« ハワイ旅行記1210 会計報告 | Main | ハワイ旅行記1210 『リンカーン秘密の書』 »

ハワイ旅行記1210 『図書館戦争』

さて、いつものように忘れてた「機内映画」です。
「読書」カテでも絶賛させて頂いた
「図書館戦争シリーズ」。

  • 別冊 図書館戦争Ⅰ・Ⅱ 2011.10.06
  • 図書館革命 2011.10.05
  • 図書館危機 2011.10.04
  • 図書館内乱 2011.10.03
  • 図書館戦争 2011.10.02

    こちらは深夜枠でアニメ放映されていたそうですが、
    その「映画版」を劇場で見逃した(2012年6月公開)ので
    機内上映されてたから早速チョイス♪



    2019年(正化31年)。
    公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が
    成立して30年。

    高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を
    追い求め、行き過ぎた検閲から良書を守るための組織・
    図書隊に入隊した一人の女の子がいた。

    名は笠原郁。 不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が
    認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されること
    になったが……!?

    様々な困難と出来事、そして、本を狩る組織・
    メディア良化委員会にひたむきに立ち向かう、
    郁を始めとする図書隊の面々。
    そう、すべては本と自由を守るため……。

    *****************************************
    まぁアニメだよなぁ(;^^)って。
    原作で受けた衝撃、ってのはどうしてもぬぐえなくて、
    でも原作を読んで自分でイメージした部分とシンクロする
    シーンが結構あって・・・。
    うん、面白かったです。面白かったですけどぉ~・・・
    も1回原作読もっと。

    (内輪ネタ)
    だってさ、作家ともあろう人があの慌て方・・・
    う~ん、ちょっと(かなり残念)
    原作では「怖いです」と言いながらも堂々たる姿だったのに。

    ****************************************

    あ、2013年春には実写で映画公開の予定だそうで。
     ※出演キャストは以下
    岡田准一さん(堂上篤役)、
    榮倉奈々さん(笠原郁役)、
    田中圭さん(小牧幹久役)、
    福士蒼汰さん(手塚 光役)、
    栗山千明さん(柴崎麻子役)、
    石坂浩二さん(仁科巌役)  とのこと。

    原作を読まれた方なら分かると思うのですが、
    稲嶺と言う関東図書基地司令 特等図書監がいます。
    彼はある事件で奥様を亡くされ、自身も車椅子生活と言う
    過酷な人生を送る事に。
    本を守る為、血のにじむような努力を続け「図書隊」を整備、
    礎を作ったわけです。

    筆者有川浩女史は、稲嶺氏のイメージは児玉清氏だと。
    その為、実写公開の今回、この稲嶺氏は映画に出さないで
    ほしい、と願いました。
    だから児玉清氏ふんする稲嶺司令は写真での登場のみ。
    石坂浩二氏は彼の意思を継ぐもの、として登場します。

    これを読んだ時、涙出ちゃいました。
    実写版は劇場で見に行こうと思います~。

    にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

  • |

    « ハワイ旅行記1210 会計報告 | Main | ハワイ旅行記1210 『リンカーン秘密の書』 »

    ハワイ旅行記2012」カテゴリの記事

    映画2012」カテゴリの記事

    Comments

    >この稲嶺氏は映画に出さないで・・
    いやー 有川さんって 本当にすごい方ですね!!

    Posted by: セイレーン | December 13, 2012 at 10:49 PM

    今「ノッティングヒルの恋人」を見なくてはと思っているところです。
    機内映画みようと思うと最近は眠くなってしまって。

    nanamamaの記事わかりにくくてすいません。
    あの宅配は路面店で購入したものを免税店で購入したものと同じお店だったので路面店に免税店の品も一緒に宅配して欲しいとお願いしたのです。
    免税店の間違えだったら、もう信用問題ですよね。(><)

    Posted by: nanamama | December 13, 2012 at 09:58 PM

    takoingさんの影響で、こちら4冊まで読みましたが、
    稲嶺司令のイメージは児玉清氏なのですね。
    確かに、雰囲気あるかも。

    図書館の順番待ちがあったため、途中で榮倉奈々さんが笠原郁役って知って
    あってはいるけど、どうも朝の連ドラのイメージがあってちょっと抵抗感が。

    Posted by: ジャランこ | December 13, 2012 at 09:36 AM

    機内映画 最近みてないです。
    寝ているか ipadで 現地の情報
    みています。

    Posted by: オサムシ | December 13, 2012 at 06:44 AM

    原作を読んだ事もなければ、映画化されていたとも知らなかったです・・・。

    Posted by: mahalobunny | December 13, 2012 at 06:39 AM

    実写化ですか、まあ、世の中の流れですかね~

    Posted by: ツボ | December 13, 2012 at 12:39 AM

    The comments to this entry are closed.

    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56259304

    Listed below are links to weblogs that reference ハワイ旅行記1210 『図書館戦争』:

    « ハワイ旅行記1210 会計報告 | Main | ハワイ旅行記1210 『リンカーン秘密の書』 »