ばしたいと思ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

13.02のランチ ゆいまーる 美ら島 (ちゅらじま)

さて、2月のランチをご紹介。
今日は久しぶりの登場です(行ってはいたけど)、の

ゆいまーる 美ら島 (ちゅらじま)
ジャンル:沖縄料理
TEL 043-221-0303
住所 千葉県千葉市中央区富士見2-9-28 山崎ビル 3F
営業時間 ランチ11:30~14:30
      夜 17:00~23:30

1302_002

今回はラフティそばセット(沖縄そば)♪
沖縄そばとゴーヤチャンプルーにご飯がついたガッツリ系。
量が多いのについ頑張って食べちゃいました((^┰^))ゞ テヘヘ。
この前夜、飲みすぎた、ってぇのにね(;^^)。

デザートはコーヒーゼリー。
こちらのお店はコーヒーとさんぴん茶が自由に飲めます。
1302_004

友人はゴーヤチャンプルーセット。
1302_003

こちらもガッツリの量で、友人は残してましたね(;^^)

私が頼んだのが980円、友人のは780円。
どちらもたっぷりでお得なランチでした♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

クエーサーと13番目の柱 阿部 和重

TBSの「王様のブランチ」でずいぶん前に紹介されていて、
題名がインパクトがあって、なぜか記憶に残っていて、
図書館にあったので、借りてみました♪
「クエーサーと13番目の柱 阿部 和重」読了です。



元写真週刊誌の記者・タカツキリクオは、
雇い主のカキオカサトシの指示のもと、
人気アイドルをターゲットとしたパパラッチ行為を
生業とするモニタリングチームの一員。

ターゲットの呼称は「Q」。
ある日、カキオカは追跡のターゲットをそれまでの
アイドル・ユイから新興のアイドルグループ・
ED(エクストラ・ディメンションズ)のミカに突如変更する。

それに伴いチームも再編されることになるが、
ミカを追跡するにつれ、新たに加わったメンバー、
謎の新人のニナイケントという男が不穏な動きを見せ始める……。
雇い主の真意は? 「Q」の意味とは?
そしてニナイの本当の目的とは?

***********************************************

いやぁ~、カタカナの名前、って読みづらい~!!
最近特定(固有)の名詞を使わずに、「A男」とか、「B子」とか
って名前で小説書いちゃったりしているそうですね(;^^)。
こういうの、私ダメ・・・。

更にパパラッチ、と言うのがね~、どうも好かん。
もちろんニーズがあるからこういう職業があるわけで、
それを観て笑っている一般者としては、「我々のせい?」
とも思ったりする訳です。

でもね、それをあるお金持ちからの依頼でその人の為に
それをやっている、そのお金持ちはネット上とかで、
「ちょっとだけ優越感」を感じたい為にやらせてる、と
まぁ滅茶苦茶・・・。

そんな彼らの立場が急に逆転する。一転追われる立場に。
そして事態の急変・・・まぁ滅茶苦茶な上、
更にクライマックスも滅茶苦茶・・・_| ̄|○

最後まで読んで「これで終りかよ!」と突っ込んだ人は
多いはず。

「クェーサー」と言うのは非常に遠方にある割りに明るく見え、
実際の明るさを考えると典型的な銀河の100倍程度の
エネルギーを放出していると考えられている天体の事。

そして「13番目の柱」は故ダイアナ妃の事故の際、
トンネル内で激突した柱の事。
パパラッチの追跡を逃れる為、と言われています。

この2つを組み合わせた表題、そしてTVでの取り上げ方、
どれだけ面白いんだ?!と期待した私。
う~ん、無駄な3時間でしたわ(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

町長選挙 奥田 英朗

精神科医伊良部シリーズ第3弾!のこちら
「町長選挙 奥田 英朗 」読了です。


伊良部、離島に赴任する。
そこは町長選挙の真っ最中で…。
「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」

******************************************
表題の「町長選挙」の他に
 野球界のドンを描いた「オーナー」、
 IT長者の若者を描いた「アンポンマン」、
 若作りの女優を描いた「カリスマ稼業」、
が収録されています。

ん~、なんか「俺たちに明日はない」シリーズと似てない?
実在をモデルに描いているところがなんか似てる~。
でもこちらは伊良部先生を中心にしているせいで
より一層あほらしさ、と言うかバカらしさ、が出ていますね。

「アンポンマン」なんか「ひらがな」が出てこない!
漢字が出てこない、って私もたまに(いや頻繁に?;^^)
ありますが、「ひらがな」は出てきますよ??
でも彼はそれが出てこない。

んでもって「ひらがな・カタカナ」なんて無駄だ、と
あっさり切り捨てようとするんですよね。
なんでも合理的に物事を進めようとして、
その内、クレカのサインさえできれば良い
(=自分の名前さえ書ければ良い)みたいに
行くとこまで行っちゃうんじゃない?!って感じでした。

日本語ってなんかすごいですよね。
「ひらがな」「カタカナ」「漢字」って3種類もあって、
漢字なんか「訓読み」「音読み」の2種類がある、と。
元々は「大和言葉」があり、そこに中国から来た「漢字」、
海外から来た「外来語」があわさって今に至る、と。

wikiによると2013年1月現在、「英語」「中国語」
「スペイン語」「日本語」の順番でネット世界で使用されてる、とか
まぁ薀蓄(うんちく)が色々載っていて楽しめましたわ。
普段「日本語」なんてwikiらないでしょ??(^o^)

英会話の先生が「日本語は難しい」と事あるごとに言っており
使っている自分たちは「へぇ、そう??英語の方が難しい」と
言ってますが、こうやって読んでみると確かに難しいのかも。

「一本・二本・三本」で、「-っぽん・-ほん・-ぼん」と変わる
「物によって加算語が変わる:1本・1冊・1軒・1件・1県・・・」

なんかこの「無駄さ」、とか日本語の複雑さ、ってのが
結構良いかな、って私は思うんですがどうでしょう??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブロードアレイ・ミュージアム 小路 幸也

