« 悪夢のエレベーター&観覧車&ドライブ 木下半太 | Main | 『桐島、部活やめるってよ』 »

モンスター 百田尚樹

故児玉清さんが紹介されていたこちらの本、
「モンスター 百田尚樹」
  読了です。

田舎町で瀟洒なレストランを経営し、
町中の男を虜にする絶世の美女・未帆。
彼女の顔は、かつて畸形的なまでに醜かった。

周囲からバケモノ呼ばわりされ、友達もできない
悲惨な日々。そして思い悩んだ末、
ある事件を起こしてしまう。

追われるように移り住んだ「美女の街」東京。
そこで整形手術に目覚めた未帆は、
手術を繰り返して完璧な美人に変身を遂げる。

そのとき、甦ってきたのは、かつて自分を虐げた町に
住むひとりの男に対する、狂おしいまでの情念だった──。
********************************************

映画「ヘルタースケルター」(見逃したけど)じゃないけど、
すごい話です。

主人公の女「美帆」は畸形的なまでに醜い、って(;^^)
こんな言葉があるんですね、その意味もすごいです。
高校生の時に事件を起こし、逃げるように東京へ行き、
東京へ行けば行ったで、更なる自己嫌悪。

小さな会社でひたすら機械的に作業をする毎日。
貯金だってほとんどない。
そんな彼女がお金を稼ぐ為に自らを犠牲にする・・・

読んでいけばいくほど怖くなります。
整形手術の種類の豊富さ、金額にも驚くけど、
彼女の執念に更に怖さが増していきます。

これね、感想が難しい本です。
すごい夢中になる。先へ先へと頁を繰るんだけど、
いたましさと壮絶さ、そして少しの優越感をくすぐる、
読んでいる人間が自己嫌悪に陥るような、
自分のイヤな面を自覚させるような作品です。




-ここからは私の個人的感想です。-
↑の自己嫌悪について。
まずね「ここまでひどくなくて良かったな」とか、
「お金を稼ぐ為にそこまでやるかな」とか、
主人公美帆を下に見ている自分に気付くんです。

彼女の顔への描写は全て想像することはできないけど
「すごい顔なんだろうな」と言う前提で話が進みます。
そういう人はうつむき加減になり、前髪で顔を隠し、
(その為、思春期のニキビに悩まされ)
暗い、陰気な女の子ができあがっちゃうわけです。

「ブスでも性格がよければ」と言う時限を越えている、
彼女も「少しでも見目が良くなるならば」と必死になる、
そんな状態な訳です。

で、そんな彼女を見ていて、「かわいそうに」と
思っちゃったんですよね。
でもそう思う事さえも彼女を下に見てる事になる、
そう気付いちゃったらヘタに「可哀想」とか「同情する」とか
「共感できる部分がある」とか書けないんですよね。
彼女に対する全ての感情が「彼女を下に見てる」事に
つながってしまうんじゃないか?って思わせてしまう。

読了後、「良かったね」と言って良いのか?
悩む最後でもあるので、あぁ~本当に難しい。
でも良い作品です。ぜひ一度読んで下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 悪夢のエレベーター&観覧車&ドライブ 木下半太 | Main | 『桐島、部活やめるってよ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

今 化粧の技術もすごいですよね。びふぉー・あふたーのビデオを自分で投稿している人とかいるじゃないですか・・すごい時代になったものだなーと・・・

Posted by: セイレーン | September 11, 2012 at 10:35 PM

人それぞれコンプレックスってあるだろうから、それをどう受け止めるかなんでしょうね。

Posted by: nanamama | September 11, 2012 at 10:30 PM

ルックスの問題って難しいですよね。
関係ないと言うけど、極端なケースだとやっぱりそう簡単に「関係ない」とばかりも言えなかったり…
でもそう思う自分に嫌気を感じたりします。
人の感情って、結局人と比べて成り立っているのかな?なんて思うと切なくなります。

Posted by: 麻能 | September 11, 2012 at 09:38 PM

「ヘルタースケルター」は女優がね・・・私はダメだけど
こちらは、かなり気になります。
ということで図書館に予約入れました。

Posted by: ジャランこ | September 11, 2012 at 09:33 PM

ヘルタースケルター も見てないです。

Posted by: オサムシ | September 11, 2012 at 06:45 AM

怖そうだけど、読んでみたい気がします。
私「かわいそう」って言葉がきらいなんです。
やさしいようで、本当は下に見ているように思える。
最近、アライグマに鼻をかまれてすごい顔になっちゃった少女をTVで見ました。整形手術で直すらしい。
「顔じゃないよ心だよ」なんて言うけれど、確かに限度を超えているとかなり受け入れ難いのかも・・・?
日本の文化で「つっこみ」って言うのも最近ちょっとなぁ〜って思う事があります。あまりにもえげつない!
笑いを取れれば人をガンガン傷つけてもいいのか!?と思ってしまいます。

Posted by: mahalobunny | September 11, 2012 at 12:46 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55374970

Listed below are links to weblogs that reference モンスター 百田尚樹:

« 悪夢のエレベーター&観覧車&ドライブ 木下半太 | Main | 『桐島、部活やめるってよ』 »