« ハワイ旅行記1210 機内食 UA HNL-NRT便 | Main | QED 百人一首の呪 高田 崇史 »

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~

さっ、週の半分をハワイ旅行記、半分を本と映画、
で進めていきたいと思います~。

友人にいつも借りているこちら
「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
読了です。


鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、
その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。
すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。

人々は懐かしい本に想いを込める。
それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。
美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められた
その「言葉」を読みとっていく。

彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?
絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。
これは“古書と絆”の物語。
********************************

このシリーズの大黒柱は「失踪した母と姉妹の物語」です。
古書知識も推理も抜群だった母は突然失踪した。
その日から妹の母親代わりとなった姉は、
母を恨みながらも募る想いをもてあましつつ、
気付くと母と同じ「謎解き」をするようになっていった・・・。

「本が読めない」体質の青年は姉に一目ぼれして、
店員として働くが、どこまで手を出すべきか?
自分と彼女の間がどうなるのか?もどかしい想いを
もてあましつつ、彼女を支え、経緯を見守っていく・・・。

イマドキ珍しい、純愛系の作品なんですよね。
取り上げられる古書はあまり私は興味ないのですが(失礼)
謎解きの鮮やかさとシリーズ3まで行って出てきた安定感で
楽しんでおります。

今回でも終わらないから、ストレスはたまり続けてますが(;^^)
ゆっくり追いかけていきたい作品です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ハワイ旅行記1210 機内食 UA HNL-NRT便 | Main | QED 百人一首の呪 高田 崇史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

nanamamaは続きもの苦手なんですよね。
ほんとストレスがたまっちゃって。
ついつい完結してから一気読みしちゃう派です。

Posted by: nanamama | November 03, 2012 at 10:00 PM

気に入った作品だと、どんどん続いて欲しいと思うのですが・・・。

Posted by: mahalobunny | November 03, 2012 at 07:55 PM

ストレスはたまるのはいやですね。

Posted by: オサムシ | November 03, 2012 at 09:54 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55760309

Listed below are links to weblogs that reference ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~:

« ハワイ旅行記1210 機内食 UA HNL-NRT便 | Main | QED 百人一首の呪 高田 崇史 »