« ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ | Main | ハワイ旅行記1210 カフェカイラ »

QED 百人一首の呪 高田 崇史

こちらもず~っと気になっており、
&分厚さに躊躇しておりましたが、
とうとう手を出してしまいました。

「QED 百人一首の呪 高田 崇史 」
読了です。


百人一首に仕組まれた美しき謎とは!?
大人気シリーズの原点、第9回メフィスト賞受賞。
百人一首カルタのコレクターとして有名な、
会社社長・真榊大陸(まさかきだいろく)が自宅で惨殺された。
一枚の札を握りしめて……。
関係者は皆アリバイがあり、事件は一見、不可能犯罪かと
思われた。
だが、博覧強記の薬剤師・桑原崇が百人一首に仕掛けられた
謎を解いたとき、戦慄の真相が明らかに!?
*****************************************

これ、こんな分厚い頁数が必要か??(;^^)
がまず第一印象。
謎解きはまさか、の勘違いであっさり解けちゃって、
しかも犯人、影で謎解き聞いてて、あっさり諦めるし・・・。

え~、本作品の85%は「百人一首の謎」関連です。

誰もが一度はやったことのある、カルタ。
高校の頃は「暗記せよ」と苦痛でしかなかった百人一首。
今は既に脳みそからはほとんで滑り落ちてしまった歌。
そんなののオンパレードですっ!

確かに「百人一首の謎」は面白かった。
この百首を選出した基準はなんだったのか??
「言霊」と言う言葉がしっくりくる時代の巨大結界。
それを現代によみがえらせようとするとは・・・。

そういえば題名の「QED(=証明終了)」も嫌いだった。
数学の証明問題。
文章を尽くして説明するならば「絶対正解!」とまでは
いかんでも、ある程度点数はもらえる国語人種の私。
それが「文章は書いちゃいけない?!」
「数式だけでやれ?!」 いやいやそんなご無体な・・・。
「ゆえに(=∴)」ってのを書きたいのに書けない~、と。

それが奇人変人紙一重、の「薬剤師 桑原崇」にかかると
鮮やかに解きほぐされていくわけだ。
彼の変人ぶりもなかなか好きだなぁ~。

なぜこの本を手に取ったか、第一の要因は
「シリーズ化されてること」。現在17作まであるそうな。
これでまたしばらく、読みたい本候補が減らずにすみそうです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ | Main | ハワイ旅行記1210 カフェカイラ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「百人一首の謎」というのはおもしろそうですが・・
謎解きにどれだけ夢中になれるかが問題ですね。

Posted by: セイレーン | November 04, 2012 at 11:32 PM

今ちょうどnanagonはお正月に向けて百首覚えているところです。
nanamamaに色々と質問してくるのですが殆どうろ覚えになっちゃっていて、たまに2首混合になっちゃっています。(^^;)

Posted by: nanamama | November 04, 2012 at 11:30 PM

推理物は好きなのですが『呪い』とか書いてあると躊躇しちゃうんですよね(常にヘタレ)。
ミステリはいいんですが、呪い・怨念といったものはダメなんです。

Posted by: 麻能 | November 04, 2012 at 07:27 PM

分厚い本(長編)って好きなんですが、ほとんどの場合無駄な部分が多いような気がします。
でも、この作品おもしろそうですね。
シリーズ化されているのもいいわぁ〜。

東京駅是非見て来てください。素敵でしたよ。

Posted by: mahalobunny | November 04, 2012 at 09:42 AM

厚い頁数がある本はどうしても敬遠してしまいます。

Posted by: オサムシ | November 04, 2012 at 08:22 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55760291

Listed below are links to weblogs that reference QED 百人一首の呪 高田 崇史 :

« ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ | Main | ハワイ旅行記1210 カフェカイラ »