« ドラマとかTVについての話 2013冬 | Main | 2013年1月週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ »

あふれた愛 天童荒太

毎日寒いですのぉ~。
さすがにここ数日、背中に寒気を感じております。
風邪引かないようにしないと。
インフルエンザもかなりはやっているようですので、
皆様、手洗いとうがい、をお忘れなく。

でもハンドクリーム使ってると手洗いする度に
塗りなおすから消費がバカにならない・・・(;^^)

*****************************************

最近紹介した「悼む人」ですっかりやられました~。
で、続けて読んでいます、天童荒太氏の
「あふれた愛」

読了です。

ささやかでありふれた日々の中で、
たとえどんなに愛し合っていても、人は知らずにすれ違い、
お互いを追いつめ、傷つけてしまうものなのか…。

夫婦、親子、恋人たち。純粋であるがゆえに
さまざまな苦しみを抱え、居場所を見失って、
うまく生きていくことができない―

1.とりあえず、愛
2.うつろな恋人
3.やすらぎの香り
4.喪われゆく(うしなわれゆく)君に

********************************************

ごくごく普通の日常を生きているはずなのに、
どこかげボタンを掛け違えてしまう・・・
そんなお話ばかりです。

大好きな子供の為に頑張る父親。そんな彼に妻が
「このままじゃ子供を殺しちゃう」と訴える・・(とりあえず、愛)

自分がどこにいるのか、自分が誰なのか分からない・・・
激務から精神を病み、治療をする男は喫茶店で出会った
若い女性から彼氏自慢をされて・・・(うつろな恋人)

人に迷惑をかけちゃいけない、と強く思いすぎて
疲れてしまった男女はクリニックで出会い、半年間の約束で
共同生活を始める・・・(やすらぎの香り)

コンビニでバイトしていた青年は店内で急死した男性の妻と
知り合い、彼女から思い出話を聞く。自分の彼女を連れ
彼らの思い出の地を訪ね、カメラにおさめていく・・・
(喪われゆく君に)

どれも身近にありそうだし、自分にもありそう。
私は3話目の「やすらぎの香り」が好きかなぁ。
言いたい事を選んで言わないといけない、ってしんどい。
でもつい言ってしまったりして自己嫌悪・・・。

「物言わぬは腹ふくるるわざなり」と昔から言いますが、
普段考えすぎて言わないくせに、沸点越えると言ってる・・
しかも結構ひどいことを・・・(;^^)。
40年以上もつきあってますが、こんな自分の性格に
嫌気がさして来るのは大抵冬の時期です。

何事も前向きに考えないといけないですよね。
さっ、今週も1週間、頑張りましょっ!(^O^)/

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ドラマとかTVについての話 2013冬 | Main | 2013年1月週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

永遠の仔を書いた人でしたっけd('-'*)
逆に私は、この人だめでした(^_^;)

最近、寒いですね。
こっちは一晩で1mも積もりました(^_^;)
成田方面でも、滑走路がしろくなったとか・・・

Posted by: butaneko | January 28, 2013 at 08:14 PM

今年は本当に寒いですよね。
今日の成田空港の様子を見てtakoingさんちゃんと通勤出来たかな?と気になってましたが大丈夫でしたか?

Posted by: nanamama | January 28, 2013 at 02:57 PM

いろいろな愛情の姿があるんですよね~
この本是非読んでみたくなりました

今日は君津でも雪でした(今年2度目)
でも家から2キロも離れていない職場では全く雪の気配すらありませんでした
やっぱり新日鉄の工場は熱持ってるんだと久々に実感です。。

Posted by: PAM | January 28, 2013 at 12:53 PM

本当 今年は 寒いですね。

Posted by: オサムシ | January 28, 2013 at 06:46 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56506147

Listed below are links to weblogs that reference あふれた愛 天童荒太:

« ドラマとかTVについての話 2013冬 | Main | 2013年1月週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ »