« 『推理作家ポー 最期の5日間』 | Main | ハワイ旅行記1210 風邪引いたε-(>.<;;クシュン!! »

木野塚探偵事務所だ 樋口 有介

先般読んだ「嫌ミス」
余韻が残っていたんですが、「蒼林堂古書店へようこそ
で取り上げられていたシリーズだったので、
読んでみました。

木野塚探偵事務所だ 樋口 有介


痛快・感涙・爆笑。
警視庁経理課を勤め上げた定年警官・木野塚佐平が、
新宿5丁目の栄光ビル4階に事務所を開設した。

目指すはフィリップ・マーロウか、はたまたリュウ・アーチャーか!?
スーパー・エキセントリック・ハードボイルド探偵が、
コケティッシュな秘書・梅谷桃世と挑む難事件の数々。
超正統派「探偵物語」の傑作。

*******************************************

いやぁ、微妙な作品でした、はい(;^^)。
ハードボイルドを愛する人、ってなぜかずれる・・・
現実世界から激しくずれる・・・(;^^)。

それでも「新宿鮫」シリーズや「アルバイト探偵」シリーズは
夢中になって読んだんですが・・・なんかが違う!!

定年した警官(と言っても経理課一筋、現場経験無し)の
彼が探偵なんかできるわけないじゃん。
しかも、事務所まで借りちゃうなんて・・・。

やたら張り切るものの仕事は来ないし、
なのに「電話番がいる」と女の子を雇うし・・・。
んで来た事件が「金魚泥棒事件」とか「猫誘拐事件」とか、
「植木ハサミ事件」とか・・・けったいなものばかり(;^^)。

都内の移動さえもおぼつかず、電話番の女の子の方が
頭が働く(しかもお金持ちの女の子)、ってのも・・・なぁ。
これにお金使うなら、他に何かあるのでは??って
思っちゃう私はあさましい?!

う~ん、これは続きの作品「木野塚佐平の挑戦だ」
ってのがあるそうですが・・・読むかなぁ(;^^)

いやいや、なかなか進まない作品、ってのも珍しいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『推理作家ポー 最期の5日間』 | Main | ハワイ旅行記1210 風邪引いたε-(>.<;;クシュン!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「アルバイト探偵」、借りたのに忙しくて読まずに返してしまったので、まとまった時間が出来たら必ず読みたいです。

Posted by: nanamama | November 25, 2012 at 10:51 PM

やたら張り切るものの仕事なし…の部分で、コナンが手伝う前の毛利小五郎を思い出してしまった私…。
コナン大好きなんです♪
それにしても経理課出身、現場経験なし、じゃ、元警察官とは言えないですねぇ。

Posted by: 麻能 | November 25, 2012 at 10:21 PM

宮古島から帰ってきました。留守中訪問ありがとうございました.

Posted by: オサムシ | November 25, 2012 at 10:16 PM

本って
毎年どのくらい出版されているのでしょうかね。。

Posted by: tamirin | November 25, 2012 at 09:01 PM

猫誘拐ですか 昔は三味線にされるとか言いましたけれどね ^^;

Posted by: セイレーン | November 25, 2012 at 08:47 PM

なかなか進まない作品って結構あります。ただ活字を追っていて、気が付いたら意味わからない!?状態になっている。笑!
探偵物好きですが、これは・・・って感じかもですね。

Posted by: mahalobunny | November 25, 2012 at 05:59 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55831063

Listed below are links to weblogs that reference 木野塚探偵事務所だ 樋口 有介 :

« 『推理作家ポー 最期の5日間』 | Main | ハワイ旅行記1210 風邪引いたε-(>.<;;クシュン!! »