« 猫弁 大山淳子 | Main | 『アメイジング・スパイダーマン 3D』 »

『崖っぷちの男』

やばい、やばい、本の記事ばっか書いてて、
映画記事が埋まってた~!!

TVCMだけでは伺いしれない作品、
『崖っぷちの男』 に行って来ました。

Man_on_a_ledge2

[監督] アスガー・レス
[出演]サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス、
    ジェイミー・ベル、アンソニー・マッキー
[上映時間] :102分

NY(ニューヨーク)、高級ホテル高層階――
窓枠を越え、たった30cmの縁に立ち、飛び降りようとする男、
脱獄囚ニック・キャシディ。

彼は、30億円のダイヤモンド横領犯として投獄された
NY市警の元警察官。
まさに、落ちに堕ちた転落人生を極めた、崖っぷちの男。

ニックは自らの要求を伝えるため、女性刑事リディアを
唯一の"交渉人"に指名。彼には「ある計画」があった…。

**********************************************
いやいや、崖っぷちの男が崖っぷちに立つ、
それだけの話かと思っていたら・・・とんでもない。

彼が立つのはNYでは有名なプラザホテル。
高層の部屋を指定し、優雅に食事を楽しみ、
ボーイへのチップが200ドル・・・。
そんな彼がなぜ??

二転三転する状況。スクープ狙いのリポーターに、
「飛び降りろ!」と煽る野次馬、
つい先日交渉に失敗し、一人死なせてしまった交渉人、
なんか最初から善人に見えない、ニックの元相棒、
そしてエド・ハリス演じる大金持ちの悪役・・・。

一癖もフタクセもあるキャストが出揃いショーが始まる。
そう、正にショー、なんですよ。
そして最後は・・・?運命はどちらに転がったのか?

102分と言う短めの上映時間ですが、かなり中身は濃い。
この作品はあまり多くを語らない方が試しめると思います。
いやね、言いたいの!!全部語りたいの!
でもこれは言っちゃいけない。

映画館の大画面じゃなくても十分楽しめる映画です。
設定と言うか話がしっかりしているからいい映画に認定♪
ぜひ、見てみてください~。
興行的にはそれほどヒットしてないけど、お勧めです。


にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 猫弁 大山淳子 | Main | 『アメイジング・スパイダーマン 3D』 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

崖っぷちの男、コマーシャルは見ましたが
題名からあまり面白そうだと思わなかったのですが
レンタルになったら見ようかしら。

Posted by: ジャランこ | August 22, 2012 at 10:04 PM

これは、CM見て
面白そうだな~と思ったな・・

Posted by: tamirn | August 22, 2012 at 09:28 PM

映画を見て、これは大画面じゃないととかこれは地上波で放映するまで待ってもよかったとかありますよね。

Posted by: nanamama | August 22, 2012 at 03:42 PM

映画 なかなか見れないです。

Posted by: オサムシ | August 22, 2012 at 06:42 AM

おもしろそうですね。
最近、本当に映画観てないわ・・・。

「超理系殺人事件」は端折って読みましたわ。笑!

Posted by: mahalobunny | August 22, 2012 at 01:38 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55316852

Listed below are links to weblogs that reference 『崖っぷちの男』:

» 崖っぷちの訳は [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「崖っぷちの男」を鑑賞しました。 ニューヨーク市警の警官ニック、ダイヤモンド強盗に罪で投獄されたが脱走 そして 高層ホテルで投身自殺の騒動を起こすのだが・・・ エンタテイメント作品ですね テンション高く スピーディーで飽きさせない ...... [Read More]

Tracked on August 23, 2012 at 06:23 PM

» 『崖っぷちの男』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
一気に高まった期待をどこまで持続できるのかが、腕の見せ所。彼は捕まるのか、逃げるのか、死ぬのか、それとも…? ずっと窓の外に立っているだけの人騒がせな男ニックと、弟カップルの状況を的確に伝える構成は巧みで、その場で彼らのやりとりを見ているような臨場感があ…... [Read More]

Tracked on August 28, 2012 at 03:49 AM

« 猫弁 大山淳子 | Main | 『アメイジング・スパイダーマン 3D』 »