東京バンドワゴンシリーズが意外と面白く、
興味対象作家さんになった「小路 幸也 (しょうじゆきや)」氏の
「ブロードアレイ・ミュージアム」


読了です。

唯一の堅気者、新人キュレーター・エディ、
魅力的な赤毛の美女“ダンシング”メイベル、
100キロの巨漢“ベビーベッド”ブッチ、
ベビーフェイスの伊達男“キッド”バーンスタイン、
滅多にしゃべらない寡黙な“セイント”モース、

そして、物に触れるだけで未来の悲劇を読み取ってしまう
不思議な少女フェイ。
悲劇を阻止すべく、BAM(Broad Alley Museum)の面々は
事件解決に乗り出す。
**************************************

こちらは「東京バンドワゴン」とはまた違うんですが、
同じ匂いがするお話です。

BAMと言う博物館、こちらで取り扱う品は
そんじょそこらのものではない。
曰く付のものばかり。勿論買い手も曰く付の方ばかり。

「それらは絶対フェイに触れさせちゃいけない」と
言われたのに新入りのエディがふと目を離した隙に
フェイが触ってしまう・・・。

短編なんですが、全てフェイが触るところから
物語が始まり、最後はそのフェイに関わる事で、
BAMのメンバー全員が立ち上がる!

このBAMのメンバーがまぁ面白い、と言うか魅力的♪
これは「東京バンドワゴン」と同様、登場人物が
特徴的で、魅力的。結構面白かったです。
NYを舞台にこういう話かぁ~、って感じ。

サラッと読めちゃうので、重い内容の本を読んだ後
にでもぜひどうぞ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

東京バンドワゴン シリーズ 小路 幸也

こちらは、図書館の「返却本コーナー」においてあり
しかも文庫もハードカバーも両方置いてありました。

ん~知らない作家さんだけど、誰かが読んだんだろう、
しかも文庫もハードカバーも動いている、
よし、借りてみよう! と借りて読んだ後、
シリーズ化していることを知り、
残りを一挙に借り上げてきました<( ̄- ̄)> エッヘン!

「東京バンドワゴン シリーズ 小路 幸也(しょうじゆきや) 」


読了です。

東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」。
この老舗を営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。
60歳にして金髪、伝説のロッカー我南人。
画家で未婚の母、藍子。
年中違う女性が家に押しかける美男子、青。
さらにご近所の日本大好きイギリス人、
何かワケありの小学生まで

ひと癖もふた癖もある面々が一つ屋根の下、
泣いて笑って朝から晩まで大騒ぎ。
日本中が待っていた歴史的ホームドラマの決定版、
ここに誕生。
**************************************

なんて言うんでしょ。うん「ホームドラマ」ですね。
しかもサザエさんと違い、登場人物が歳をとる。
語り手は堀田勘一の妻サチさん。
彼女はこの世を去った方・・・(; ̄ー ̄)...ン?

そう、語り手が幽霊なのですぅ。
亡くなったんですが、いまだ現世に留まっており、
堀田家の中をうろちょろしております。

最初は「う~ん」って感じだったんですが、
読み始めるとこれが面白い!!。
なんて言うんでしょ、まっとうに生きている一家、って
感じがひしひしと伝わってきて、
そんなまっすぐな彼らだから感動もまっすぐ来る。
「良い事は良い、悪いことは悪い!」と
彼らは胸張って言えるんだろうなぁ~。

良いですね。今の世の中まっとうに生きるのは
大変です。
彼らも時にはまっとうに生きられなくなるような
ピンチに陥ります。
でも、彼らのまっとうさに共感した廻りの方が
彼らに手を差し伸べてくれるんですね~。
うん、なんか良い(^o^)。

昔懐かしい感じがビシバシ伝わってくる、
そしてほのかに温かさを感じる、
そんなこちらの本、ぜひ読んでみてくださいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2013.02のランチ ザォー

今日は初めて行ったお店をご紹介。
ちょっと会わなかった友人とランチをしよう、と
幾つか候補を検索。
結局友人お勧めのこちらのお店に行って来ました。

1302_06701

学生時代に何度か利用した駅ではありますが、
こういうお店があるとは知らなかったです。
(ま、当然か;^^)、何年前の話だよ、って感じだし)。

駅から徒歩5分ほど。
1302_06641

玄関脇にはこんなのが・・・
1302_06540

お店は2階なんですよ。しかも靴を脱ぐ・・・(;^^)。
普通の住宅の2Fに窯、しかも薪窯があるとは・・って感じ。
店内は女性ばかりでした。1人様用のカウンターもあります。
ランチ時は全席禁煙、それ以外は外のテラス席は喫煙可能。
1302_05833


ランチはセットになっています。
A:レギュラーサイズ(28cm)ピザ+サラダ+ドリンク
B:ミニサイズ(23cm)ピザ+サラダ+ドリンク+ランチデザート

ピザは2,3種類、ってどころじゃなく、十数種類というラインナップ!
パスタなどもありますが、私も友人もピザを注文。
セットは「Bセット」にしました♪

出てきたサラダはこちら。イタリアンドレッシングの味付け。
1302_05732


そして来ました~!ピザ♪友人注文のシチリアーナです。
(確か;^^))
1302_05934

オーダー時に「分けますか?」と聞いてくださり、皿も用意
してくださったので、2人で味わいながらお喋りしてると、
次が来た~!私がオーダーしたのは「新スタイル」の
ゴルゴンゾーラのニョッキと生ハムのあわせ技ピザ(^o^)1302_06035
こちらはピザの真中がくりぬいてあり、そこにニョッキが。
奥のミニフォカッチャもどきは「くりぬいたピザ生地です」って。
ゴルゴンゾーラのソースがもっと欲しかった~って感じです。

どちらもとってもおいしかったです~!!
もうお腹一杯になりましたわ。ミニサイズなのに手抜き無し!
こちらは数人で行って色々なピザを頼む方が楽しめますね♪

そしてデザートとコーヒー。デザートも5,6種類の中から
選べます。私はガトーショコラ♪
1302_06237

アイスクリームと生クリームたぷ~り♪
んでもってガトーショコラは甘かった~(^o^)1302_06338

こちらのランチはピザの種類でお値段が変わります。
友人と私はそれぞれ1,750円でした。
う~ん、普段使いする値段ではないですが、その分
手間暇かけてますしおいしいですからね~。

