« 大人もぞっとする 初版『グリム童話』 | Main | シートン(探偵)動物記 柳 広司 »

ヴィラ・マグノリアの殺人と古書店アゼリアの死体 若竹 七海

若竹七海さんという作家さん、お初です。
最初図書館で「古書店~」の方を見つけたんですが、
裏のあらすじに『第2弾』とあったので、これはこれは、と
第1弾を探して借りてみました。



「ヴィラ・マグノリアの殺人」
海に臨むヴィラ・マグノリア。
その空き家になった一棟で、死体が発見された。
ヴィラの住人は一癖ある人ばかりで、担当刑事達は
聞き込み一つにてんてこ舞い。
捜査に手間取るうちに、ヴィラの住人が殺される
第二の事件が発生!
二つの事件のつながりはどこに?
住人達の素顔も次第に明らかになって――。

「古書店アゼリアの死体」
勤め先は倒産、泊まったホテルは火事、
怪しげな新興宗教には追いかけられ…。
不幸のどん底にいた相澤真琴は、葉崎市の海岸で
溺死体に出合ってしまう。
運良く古書店アゼリアの店番にありついた真琴だが、
そこにも新たな死体が!
事件の陰には、葉崎市の名門・前田家にまつわる
秘密があった…。
******************************************

「葉崎市」と言う架空の年が舞台です。
(神奈川県にあるらしいよ)。
若干、人や建物がつながってはおりますが、
全て別個の事件で「柱が葉崎」ってだけです。

若竹女史は「コージーミステリー」の日本第一人者だとか。
あ、「コージーミステリー」っては、「ミス・マープル」や、
「ジェシカおばさんの事件簿」と言った女性のアマチュア
探偵が暴力抜きで事件を解決するタイプのお話。
「ハードボイルド」とは対極の位置にいます。

それだけに派手さはないんだけど、女性っぽい
裏の黒さ、と言うかねちっこさ、があるような。
うん、柴田女史の書く女性探偵者作品と似ているようで
私はこっちの方がなんか好きかなぁ。

さてお話は一体誰が犯人なの??って感じ。
関係者の過去や現在、色々な事情が明らかになり
(事件、って関係者を丸裸にしますよね)
最後の謎解きで、なるほどね~、って。

文章はやや読みづらし。
結構時間がかかりました。
でもね~、面白い。謎解きですから~(^o^)。
色々な情報が断片的に飛び散っていて、
それが最後にパズルの完成を見るかのように
ピタッ、と収まっていく・・・うん快感♪

以下、幾つかこちらの市を舞台にした作品が
あるそうなので、引き続き読んで行きます♪
また彼女の他の作品も要チェックですな(^o^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 大人もぞっとする 初版『グリム童話』 | Main | シートン(探偵)動物記 柳 広司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

takoingさんが時間がかかる本って 私はいったいどうなっちゃうんでしょ ^^;

Posted by: セイレーン | October 06, 2012 at 07:42 PM

明日から韓国に行ってきます。

Posted by: nanamama | October 05, 2012 at 10:37 PM

推理小説系って好きですが、読みづらいんですか…
せっかく面白そうなのになぁ。
でも最後のパズルのピースがはまるような感覚は体感してみたいですね。

Posted by: 麻能 | October 05, 2012 at 07:51 PM

若竹七海さんの作品 読んだことないです。

Posted by: オサムシ | October 05, 2012 at 06:44 AM

おもしろそうなストーリーなのに、文章が読みづらいとなると・・・ちょっと躊躇してしまいますわ。
今ハワイのラウンジからですよ。
これから日本に行ってきまぁ〜す♪

Posted by: mahalobunny | October 05, 2012 at 03:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55515102

Listed below are links to weblogs that reference ヴィラ・マグノリアの殺人と古書店アゼリアの死体 若竹 七海 :

« 大人もぞっとする 初版『グリム童話』 | Main | シートン(探偵)動物記 柳 広司 »