« 『プロメテウス』 | Main | なぜか買った~。「OPUS」 »

英雄の書 宮部みゆき

新聞で連載している小説、って皆さん読みますか?
私は無理なんですぅ(;^^)。
気付くと3,4日が過ぎていて、しかもなくなってて(;^^)
(新聞は色々使い道があるからね~)

毎週日曜日の連載、くらいなら十分追いつけるけど
(東野圭吾氏の『手紙』や石田衣良氏の『チッチと子』等)
毎日連載、ってのはね。

こちら宮部みゆき氏も連載スタート後、しばらくは頑張った。
で、挫折した(;^^)。
で、文庫本になったので購入!


森崎友理子は小学五年生。
ある日、中学生の兄・大樹が同級生を殺傷し、失踪する
という事件が起きた。
兄の身を心配する妹は、彼の部屋で不思議な声を聞く。
「君のお兄さんは、“英雄”に憑かれてしまった」。

大叔父の別荘から兄が持ち出した赤い本が囁いた。
『エルムの書』に触れ、最後の器になってしまった、と。
友理子は兄を救い出すべく、英雄が封印されていた
“無名の地”へと旅立った。

友理子は“印を戴く者”ユーリとなり、
額の印に魔力を授かって無名の地から帰還した。
兄を探して、彼女が次に向ったのは『エルムの書』発祥の地
ヘイトランドだった。

従者として連れ帰った無名僧ソラ、
魔法でネズミに化身した赤い本アジュ、
謎の“狼”アッシュも同行するが、
旅先では幾つもの試練が待ち受けていた――。
苛酷な冒険の果て、ユーリが知らされる
驚愕の真実と本当の使命とは?

*********************************************

ゲーマーとしても有名な宮部さんらしい作品です。
新聞連載時もこうやって読者を煙に巻いたのかなぁ(;^^)。
クライマックスまでは一気に引き込まれました。

本とは、言葉とは何か?そこから始まります。
こうやって考えると言葉、ってすごいです。
言葉が人を捕らえる魅力と言いますか・・・。

そして最後。「えぇ~、これで終り?!」って
私が期待したのとは違う終わり方になってしまい、
ちょっと残念。
こういう設定の本は嫌いじゃないけど、
最近の宮部さんんは「時代劇」の方が好き。

でも最新作の「ソロモンの偽証」


はちょっと(いやかなり)興味がありますね~。
でも彼女の本はどうせ購入するので、
文庫になるまで我慢の予定(;^^)。
待ち遠しいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『プロメテウス』 | Main | なぜか買った~。「OPUS」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

新聞の連載、昔はまってて読んだことあります。
でも一回逃してしまったりすると読む気がなくなるんですよね(^_^;)

Posted by: もも | September 29, 2012 at 11:49 PM

新聞の・・中学生のころ読んだ覚えがあります。
毎日わくわくするものがありました。
・・でも 題名も覚えていないのですが ^^;

Posted by: セイレーン | September 29, 2012 at 10:43 PM

那須高原旅行から戻りました。
留守中もご訪問&コメント、ありがとうございました。
結構寒かったですが、台風の被害もなく、到着時にちょっと小雨が降ったくらいですみました。
凄く楽しかったので、また行くかも…です。

Posted by: 麻能 | September 29, 2012 at 09:26 PM

nanagonは毎日読んでいるみたいだけど、nanamamaは読んでないです。

Posted by: nanamama | September 29, 2012 at 08:40 PM

私は一気に読みたい方なので、たぶん新聞の小説は無理だと思います。
これ面白そうですね。新作もおもしろそう!

Posted by: mahalobunny | September 29, 2012 at 02:16 PM

私も新聞の小説は時間なくて無理です。

Posted by: オサムシ | September 29, 2012 at 08:29 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55515023

Listed below are links to weblogs that reference 英雄の書 宮部みゆき:

« 『プロメテウス』 | Main | なぜか買った~。「OPUS」 »