« 天と下界をつなぐ道 | Main | 『アベンジャーズ』 »

猫弁と透明人間 大山 淳子

さて前回、「文章がね~」とひとくさり語ったこちら
「猫弁」の第2巻がでたそうで。
図書館に行ったらポン、と本棚にあって(^o^)
借りて即日

読了です。

天才弁護士・百瀬のもとに、一通のメールが届いた。
「はじめておたよりします。ぼくはタイハクオウムが心配で、
昼も眠れません。 透明人間より」

そのメールは法廷に立たずに事件を解決する
ゴースト弁護士、沢村から送られたものだった。
ひきこもりで人と話せない沢村は、
自らが解決した事件の結末が気になり、
オウムの行く末を百瀬に託す。

この依頼人はきっと困っているはずだ――。
百瀬はタイハクオウムを救い出し、
メールを手がかりに透明人間の正体を探る。

沢村が取り組む医療ミス問題に不審な点を発見した百瀬は、
奇跡の弁護で法廷の流れを逆転させる。
果たして百瀬は、オウムを、ゴースト弁護士を、患者を、
救うことができるのか?

*********************************************
一度読むと慣れたのか、「まぁこういうのもアリかな」と
開き直れたんですが(;^^)、
やはり舌足らず、な感は否めず・・・。

ただね前作よりはいくらかスムーズになったかな?
笑いどころとかもちゃんとあるし。
ただね、ネタはありふれてるんだよね~。

引きこもりの沢村氏。試験ではTOPだったのに、
「実地(と言うか研修)」の当日来なかった
(と言うか家から出られなかった)訳です。

同期に「俺を助けてくれない?」と頼まれ
影の弁護士、としてやっていくわけです。
まぁ百瀬の上を行く変人っぷり、なんですな。

ってか変な人しか出てこないん??(;^^)。
すぐ読み終えられるから良いけどね。
はぁε=Σ( ̄ )ハァーまぁ日曜日だしいっか。
(ってどんな記事やねん)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 天と下界をつなぐ道 | Main | 『アベンジャーズ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

変な人しか出てこない話・・・ちょっと気になるかな。
EVERNOTEはPCに入れてみました。
また、使えませんが。

Posted by: ジャランこ | September 24, 2012 at 11:26 PM

最近カバーの絵ってこういうタッチが多いですね。

Posted by: nanamama | September 24, 2012 at 10:27 PM

なんだかんだいって、内容を紹介できるほど
読んでしまうんだからすごい(^_^;)
へたくそな文章って、それだけでいらいらするもんで・・・
とても最後までなんて読めない(T_T)

Posted by: butaneko | September 24, 2012 at 10:12 PM

ひきこもりも ネットの時代がすすんで 何か変わっていくのではないかと思いますが。。どうでしょうね^^;

Posted by: セイレーン | September 24, 2012 at 09:09 PM

この前有栖川有栖の幽霊刑事読んだばかりなので、透明人間のような幽霊が捜査をするって言うのもおもしろかったですが・・・これはどーなんしょ!?
やっぱり、作家さんによって文章に相性ってありますよね。私は自分本位な方の文章は理解できんっ!笑!

Posted by: mahalobunny | September 24, 2012 at 11:42 AM

透明人間 なれたら何するかな(笑)。

Posted by: オサムシ | September 24, 2012 at 06:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55515035

Listed below are links to weblogs that reference 猫弁と透明人間 大山 淳子 :

« 天と下界をつなぐ道 | Main | 『アベンジャーズ』 »