又行こうね、と友人と盛り上がりました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

『東京家族』

なんとなく、これ、選んでみました。
『東京家族』

201301_107

201301_208

製作年度: 2012年
監督: 山田洋次
上映時間: 146分
キャスト 橋爪功 吉行和子 西村雅彦

瀬戸内海の小さな島で生活している夫婦、
平山周吉(橋爪功)ととみこ(吉行和子)。
東京にやって来た彼らは、個人病院を開く長男・幸一(西村雅彦)、
美容院を営む長女・滋子(中嶋朋子)、
舞台美術の仕事に携わる次男・昌次(妻夫木聡)との再会を果たす。

しかし、仕事を抱えて忙しい日々を送る彼らは
両親の面倒を見られず、二人をホテルに宿泊させようとする。
そんな状況に寂しさを覚えた周吉は、やめていた酒を飲んで
騒動を起こしてしまう。

一方のとみこは、何かと心配していた昌次の住まいを訪ね、
そこで恋人の間宮紀子(蒼井優)を紹介される・・・。

***************************************************

昔の映画、小津安二郎の「東京物語」は観てないです。
戦後の設定の映画を現代物に置き換えたリメイクで、
今回は「東日本大震災」をクローズアップしていました。

次男の昌次と恋人紀子は福島県南相馬市での
ボランティアで知り合うという設定だったり、
父周吉が訪ねた友人宅で震災でなくなった方の遺影が
あったり、とかですね。

クランクインを2011年4月に予定していたのが、
震災発生にあたり、クランクインを延期、更に脚本を書き直し
クランクインしただけあって、そちらに重点を置かれたそうで。

なんか少し古い感じの、でもどこか懐かしいような映像。
いつの時代でも皆必死に生きているんだなぁ、って
思わせる映画です。

不況の日本、下向きの日本、と最近活気がないな、と思う
今日この頃。
政治が悪いのか、経済が悪いのか、人が悪いのか?
いやいや、皆一生懸命だと思うよ~。
一生懸命あがいて、もがいて、苦しんで、でも頑張ってる。

そんな日本人に観てもらいたいと言う思いがつまった
こちらの映画。
ほのぼのして、どこか哀しくてせつなくて、でも温かい。
そんな作品です。146分、長く感じなかったですよ(^o^)。

ぜひ観てみて下さいね。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (1)

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

今日はこちらの映画をご紹介♪
3Dじゃないけど、3Dでも観たかったかな~。
(でも、吹き替えしかやってないんだもん_| ̄|○)

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』です。
20130115


原題: LIFE OF PI
製作年度: 2012年
監督: アン・リー
上映時間: 127分
キャスト スラージ・シャルマ イルファン・カーン アディル・フセイン

1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)
の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、
嵐に襲われ船が難破してしまう。

家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ
小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、
ベンガルトラが乗っていた・・・。

ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイと
ベンガルトラだけが残る。
残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、
空腹のトラがパイの命を狙っていて……。

************************************************

以前、かなり昔前「たった一人生き残った男」が「NYで暮らす」
設定の映画を観たんですよね。 (→アイアムレジェンド
その時に「やっぱ一人だけの出演、って厳しいよね~」と
思ったことを思い出しました。

あ、いや「犬」とか「吸血鬼」は出てきたけどね(;^^)

でもこちらのお話、ほぼ全編「少年とトラ」ですよぉ~!
もうすごいすごい!! 一気に引き込まれ
最後まで目が離せなかったです。

少年パイの壮絶なまでの漂流生活。
トラと過ごす、って絶対無理ですよね。
事実「Step1、Step2、Step3・・・」と調教しようとし、
「Step4 トラには全て意味がない」と落とす・・・(;^^)。
意外とユーモアがあるのかな、
ってかそれがあったから生き残れたのかな?
なんてつい思っちゃいました。

最終的に彼らはメキシコに漂着。
トラはアマゾンの密林へ消えていった・・・。

救出された少年の元に保険会社の調査員が来る。
船の沈没に遭遇し生き残ったのは彼しかいないから。
でも保険会社の人間はトラとの話を信じない。
そこで彼は次の話を始める・・・。

**********************************************
船が沈没し、母と僕、料理長と船員1人がボートにたどり着いた。
料理長は救命物資を独占しようとし、
それに反対した船員を殺してしまう。
それを観ていた母が料理長を責めたて、
腹を立てた料理長が母を殺してしまう。
母が死んだ後、寝入った料理長を僕が殺した・・・。

保険会社はどちらの話を事故報告書として出したのか??
気付くと涙が出て、彼らの生存能力に感嘆する、
そんな映画でした。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

みんなのふこう 若竹 七海

以前からご紹介している「若竹七海」さんの
「葉崎市シリーズ」(皆さん、覚えてます?;^^)の

「みんなのふこう 若竹 七海 」


読了です。

「不幸」なのか「幸せ」なのか、それは、アタシが決めること。
一見不幸な17歳フリーター女子の主人公、ココロちゃんをめぐる、
究極の“幸せ探し”ストーリー!

他人の不幸は蜜の味!? 田舎町のラジオ局・葉崎FM、
毎週土曜夜に放送される読者参加型番組「みんなの不幸」は、
リスナーの赤裸々な不幸自慢が評判の人気コーナーに。

そこに届いた一通の投書。
「聞いてください。わたしの友だち、こんなにも不幸なんです……」。
海辺の町・葉崎を舞台に、疫病神がついていると噂されながら、
いつでも前向きな17歳のココロちゃんと、彼女を見守る
同い年の女子高生ペンペン草ちゃんがくりひろげる、
楽しくて、苦い、泣き笑い必至な青春物語。

*****************************************

これね、冒頭はラジオなんですよ。
「ラジオの投書コーナーを紹介する」場面から始まり、
リスナーのせきららな失敗談が語られる訳です。

これが結構面白くてね。
ケンカしたカップルの女性の言い分と男性の言い分の
食い違い、とか。

それに葉崎市のローカルニュースが絡まって
DJさんがおたけびを上げる・・・ってね。

ココロちゃん、ひどい!ひどすぎます。
母親に追い出され、野宿をしている17歳ですよ?!
「納屋に住んで良いよ」と言ってくれる奇特な人もいるけど
その納屋では・・・って感じ。

