« こいわすれ 畠中恵 | Main | きみはポラリス 三浦しをん »

カササギたちの四季 道尾秀介

結構気に入った道尾秀介氏の
「カササギたちの四季」
  読了です。

「リサイクルショップ・カササギ」は開店して2年。店員は2人、
赤字経営を2年継続中のちいさな店だ。
店長の華沙々木(カササギ)は、謎めいた事件があると、
商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、
副店長の日暮(ひぐらし)は、売り物にならないような
ガラクタを高く買い取らされてばかり。
そして、居心地がいいのか、なかなか帰ろうとせず、
しょっちゅう入り浸っている中学生の南見菜美
(みなみなみ)―。

=================================================

ハードカバーって文庫本と違って、あらすじがないんです。
なもんで、できるだけ事前にwikiとかでピックアップして
行くんですが、彼の作品は全部読んでみようかな、と
思っており、適当に借りてきたんです(;^^)。

いやぁ不思議な作品です。
店長の華沙々木(カササギ)は不思議な人。
真備シリーズの真備と同じ感じ。
でも真備ほど能力がある訳ではない(;^^)。

そんな華沙々木(カササギ)を陰ながらフォローするのが
副店長の日暮。
彼は華沙々木に憧れる奈美ちゃんの為に、
こっそり彼の謎解きを助ける仕込をする・・・(;^^)

いやこれが面白い。
「魚肉ソーセージとゼラチン少々、焼き海苔1枚」
これで何ができあがるのか?(^o^)
答えはぜひ読んでみてね。

あ、ちなみにこちらは「怪奇現象」などはありません。
あ、あるのかな?と思わせながらありません(;^^)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« こいわすれ 畠中恵 | Main | きみはポラリス 三浦しをん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

さわやかな表紙ですね ^^

Posted by: セイレーン | September 08, 2012 at 11:52 PM

nanapapaはtakoingさんの近くに行くみたいですよ。

Posted by: nanamama | September 08, 2012 at 10:32 PM

「魚肉ソーセージとゼラチン少々、焼き海苔1枚」で本当に何が出来るのだろう?
全く思い浮かばない。

Posted by: nanamama | September 08, 2012 at 10:31 PM

怪奇現象 まず ありません。

Posted by: オサムシ | September 08, 2012 at 09:19 PM

ハードカバーって何より持ち歩きが面倒で好きじゃないです。

それにしても…何が出来上がるんだろう…

Posted by: 麻能 | September 08, 2012 at 08:37 PM

「魚肉ソーセージとゼラチン少々、焼き海苔1枚」???
何ができるのか知りたいですね(^-^)

ちなみに、焼き海苔はジャズ家の猫が大好物でした(笑)

Posted by: ジャズ | September 08, 2012 at 02:57 PM

最近どうも活字の気分ではなく、ご無沙汰です(^_^;)
買うのも何だし、図書館まで行くのも面倒・・・
ようするに、ずぼらなんですね(^_^;)

Posted by: butaneko | September 08, 2012 at 11:50 AM

読みたい本とかって、パソコンにメモで残していたんですが、最近「読書メーター」なる物を知り、そこに保存できるんですね。とっても重宝に使っています。

Posted by: mahalobunny | September 08, 2012 at 06:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55316420

Listed below are links to weblogs that reference カササギたちの四季 道尾秀介:

» 「カササギたちの四季」道尾秀介 [粋な提案]
開店して2年。店員は2人。「リサイクルショップ・カササギ」は、赤字経営を2年継続中の、ちいさな店だ。店長の華沙々木は、謎めいた事件があると、商売そっちのけで首を突っ込みたがるし、副店長の日暮は、...... [Read More]

Tracked on November 02, 2012 at 03:26 PM

» 記事のタイトルを入力してください(必須) [笑う社会人の生活]
小説「カササギたちの四季」を読みました。 著者は 道尾 秀介 リサイクルショップの店員の青年たちに起こる 謎、事件を描いていく 4つの連作短編です 最近の道尾作品とは違い 文学的な、重い感じはなく ユーモアあり、軽い! 初期のような驚きの騙しがあるわけでは...... [Read More]

Tracked on November 08, 2012 at 06:16 PM

« こいわすれ 畠中恵 | Main | きみはポラリス 三浦しをん »