« ガール・ミーツ・ガール 誉田 哲也 | Main | 思考の整理学 外山 滋比古 »

『ボーンレガシー』

マットディモンシリーズが終了し(したんだよね??)、
続いてはじまったこちら、『ボーン・レガシー』に
行って来ました~。

120928_born_lega

原題: THE BOURNE LEGACY
製作年度: 2012年
監督: トニー・ギルロイ
上映時間: 135分
キャスト:ジェレミー・レナー エドワード・ノートン
      レイチェル・ワイズ フォトギャラリー

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、
トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。
その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、
失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた
同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。

その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者
アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、
さらなる戦いと陰謀が動き出していく。
そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を
上回るプログラムの存在があり……。

=============================================

あらビックリ。
ジェイソンボーンとほぼ同時期の設定なんですね~。
全然違う話なのかと思ってました。

しっかし、このプログラム(計画)、えげつないですね~。
ジェイソンボーンって特殊な人なんだなぁ、って思うけど
今回のアーロンクロスはクスリでこうなるんですよね。
確かにすごい能力だけど・・・。

そして、このシリーズではおなじみの「美女の存在」。
ジェイソンと言い、今回のアーロンと言い、
周りには美女がいるわけですね~。

あちこちをグローバルに飛び回る撮影で、
面白かったです。

でも・・・やっぱりジェイソンボーン、が好きかなぁ(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ガール・ミーツ・ガール 誉田 哲也 | Main | 思考の整理学 外山 滋比古 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

どうしてこういう系の映画って必ずと言っていいほど美女が出てくるんでしょうね。

美女ない人が出てくる映画って殆ど知らないです。

まぁ~興行収入に関わるからだろうけれど、共感できる女性って言うのもたまにはいいんじゃないと最近思っちゃいます。

Posted by: nanamama | November 17, 2012 at 10:51 PM

これ、これ! エドワード・ノートン好きなので、是非観たいと思っているうちに忘れている・・・。
機会があったら観たいです。

Posted by: mahalobunny | November 17, 2012 at 09:58 AM

最近映画見てないなあ。

Posted by: オサムシ | November 17, 2012 at 12:40 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/56043971

Listed below are links to weblogs that reference 『ボーンレガシー』:

« ガール・ミーツ・ガール 誉田 哲也 | Main | 思考の整理学 外山 滋比古 »