でもまぁここまで前向きだと、マイナス思考を持っている人は
逆に憎らしく思うかも?
だって意地悪しても、何してもくじけないんだもん!
もう自分とは違う人種だ、って割り切るしかないような・・・。

前回の「プラス・マイナス・ゼロ」よりずっと楽しめますよ♪

さてここで葉崎シリーズを再度復習~♪
ヴィラ・マグノリアの殺人(1999年6月 )
古書店アゼリアの死体(2000年7月 )
クール・キャンデー(2000年10月 )
猫島ハウスの騒動(2006年7月 )
プラスマイナスゼロ(2008年12月)
みんなのふこう(2010年11月)
ポリス猫DCの事件簿(2011年1月)

ぜひ一度お手にとってみて下さいね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

空中ブランコ 奥田 英朗

「お勧めですよ~」コメントをPAMさんから頂いて
そりゃ読まないと、と読んでみたこちら

「空中ブランコ 奥田英朗 」


読了です。

人間不信のサーカス団員、
尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手、
嘔吐症の女流作家。

困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。
ここはどこ?なんでこうなるの?!
怪作『イン・ザ・プール』から二年。
トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。
******************************************

はい、今回も結構笑わせて頂きました♪
面白いですね~、このシリーズ。

はたからみると笑い事のような症状で、でも当人は
しんどくて、辛くって・・・。
そんな彼らがどうやって快復していくのか??

それは自分自身を見つめなおす事。

伊良部先生は自分を落として((; ̄ー ̄)...ン?)、
それを気付かせていく、名医な訳です!

ってんな訳ないじゃん・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ

みんなちょっとしたきっかけなんですよね。
で、落ちたり沈んだり凹んだり・・・(みな同じだって?)
どうして良いか分からなくて、ってか自分が悪いと
認められなくて、どんどん深みにはまっていく、と・・・。

自律神経、って大事なんですよね。
これがうまく働かないと色々な不調が出てきて、
体調を崩す人、特定のものへの恐怖を起こす人、
と出てくるわけです。
男性よりも女性、それも30代~50代の方に多いそうな。

なんでこういうのが注目されたんでしょうね。
複雑怪奇な現代を生き抜くにはかなり大変なんだ、と
言われているようで。

笑って読んだけど、いつかは自分にも、と思うと
怖くなりますね~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

志の輔・宗久 風流らくご問答

こんな本を読んでみました。

志の輔・宗久 風流らくご問答


こちら、フジTVで日曜朝にやっている番組で
「風流」と言う言葉について紹介されていて、
面白そう、と。

「あくび指南」で蕎麦打ちブームの受難を嘆き、
「茶の湯」ではゴルフの風流を探り、
「寿限無」では「三菱東京UFJ」を思い出し、
「文七元結」の五十両に神仏の導きを見る。
「芝浜」のサゲに「あれを飲まないとは思えない」。
名作落語十席を取り上げて、これまでにない視点から
落語を掘り下げる、師匠と和尚の痛快対談。

********************************************

落語、って結構面白いんですよね。
以前、「春風亭小朝&林家正蔵 二人会」ってのに行って
その後は聞いたりはしてたんですけどね。

で、「風流」と言う言葉について

風流:禅語と言われるもので、宋時代1125年に出された
「碧巌録」が初出展だそうで。

「風流ならざる処もまた風流」と言うのが最初で、
今じゃ辞書を引くと
中世以後の日本において高揚した美意識の1つ。
人目を驚かすために華美な趣向を凝らした意匠を指し、
侘び・寂びと対峙する存在として認識された。

と出るんですが、元々は
「誰それの風流=人柄 ゆらぎ、幅を含んだ様子」の事
なんだそうで。
だから、
「滅多にないことが起きて私が揺らいでいる =風流」
って感じに使うんだそうです。

これ聞いて、面白いなぁ~って思ったんですよね。
笑うこと、喜ぶこと、怒ること、泣くこと、感情を出す際、
良い感情はどんどん前に出して良いと思うけど
悪い感情ってつい出せなかったりしますよね。
で、それを八つ当たり的に人にぶつけそうになったり(;^^)。

そういう時にふと「あぁ、風流だなぁ」と1クッションおくと
あら不思議、すっと平静になれるんです。
以前読んだ本「考えない練習」と近い感じです。

考えてみれば「禅語」ですからね。お坊さんとは近い訳だ。

ちょっと今日は小難しい話だったかな?(;^^)
でも、最近感情に引きづられる事が多かったりして、
季節が冬だけに落ちるととことんダメになるんですよね。
で、「怒る」感情、って怒ったのを出した後、自己嫌悪に
陥るもんで・・・。なんとかならないかと思って。

何かで読んだけど「怒る」って自分が思っていること、
予定していること、考えていることと違う反応が出ると
出てくるんだそうです。
あ、当たってる・・・(;^^)。
自分が思うように人生は動かない。
分かっているつもりなのに、つい思っちゃうんですよね。
で、その通りにならなくて怒っちゃう。

そんな時「あ、風流だな(=揺らいでるな)」って思えると
なんか違う心持になるなぁ、と。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2013年バレンタインデー

さて今日はバレンタインデーですね。
今年は義理チョコの購入数も購入値段も
過去最大、とのNewsがありましたっけね。

そこで質問「義理チョコもらって困る?困らない?」

と言うのも私のいる部署では毎年やっているんですが、
実際、会社の中でもほんの1,2部署だけでやっていて
今日び、「そんなの」とやらない処、多いじゃないですか。

でも結構こういうの私好きなんですよね。
お返しを期待する部分も(勿論)あるんですが、
「誰かにあげる」「誰かからもらう」って良いと思いません??

