« のぼうの城 和田竜 | Main | 黄金を抱いて翔べ »

『のぼうの城』

で、映画に行ってみた♪
『のぼうの城』です。

20121102

製作年度: 2011年
監督: 犬童一心 、樋口真嗣
上映時間: 145分
キャスト 野村萬斎 榮倉奈々 成宮寛貴

天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に
大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった
武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。

その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、
誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)と
いう城代がいた。

秀吉は20,000の軍勢で攻撃を開始するが、
将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような
男の長親は、その40分の1の軍勢で迎え討とうとする・・・。
**************************************************

うん♪映画の方が全然面白い!!

本では語られなかった部分の補完が素晴らしい!
「のぼう」の良さ、人気の高さが良く分かるつくりです。

そう、本では「のぼう」の心中は一切出てこない。
演じた野村萬斎氏も言ってましたが「どう演じよう??」と。

それを狂言の動きが妙なこっけいさをかもしだし、
さらに鬼となった「のぼう」が船の上で踊るシーンは
結果を本で読んで知っているにも関わらず心が動きました。

「のぼう」は「あきひめ」が好きだったのかなぁ?
どうだったんだろう??
まぁ恋愛ネタは期待しちゃいけない映画ですけどね。

登場人物はぴたりと来る人もいればこない人も・・・(;^^)
石田三成(上地雄輔)なんか、「バカかい??;^^)」って。
関が原の戦い、で家康と対決する、って事しか知らないけど
そりゃ負けるよなぁ(;^^)
決して武将の器ではないような・・・はい。
でも本ではそこまでデフォルメしてなかったけどね(;^^)。

こちらの作品、当初2011年9月に公開される予定が、
「水攻め」のシーンがあることから、東日本大震災による
被害に配慮し、2012年秋に公開を延期することが
2011年4月22日に発表されたそうです。

そういえばあの頃延期になった映画多かったですよね。
ヒア・アフター」は上映中止になったんだっけ。
私が見たのは震災前。で震災を得て上映中止に。
この作品はなんて書いて良いのかも分からずに
こっそりUPしたんだっけ(;^^)。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« のぼうの城 和田竜 | Main | 黄金を抱いて翔べ »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

nanagonが成宮寛貴ファンなので、気になります。

「図書館戦争」nanagonは自分にはまだ早いと思っているらしいので、「そうだね」と言っておきました。
nanagonは今「百人一首」に興味ありで、そちら関係の本を読みあさっているみたいです。

Posted by: nanamama | December 19, 2012 at 10:57 PM

へえ~。
明日からの旅行、機内映画になってないかな(^_^;)

石田三成って、出来ない男じゃなかったろうけど、
フィクションだと扱いが悪いこと多いですよね。

Posted by: butaneko | December 19, 2012 at 07:04 PM

映画の方にも行かれましたか。

Posted by: オサムシ | December 19, 2012 at 08:24 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56295097

Listed below are links to weblogs that reference 『のぼうの城』:

« のぼうの城 和田竜 | Main | 黄金を抱いて翔べ »