« 『あなたへ』 | Main | 球形の季節 恩田陸 »

月の裏側 恩田陸

さてさて、毎日があっという間に過ぎており、
なかなか記事がかけずにおりますです、はい。

なので、渡ハ前に読み終えていた本の紹介。
恩田陸氏のこちら「月の裏側」 読了です。


九州の水郷都市・箭納倉(やなくら)。
ここで三件の失踪事件が相次いだ。
消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、
不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、
記憶を喪失したまま・・・。

まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、
それとも???
事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは
〈人間もどき〉の存在に気づく……。
************************************

箭納倉(やなくら)は九州は福岡県柳川市がモデルのようで
私は行った事ないのですが、
水路が張り巡らされた町なんだそうですね。
千葉にも「佐原(さわら)」と言う水郷地帯がありますが、
そこよりすごいのかな??

あ、でこの水路に面した場所の家に住む人が
失踪して、でも数日後に戻ってくる、と言う不思議さ。
更に戻ってきた人は「寝てただけ」と言う。

水路に面した家から引っ越した元教授に誘われ
箭納倉(やなくら)を訪れた「塚崎多聞」氏。
彼は元教授の娘と同窓で、フランス人を奥さんに持つ
変わった人。
この3人と新聞記者の4人で失踪事件に謎に挑むが・・・。

え~、こちらもあまり話すとネタバレしちゃいますので、
言えない(=感想もはっきりかけない)のが辛い。

それでも、「夜、水路脇の道を歩く」のが怖くなりました(;^^)。

でもね、「そこまで頑張って諦めるのは一瞬だなぁ、おい」とか
「え~いつ盗まれたんだろ??」とか、
あれこれ考えるのは楽しいです。
んでもって、「気色悪さ」を書かせたら逸品ですなぁ、恩田氏。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『あなたへ』 | Main | 球形の季節 恩田陸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

怖いのは苦手なので、これ読めるかしら…。
最近本当に時間がなく図書館に行く時間さえとれないです。

Posted by: nanamama | October 26, 2012 at 11:14 PM

水路・人間もどき・・で月の裏側・・
また わからないタイトルですね。
内容と関係ないタイトルなのかな^^?

Posted by: セイレーン | October 26, 2012 at 10:10 PM

柳川には一度行ってみたいと思ってるんですよね。
柳川藩主立花邸 御花ってところがあるんですが、
そこに泊まって水郷巡りをしたい(//∇//)
http://www.ohana.co.jp/index.html

Posted by: butaneko | October 26, 2012 at 09:29 PM

怖いのも気色悪いのも、無理です~!
基本、ロマンスとかコメディとかファンタジーとか、現実逃避気味が好きなんですね。お子ちゃまかっって感じですが。
ミステリも怖い要素が含まれると後々まで怖くて、夜廊下に出られなくなります(赤川次郎さんの禁じられたソナタとか、超怖かったです)

Posted by: 麻能 | October 26, 2012 at 08:35 PM

ネタバレか・・

Posted by: タミリン | October 26, 2012 at 09:26 AM

気色悪いのは苦手かなあ〜。
私も自分の記録用にレビューを書いているけれど、ここも書いておきたいと思うけれど、公表するにはネタばれになっちゃうので、なかなか難しいですよね。

私もipad mini気になります♪

Posted by: mahalobunny | October 26, 2012 at 08:29 AM

ネタバレ 考えると書けないのですね。

Posted by: オサムシ | October 26, 2012 at 06:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55760210

Listed below are links to weblogs that reference 月の裏側 恩田陸:

« 『あなたへ』 | Main | 球形の季節 恩田陸 »