でも、あっさり「あ、欠礼します」とかって新入りに言われると
なんか釈然としないものを感じちゃうんですが・・・。
古い人間なんでしょうね~。

2013年今年の会社用の義理チョコ、購入しました♪
1302_013

今回は会社近くのダイエーの特設会場を廻ってみました。
結構色々なメーカーさんのがお手ごろ価格で出ており、
全部違う種類で用意する事ができました~。

モロゾフさんのプレーンチョコ13個入
Morozoff_0121

Merry'sさんの「インヘリテッドコレクション」と
「グレイシャスファンシーチョコ」

Esp5

Fc5

茶川製菓さんの「エレナリーゼA8個入」
61rbtegybpl__sl500_aa300_

ビアンクールさんの「プレーンショコラ15個入」と
「キャッツギャラリー10個入」、

4522395388397

4522395388731

㈱アラカルトさんの「ソフトトリュフ6個入」
Vd_506

ガレーの「プラリネバッグ5個入」
Prarine5

の計8個でした♪
一応役職で多少お値段は変えましたけど、
ほぼ1コイン価格♪

それと、どうしても「欲しいなぁ」と思って、こちらも購入。1302_027

GODIVAの2013年限定チョコ!

Godiva

なんででしょ?なぜか「限定」と言う言葉に弱いです(;^^)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『LOOPER/ルーパー』

こちらの映画に行って来ました。
『LOOPER/ルーパー』

201301_loopera

原題: LOOPER
製作年度: 2012年
監督: ライアン・ジョンソン
上映時間: 118分
キャスト ジョセフ・ゴードン=レヴィット ブルース・ウィリス
     エミリー・ブラント

未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、
“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。

ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは、
何と30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。
ジョーは、未来の自分の殺害をためらい逃がしてしまうが、
その後未来の自分から、やって来た理由を明かされ……。

**********************************************

いやいや、ちょっとビックリ~な内容でした。
↑のあらすじや映画の予告編、TVCMと観ていると
大事な部分、ってぼかすんだなぁ~、と実感。

やってきた理由を明かされた後の展開がすごい!
いやぁ、そういう話だったのね、とビックリです。

これ、言っちゃうと興ざめなんだよなぁ~と思うので、
肝心の部分はぼかしますが、うん面白いですよ♪

主役の一人、「ジョゼフ・ゴードン」は今回、ウィリスに
似せる為、特殊メイクをしていたそうな。
どうりで、なんか顔が・・・(;^^)。
でも彼の顔はロボット系だから、表情の乏しさとかで
違和感だけ感じてて不思議でした。

後でインタビュー映像を観て納得でしたわ。

こういう映画、ってホント困る・・・。
だから興行収入もイマイチなんでしょうかね。
宣伝しずらい映画、って厳しいですよね。
観ると面白いんですが、人が入らない、みたいな。

TVドラマも最近こういう傾向あるみたいですね。
面白いんだけど、視聴率が上がらず、打ち切りとか・・。
でも録画して見ている人が多いから、ネットなんかでは
すごい話題になってたり・・・。
視聴率主義、ってのもそろそろ終わりなんでしょうね。

そもそも洋画自体の配給が減っているそうです。
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201302030368.html

2012年の興行収入の総計に対する洋画のシェアが
34・3%にまで落ち込んだ。
これは半世紀前、1960年代の数字に等しい・・・。

そっかぁ。邦画が最近増えたなぁ、と思ってましたけど
こういう数字で現れちゃうとちょっとビックリです。

確かに日本の風土とか雰囲気、流れと合わない事もあるけど
異国の文化に触れる良いきっかけだと思うんですけど。
私は小学校の頃始めてみた洋画がきっかけで
映画が好きになったんですよね。
学校では「学校推薦映画」みたいな邦画の割引券をくれるので
そういうのも見に行ったけど、そうじゃない映画が面白かった♪

もっと色々な映画、観たいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2013.02のランチ 遊

さぁ今日もランチネタ。
以前にも紹介してますが、千葉駅周辺、
気に入った週末ランチの店を探すのは一苦労です。
再開発で閉店しちゃった店なんかもあるし~。

今日はこちら、
Spanish & Italian KUIMONO CLUB 遊 です。

住所 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町15-13 丸山ビル2F
アクセス JR千葉駅 西口 徒歩3分 JR千葉駅 東口 徒歩5分
TEL 043-244-2988
営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.15:00) 17:00~24:00(L.O.23:15)
定休日 無休

行ってみるとお客さん、誰もいない~。
我々より店員さんの方が多いくらい(;^^)
ランチは以前紹介したように色々な種類があります。

この日は日替わりで「豚バラ肉のハーブグリル」に。
1302_011

セットのスープとライス
1302_012

う~ん・・・ちょっとスープがしょっぱかったのと、
グリルのつけあわせがパスタ2種、ってちょっと・・・
安直じゃないかい??(;^^)。

あ、食後のコーヒーを撮り忘れたけど、これもちょっと・・・
濃すぎました~。

でもまぁ女性のおしゃべりは料理を2~3割増しにする
と言いますから((; ̄ー ̄)...ン?)
あっという間に食べ終り、おしゃべりしてました~。
でも最後まで我々だけでしたわ(;^^)。

たまたまお客さんの流れがなかったのか、
この味になってきたからなのか??
まぁこれで880円、ならお得ですよね、週末だし。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (10) | TrackBack (0)

2013.02のランチ Bucas

世の中、3連休だったんですね~(;^^)。
土曜日だけは英会話があるので、休んでますが
日曜日や祝日はほぼ出勤、のtakoingですっ♪

さて、2月に入り行ったお店をご紹介。
と言っても以前にも紹介したお店ですけどね。

店名 ブーカス Bucus
ジャンル ダイニングバー
TEL 043-246-5777
住所 千葉市中央区新田町11-12 松永ビル 2F
交通手段 JR、京成、モノレール千葉駅 徒歩5分

今回はサラダプレートランチをオーダー♪
1301_068

シーザーサラダ/スープ/ガーリックトースト
バタートースト/デザート/ドリンク ですっ。
1301_069


スープはトマト。だけど玉ねぎの煮込みが今ひとつ_| ̄|○
私としてはもっと「クタッ」となるまで煮込んでほしかった~。
まぁ野菜高騰の折り、そこまで勿体無い事できないのかな?
でも温玉(玉子)は味がまろやかになるから良いですね♪
1301_070


サラダは生ハムが入っていておいしい♪
ただドレッシングはそれほど多くなくても良いかなぁ~。
ちょっと酸味のある味なので、野菜がもったいないかも。
1301_071


