« 吾輩はシャーロック・ホームズである/キング&クイーン 柳 広司 | Main | 中庭の出来事 恩田陸 »

ライオンハート 恩田陸

今日の小話(^o^)。
今やってるドラマの題材「300日問題」。
昔は離婚せずに我慢している、って夫婦が
多かったせいか、それ程表面化してなかったよね。

一般的に次を見つけてから別れ話をする、ってのが
男女問わずあるそうで、そのせいかな?
ドラマのようにDVなどの問題があると、前夫と
会うのがイヤ、とか前夫が認めない、など
同情の余地はありますが、難しい問題ですね~。

******************************************

「相性の良い&悪い」が二分化する、
こちらの恩田陸さんの本「ライオンハート」
  読了です。

いつもあなたを見つける度に、
ああ、あなたに会えて良かったと思うの。
会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…。

17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、
20世紀のパナマ、フロリダ・・・。
時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。
結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。

神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。
切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。 ==========================================

以前、「タイムトラベラーの妻」って映画を見ました。
(あ、邦題は『きみが僕を見つけた日』です)
それを思い出すこの作品。
ところが、何かが違う~。

現代、1人の教授が失踪した処から話は始まります。
そして過去へ飛び、ある少女と出会う青年。
運命の2人なんですね。
時代を超えてめぐり合うけど、その時間はあっという間、
最後の最後に哀しい最後が・・・と言う話。

でもね~、どうも何かが違う~。
その違いが分からないまま終わってしまった_| ̄|○

この系統の話なら畠中恵さんの「ぬしさまへ」掲載の
「仁吉の想い人」の方がずっとグッと来ますわぁ。
わざわざ長編にする意味が分からん。

う~ん、相性の%が下がってきております、恩田さん。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 吾輩はシャーロック・ホームズである/キング&クイーン 柳 広司 | Main | 中庭の出来事 恩田陸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Wow, fantastic blog layout! How long have you been blogging for? you made blogging look easy. The overall look of your website is excellent, let alone the content!

Posted by: jordan 11 white | August 02, 2012 at 11:51 AM

今時間がなくて「上と外」読めてないのです。
他の作品も読んでみたいなぁ~と思っています。

Posted by: nanamama | August 01, 2012 at 11:57 PM

ただいま。旅行から帰ってきました。
題名は聞いたことがありましたが、
そんな内容だったとは知りませんでした。

私が旅行中息子は学校に泊まったりしていたようです。
「キケン」の影響?

Posted by: akiko21 | August 01, 2012 at 06:20 PM

離婚は物凄く体力と精神が疲弊するみたいですね。

Posted by: ツボ | August 01, 2012 at 12:42 AM

300日問題?
夫婦の事は他人にはわからないですからね・・・。

Posted by: mahalobunny | August 01, 2012 at 12:21 AM

タイム トラベラー したいです。

Posted by: オサムシ | August 01, 2012 at 12:05 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55044192

Listed below are links to weblogs that reference ライオンハート 恩田陸:

« 吾輩はシャーロック・ホームズである/キング&クイーン 柳 広司 | Main | 中庭の出来事 恩田陸 »