« 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』 | Main | ヴィラ・マグノリアの殺人と古書店アゼリアの死体 若竹 七海 »

大人もぞっとする 初版『グリム童話』

先日の映画「スノーホワイト」の小話で取り上げた
「怖いような怖いもの見たさのような・・・(;^^)」の
 読了です。


これから寝かしつけようという子どもに
手足を切断するような話などできない―。
初版当時の『グリム童話』では、残酷な刑罰、
男女の性愛などもあけっぴろげに語られていました。

散々な批判を受けたグリム兄弟は、
版を重ねるごとに改筆し、今のようなおとぎ話が完成したのです。
夢のようにみえる物語の中に隠されてきた残酷、性愛、
狂気、不道徳の世界・・・
そして当時の人々のアクの強い知恵を、感じてください。

******************************************

グリム兄弟って実は民間伝承と言語学の研究者、
なんですってね。
研究の過程で集めたドイツの民話・伝説を収集し、
それを元にできあがったのが、グリム童話、なんだそう。

つまり、「大人のゴシップ、噂話」を集めている訳で
子供に語れるものではないんですよね。
だから版を重ねる毎に改訂・改訂を余儀なくされ、
子供向けの夢のようなお行儀の良い内容に変貌した、と。

収録作品は↓の9作品。

ヘンゼルとグレーテル
トゥルーデおばさん
長靴をはいた猫
わがままな子ども
灰かぶり(シンデレラ)
千引皮
赤ずきん
ガチョウ番の娘
兄と妹

知らない話もあったのですが、
シンデレラ、元はそういう話なの?!って感じでした。
それと、「赤ずきん」。これもビックリ!
先日見た映画「赤ずきん」が、実は「元」に近い、ってのも
ちょっとビックリです。

昔の作品(1999年)なので、訳がやや固く、読みづらいけど
面白いです。
昔って決して貞操観念が強かった訳でなく、
今よりずっと性も奔放だったり、怨念や恨みと言った
とにかく「感情が豊か」なんですよね。

人間が生きていく以上、どうしても衝突したりなんだり。
色々な軋轢を踏み越えて生きていかなくちゃいけない。
なのに最近の世の中、そういう部分を「遠慮」したり、
うわべだけは冷静で平静でいよう、と言う部分が強くなり
起伏がない分、どこで爆発(=息抜き)していいのか
分からなくなっているような気がします。

だから小さなことでイライラしたりするのかなぁ?(;^^)
最近は会社の同僚のとにかくおしゃべりな事に腹立ててます。
少しは黙って黙々とやれよ!と何度思うことか・・・。
深呼吸して、気持ちを落ち着かせるようにしてますが。

そうじゃなくてもっと他の事に怒らないといけないなぁ・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』 | Main | ヴィラ・マグノリアの殺人と古書店アゼリアの死体 若竹 七海 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

童話って本当は残酷な話が多いと言うけど
これはまた・・・ですね。
でも、ちょっと怖いもの見たさで興味があるわ。

生きているとイラッとすることっていろいろありますよね。
そろそろハワイでリフレッシュの時期かな?

Posted by: ジャランこ | October 04, 2012 at 10:07 PM

消費税が上がるというので 怒っていた職場の人がいたなぁ。あの時のテンションにはついていかれなかったなぁと覚えています。
おしゃべりは こちらが集中して仕事をしたいという時には困ります。
まあ おしゃべりしたい気持ちもわかるんですけれどね。ずっと・・は困りますね。

Posted by: セイレーン | October 04, 2012 at 09:23 PM

グリム童話って、「本当は怖かった」と聞いたことはありますが、昔から夢見がちな子だったので、決して読もうとは思いませんでした。
現実を知らない方が良いことってあるんだなと思います。

Posted by: 麻能 | October 04, 2012 at 09:09 PM

10年くらい前でしたっけ。
ほんとは怖いグリム童話がはやったのってd('-'*)?
そのころ、「へ~」と思いながら読んで、
内容を忘れてしまった(^_^;)

Posted by: butaneko | October 04, 2012 at 08:29 PM

グリム童話 いつ以来か
読んでないですね。

Posted by: オサムシ | October 04, 2012 at 06:50 AM

わかる、わかる。日々の小さな事って気になりますよね・・・。でも、確かにもっと他に怒らなければいけない事はいっぱいあります。笑!
なぜにこのような話なのにこれを子供に聞かせる話にしようと思ったのかが不思議だったりして・・・。

Posted by: mahalobunny | October 04, 2012 at 12:54 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55515071

Listed below are links to weblogs that reference 大人もぞっとする 初版『グリム童話』:

« 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』 | Main | ヴィラ・マグノリアの殺人と古書店アゼリアの死体 若竹 七海 »