そしてデザートはこちら。今回ドリンクはラテにしました。
ラテの表面はナンなんだろう??(;^^)
1301_072

デザートはチーズケーキです♪
一口でパクッ!といけちゃうサイズですが・・・。
1301_073

こちらのお店はBucusのスタンプカードがあり提示すると
100円引きになるんですよね~。950円のランチが850円!
これはお得だよなぁ、っていつも思います♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ラットマン 道尾 秀介

こちらは結構強烈な話(展開)が多く、
意外と忘れない、でも題名がみな一緒な感じで
どんな話だっけ??と悩んじゃう
(それ一緒でしょ(;一一) ) の

「ラットマン 道尾 秀介 」


読了です。

結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・
姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に
遭遇する。

次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。
事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去の
衝撃的記憶が呼び覚まされる。

本当の仲間とは、家族とは、愛とは―。
**********************************************

なんかね~、難しいっす。
亮くんの過去、彼の彼女の過去、彼の彼女の妹の過去、と
色々なものがからみあって、
んでもってちょっと気色悪っ!って描写があって・・・

彼の作品は結構きついんですよね。
さらっと読もうと思えば読めちゃうんですが、
ついつい真剣に集中して読んじゃって、読後に
なんか分からない、けどなんかすっきりしない、みたいな
重さが残るんです。

「人間ってまだまだ捨てたもんじゃないよ~」って言いながら
「人間って結構業が深いものなんだよ~」って言ってる感じ?

いやぁ、冬に読む話じゃないなぁ(;^^)
&ちょっと疲れている時に読んだら引きずられます、な。
「大丈夫!」って時に読んでみて下さい。
(よく分からん、な_| ̄|○)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 大沼 紀子

こちらはシリーズ化しており、
あっさり&サクッと読めちゃうので、
(図書館でも回転が良く、比較的早めに借りられる)

「真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 大沼 紀子 」


早速読了です。

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように
「真夜中のパン屋さん」はオープンする。
今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。
彼が企む“計画”によりパン屋の面々は、
またもや事件に巻き込まれていく。
重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾。
***********************************

今、フジTVで「ビブリア古書堂~」やってますでしょ?
あれと同じように、こちらは「パン」をからめています。

パンはおいしそうだなぁ~と思いながら、
そこまでパンの味にこだわりがないのよね~、と
書きがいのない(読みがいのない)読者ですいません。

希実ちゃんは高校3年生で、毎日このパンをお昼に
持って行く。どれもこれもおいしそうなんだけど、
希実ちゃんはイマイチ、クラスのみなから外れているから
会話の糸口にできないんだけど、文化祭でパン屋をやる!
ってくだりは・・・、真夜中に営業されたらそうだよね~
学生は買いにいけないよね~なんて思ったりして。

こちらの本は「午前0時」「午前1時」ときて「午前2時」・・・。
いつになったら全ての謎がとけるのかしら??と思いつつ
読み続けています。

あ、「ビブリア~」もそうですね。
早く全部の謎をといて~!!とイライラしてきますよ、うん。
それでも、次回で結構良い山場が来るのでは??と
思い期待してます。

あ、皆さんはまとめて読んだ方が良いと思います。
前作から続いている話なので、期間が空くと、
「あれ?前のはどうだったけかな??」とつい前作を
めくりたい衝動にかられます・・・(;^^)。
図書館で借りていると不便ですわ、こういう時。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

海に沈んだ町 三崎 亜記.白石 ちえこ

最近紹介頻度が高いです(^o^)
三崎 亜記さんのこちら、「海に沈んだ町」

読了です。

数千人の人々を乗せて海を漂う“団地船”、
永遠に朝が訪れない町、
“生態保存”された最後のニュータウン…

喪失、絶望、再生―もう一人の“私”が紡いでゆく、
滑稽で哀しくて、少しだけ切ない九つの物語。

『失われた町』『刻まれない明日』に連なる“町”を、
気鋭の写真家との奇跡的なコラボレーションで描く連作短篇集。
******************************************

こちらは写真家さんとのコラボなので、
作品中に白黒写真が挿入されているんですが、
ごくごくありふれた日常の景色を撮っているはずなのに
作品の影響で、奇異なものに見えてしまったり、
物悲しく見えてしまったり・・・と不思議な感覚になります。

「町」ってなんなんでしょうか?
ウィキによると、
 市街地やその区画のこと。小規模な都市や、
 あるいは都市の一部の狭い区画についていうことが多い。

とありますが、区画の事だけではないんですよね。
そこにある家や住む人がいてはじめて町としての
存在意義があるように思いますよね。

私が住むところは「町」とはついていない「部落」といえるような
おそらく「大字(おおあざ)」とかついちゃうような位の場所。
住む人の規模で地名の後に町がつく、と聞いた事があったけど
「そりゃここら辺は無理だね」と納得する位小さな集落です。

人が減り、高齢化が進んでおりますが、
まだ集落として機能しており、昔ながらのしきたり(のようなもの)
もあったりします。
最近できた町などは「町内会」自体ない、ってトコ多いそうで、
それに比べるとずっと町のような機能があります。

で、何が書きたかったのかと言うと・・・難しい(;^^)。
何せ、「書きっぱなしの放置プレイ」の三崎氏ですから(;^^)
「後は自分で考えて」みたいな、ね。
これ読んでなんか感じたんだけど、うまく表現できない、
もどかしいなぁ~、って気持ちを抱えています。
これが表現できたら作家になってだろうな、うん(;^^)

自分に置き換えて考えてみてみてくださいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

『ted/テッド』

こちらの映画にも行って来ましたよ(^o^)

『ted/テッド』 です♪

20130118_teda

原題: TED
製作年度: 2012年
監督: セス・マクファーレン
上映時間: 106分
キャスト マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス セス・マクファーレン

いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、
クリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと友人に
なれるように祈る。

彼の願いが通じたのか、翌朝、テディベアに魂が宿り、
ジョンにとって唯一無二の親友テッドとなる。

それから27年の月日が経ち、中年となっても親友同士である
ジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。
一緒にソファでくつろいでは、マリファナをくゆらし、
映画を楽しんでいる彼らにジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)は
あきれ気味。
ジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫る・・・・

