« 『BRAVE HEARTS 海猿』 | Main | 向日葵の咲かない夏 道尾秀介 »

『ダークナイト ライジング』

米コロラド州で上映中の映画館で銃を乱射し、
12人を殺害、58人を負傷させる事件が起きました。
上映中だった映画はこちら、
『ダークナイト ライジング THE DARK KNIGHT RISES』

20120701095358657_0010 見てきました。

監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベイル マイケル・ケイン ゲイリー・オール
製作年度: 2012年
製作国: アメリカ
上映時間: 164分

ジョーカーがゴッサム・シティーを襲撃するものの、
ダークナイトが死闘を繰り広げ彼を撃破してから8年後。
再びゴッサム・シティの破壊をもくろむベイン(トム・ハーディ)が
現われ……。

****************************************

いやぁ~失敗したっ!
前作をきちんとおさらいしてから行くべきだった!!
前作がどんな終わり方したか、すっかり忘れており、
話の流れをつかむのに四苦八苦。Photo

おかげで単純に楽しむ、ってわけにいかず・・
164分と言う長い上映時間もあいまって・・・勿体無い。
こういうのはおさらいが必要ですね~。
まぁ、難しく考えず楽しめばいいだけなんですけどね。
それでも十分楽しめますし。

ベインが悪役、と思っているあなた、
足元すくわれますよ~。 意外な展開でした。

ただ、ベインの要求がイマイチ分かりづらかった・・・。
ここは洋画翻訳の限界かな、って思ってしまいました。
こちらの映画が公開される前「おさらい」と言うことで
前作を特価期間限定上映してたんですよね~。
見とけば良かった。

そしてゴッサムシティの崩壊・・・。
まさかその原因となるアレがあそこから持ち出されたとは・・。
CGだとわかってはいますが、
NY(あ、ゴッサムね)から伸びる各橋が爆破され、
孤立する街・・・。ちょっと心震えましたね~。

これで終り、でしたっけ??(最終章=終り?)
もっと見たいなぁ~、ってつい思ってしまいました。

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 『BRAVE HEARTS 海猿』 | Main | 向日葵の咲かない夏 道尾秀介 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

無事に帰ってきました。
留守中訪問ありがとうございました。

コピペでごめんなさい。

Posted by: nanamama | September 01, 2012 at 11:41 PM

前作見た方でさえそうなら、前作見ていない方には何が何やら…ですね。
こういう難しい続き物って、私ギブです(笑)

そういえば、私、ココイチも行ったことありません。
このままじゃココイチも海外デビューになるかも…
基本、そいういうお店に縁がないのだと思います。
でも海外で地元の味に飽きると、手軽に日本っぽいものが食べたくて…って感じですかね。
世代的に、吉野家もココイチも行ったことないと言うと、ドン引きされるんですが…^^;

Posted by: 麻能 | September 01, 2012 at 09:32 PM

おさらいが必要な映画なんですね。

↓の海猿は娘と一緒に行きたいねと話していたんですが、
残念ながら夏休みが終わっちゃいそうです。

Posted by: ジャランこ | September 01, 2012 at 09:22 PM

コロラド州の事件、悲惨でしたね。確か・・・初日で楽しみにしていた人達がたくさん行っていたとか・・・。

私は字幕とか吹き替えとかきらいです。本も翻訳版とか苦手です。
文化が違うのに、違う言葉にはできない・・・不自然すぎる。
以前紹介してもらった「善良な男」随分前に購入していて、最近読み始めたんですが・・・どーも??なので、またまた積読本になってしまいました。笑!

Posted by: mahalobunny | September 01, 2012 at 12:23 PM

前作 見ておいた方がいいんですね。

Posted by: オサムシ | September 01, 2012 at 09:54 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55375235

Listed below are links to weblogs that reference 『ダークナイト ライジング』:

« 『BRAVE HEARTS 海猿』 | Main | 向日葵の咲かない夏 道尾秀介 »