**************************************************

いやぁ~久しぶりに能天気に楽しめる映画を見ましたわ♪
もう爆笑に爆笑、って感じ。
思わず「ヘラヘラ」、って口元が緩んでましたわ。

テッドは喋られるぬいぐるみ、な訳で、とっても有名に。
TVのトークショーなんかで毒舌で有名なコメンティナーを
やりこめちゃうくらい(^o^)。

で、「ヤングセレブ」お決まりのコースを走っちゃうんだな、これが。
「マリファナ不法所持」でつかまったりしちゃうの(;^^)。
んで、35歳(だったかな?)になるのにいい加減な生活
(ジョンはレンタカー屋で、テッドはスーパーで働く)。

「80年代、俺たちのヒーローだった彼が来るぜ!」とか
「あの映画、借りてきたぜ!」とか、そんな話で盛り上がる、
いやぁ~悪友だなぁ、でも良いなぁ、って感じ。
んでもって「どれだけフラッシュ・ゴードン好きなの?!」と
思わずどんなものだっけ??と調べちゃいましたよ。
(いや、あの歌はメッチャ記憶にあったけどね;^^)

Fg

ジョージルーカス監督はこれを映画化したい!と思ってて
権利がダメだったので「スターウォーズ」を作った、と言う位
人気だった(らしい;^^)。記憶ないっす~!!

 歌はこちら
 http://www.youtube.com/watch?v=gZ0v2yTmT6c
お話はウィキしてみてください(^o^)。
懐かしいなぁ~Queen!

男性のそういう世界って女性は入れないんですよね~。
男性は「それとこれとは別だ」って言うんですが、
女性は「それもこれも一緒よ」って思う。
ここに男女の違いがあるのかなぁ、って処をうまく書いていて
でも最後はテッドの危機にジョンとロリーが一致団結して、
んでもって・・・ってくだりは結構泣けましたね~。

今回字幕は監修さんが入ってました。
確かにアメリカンな素地がないと意味通じない部分とか
結構あって、それを「七五三」とか「星一徹」とか、
「クマもん」とか、「キラキラネーム」とか「盆踊り」とか・・・

 ※七五三・・・仕事面接でスーツ着たテッドに「まるで親の葬式で泣いている子供に与えられる熊のぬいぐるみみたいだ」って原文を訳したそうで。
 ※星一徹・・・ジョーン・クロフォード(幼児虐待役で映画出演)
 ※クマもん・・・アメリカで80年代流行ったテディ・ラクスピンの事。
 ※キラキラネーム・・原文 white trash name ってを訳したそうな。
 ※盆踊り・・・ダンス、パーキンソン氏病みたいだったわよ」を。

と挙げ出したらキリがない!&ググると幾らでも出てくる!
聞いていて「なんか違う・・・」と引っかかる事この上多し・・・。
でも、元文の意味さえも(素地がないから)わからないので、
記事を書くにあたり、ググったらまぁすごい・・・(;^^)。

他にもこういうジョーク&ブラックジョークがぽんぽん出てきて
こりゃ「有吉氏の吹き替え版もすごい??」とちょっと期待感。

こちらの字幕監修をされたのは TomoMachiこと町山智浩氏。
TokyoMXTVで、毎週金曜日の23:30~放映している、
「松嶋×町山未公開映画を観るTV」の方です。
この番組、結構好きでね~。
日本じゃ絶対公開されないだろう映画を紹介してます(;^^)。
映画好きな友人と話題になってた番組です。

とにかくR15、ってのが残念(いや当たり前だけど;^^)、
過激シーンは多いけど、腹を抱えて笑える、って映画です。
日本でもこういう勢いのあるお笑い作品、ってないかなぁ~。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (1)

『96時間 リベンジ』

こちらの映画に行って来ました~。
『96時間 リベンジ』

201301_96a

原題: TAKEN 2
製作年度: 2012年
監督: オリヴィエ・メガトン
上映時間: 92分
キャスト リーアム・ニーソン マギー・グレイス ファムケ・ヤンセン

イスタンブールで就いていた警護の仕事を終え、
元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム
(マギー・グレイス)を同地に呼び寄せた元CIA工作員
ブライアン(リーアム・ニーソン)。

バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうとする
ブライアンだったが、かつてキムを誘拐して
彼に息子や部下たちを殺された犯罪組織のボスによる
復讐計画が動き出していた。

ブライアンとレノーアは組織にとらわれ、
辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街をさまよい続ける。
そしてブライアンは、妻と娘の命を守ろうとするが……。

****************************************

前作「96時間」から3年チョイも経っているんだね~(;^^)
「つい最近」って思ってたからビックリした(;^^)。
そりゃ「坂道転がり落ちる」どころか「坂道落ちてる」って
年齢になった、って言われても納得しますわ_| ̄|○。

前作を結構覚えているんですよね。3年ぶりでも。
1年前に観た映画でも覚えてない事あるのに。
それだけ衝撃的だったんでしょうね。

そして今回も結構衝撃的。
あ、でも前作より設定はひどくない、かな?(;^^)
免疫できちゃったのかな?

お父ちゃんパワー、更に今回は夫パワーを全開で
戦います。
しかし、すごいです~。
目隠しされて連れて行かれる敵のアジト。
体内時計でどれだけの距離を走ったか、
バザールを通り、近くにモスクがあり、
楽器を弾く男性、などなど耳を頼りに記憶する。

そして一人ホテルに残った娘とやりとりをし、
娘に手榴弾を投げさせw( ̄▽ ̄;)w!!、届いた音の
秒数から距離を推し量る・・・。
更に娘が近くに来ると、もう一回手榴弾を投げさせ、
脱出を図る!

いやいや、どれだけ他人の国(イスタンブール)を
壊せば気が済むの??(;^^)って感じ。

スカッとする作品ですね。
勿論敵に同情すべき点があったり、復讐vs復讐、って
構図も好きじゃない。
でも、父ブライアンがすごすぎて・・・
どうでも良いや、って気分になります。

最近の映画では珍しい短い上映時間。
気分転換にお勧めです♪

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (4) | TrackBack (1)

青森 のもの で見つけたもの。

JRの駅にあるコンビニ New Days。
普通のコンビニと違うものが置いてあるので
結構面白い♪

会社近くの駅にあるこちらで、こんなのやってました。
Nomono

で、これを買いました。
1301_026

「ソフトりんご」と言うもの。
本物のリンゴをスライスして、フリーズドライしたもの。
「青い皮の玉林」と「赤い皮のふじ」があったので、
両方買ってみました~♪

なんていうの、この食感・・・。
あ、ちょっと前にはやった「宇宙食」みたいな感じ。
1301_049

フガフガして、でも噛みしめるとりんごの甘みが・・・。
口の中の水分でりんごに戻る、みたいなね。
「ふじ」の方は真中の芯がちょっと・・・だったんですが、
「玉林」はおいしかった♪

1袋2スライス入りで126円。
体に良いローカロリーだそうで(1袋でわずか35kcal程)、
小腹が空いたときにこういうの食べると良いんですよね。

こちらの「のもの」、次回開催は「いばらぎ のもの」 だそうです。
こうやって駅のコンビニで地域の紹介品が手に入るのは
嬉しいですね~♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2年以上が経過して・・・ほいや~

さてさて、2年半以上前の記事ですが、
皆様覚えていらっしゃるでしょうか??
  →ど~する~ ほいやー

Nikon_131

2010年5月の記事ですから、ずいぶん前の話ですが、
当時大枚はたいて修理したものの、2年半以上経過し、
「4秒運針」が発生しました~。

 →ほいやーは電池切れの場合「4秒運針」が発生する
 →4秒毎に針が動き出すと電池切れのしるし

で、メンテナンスの会社に電話して、時計の引き取り&
メンテナンスを依頼したところ、
今回、エドワードクラブ、ってのができているそうです。
ほいや~ を購入したお客さん向けの会員サイト。
入会して登録すると、会員価格でメンテナンスができるそうで。
Ed


なんでエドワード?→ 創設者がエドワードさんだから(;^^)。

前回の記事の「メンテナンスレベル1」だと
 約6,000円+配送料で7,000円位でできるんですよ)
 →会員にならないと、1万円くらいかかる、と。

で、会員になって、しばらくして届いた見積もりは・・・
また良い値段ですぅ_| ̄|○

バンドの駒軸、ってところが緩みをおこしており、
時計落下のおそれがある為、交換が必要だと。
その「駒(こま)」が2個で3200円~。

結局1万円近くかかってしまいました。
届いた時計はこちらの箱の中に大事にしまってありました。1301_067

いやいや、お金、かかりますね~。
備忘録としてつけてますが、しんどいっす。
でも新しいのを買おうとはあまり思わないから、
気に入っているんでしょうね。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (7) | TrackBack (0)

鏡の中は日曜日 殊能 将之

んでもって、こちらも借りてみました~。

「鏡の中は日曜日 殊能 将之」


読了です。

梵貝荘と呼ばれる法螺貝様の異形の館。
マラルメを研究する館の主・瑞門龍司郎が主催する
「火曜会」の夜、奇妙な殺人事件が発生する。

事件は、名探偵の活躍により解決するが、
年を経た後、再調査が現代の名探偵・石動戯作に持ち込まれる。

時間を超え交錯する謎。まさに完璧な本格ミステリ。
続編「樒/榁」を同時収録。
************************************

う~ん、まず漢字がね、難しいのさ(;^^)。
「梵貝荘(ぼんばいそう)」に「法螺貝(ほらがい)様」でしょ?

最初に読み方は書いてあったけど、すぐ忘れるもんで、
なぜか「ぼんがいそう」って読んでましたよ(;^^)。

更にかなり途中で、そんなことが?!って。
謎解きが複雑すぎて「ハサミ男」の単純明快さに比べ
頭が痛くなっちゃった・・・。

日曜日の脳みそ休憩日にはあわないですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハサミ男 殊能 将之

お世話になっている、butanekoさんのblog
紹介されていたこちら
「ハサミ男 殊能 将之(しゅのう まさゆき)」


読了です。

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる
猟奇殺人犯「ハサミ男」。

三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、
自分の手口を真似て殺された彼女の死体を
発見する羽目に陥る。

自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。
「ハサミ男」は調査をはじめる・・・。
*************************************

描写はちょっとね~、残酷です(;^^)。
考え方も歪み加減が・・・(;^^)(;^^)

でも、まさか&まさかのクライマックスに
見事にだまされましたよ~。なんて単純な私?(;^^)。

こういうトリッキーな作品って結構好き♪
ただあまり話すとネタばれになるのが記事向きじゃない_| ̄|○

まぁ良いか♪皆さんも楽しんで読んでみてください♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

悪夢の商店街

久しぶりだなぁ~、の木下半太氏の
「悪夢シリーズ」のこちら、「悪夢の商店街」



読了しました。

美人結婚詐欺師の世良公子が凄腕詐欺師に
命じられたのは、さびれた商店街の豆腐屋の息子と
結婚すること。

詐欺師は億単位の金しか狙わない。
ということは、こんな街に大金が隠されている!?
公子は大金を横取りしようとするが、
味方は五歳の甥だけ。

そこに、ヤクザと女子高生ペテン師が参戦し、
果てしない騙し合いが繰り広げられる。
痛快サスペンス。

******************************************

彼の作品の「悪夢シリーズ」は
 悪夢のエレベーター
 悪夢の観覧車
 悪夢のドライブ の3作品を読んでますが、

一番好きな「観覧車」のテイストではなかった、です(;^^)。

なんて言うのかなぁ~ ガチャガチャしてて、
騒がしくて、ドタバタで、と。
まぁそこが彼の作品のテイスト、らしいんですが、
複数ある密室を使った観覧車に比べると、

豆腐屋の息子と結婚しろ、と結婚詐欺師に命令。
いやいやその前に東南アジアで起きた意味不明な出来事。
詐欺師(男)の目的やヤクザにペテン師とまとまりなく
終わっちゃったかな?とちょっと残念でした。

他にも色々出ているので、そちらを読んでから紹介、と
思ってたんですが、あちこちの図書館にちらばっており、
手に入れるのがちょっと面倒で(;^^)。

他の作家さんに浮気してたりするんで、
まぁしばらくしたらまた手を出すと思います(^o^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »