« 8月の週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ | Main | 『崖っぷちの男』 »

猫弁 大山淳子

講談社とTBSで主催している「文学賞」に、
「ドラマ原作大賞」と言うのがあるそうです。
2011年(第3回)の受賞作であるこちら
「猫弁 大山淳子」 
  読了です。

お見合い30連敗。冴えない容貌。でも天才。
東大法学部を主席で卒業し、現役で司法試験を通った
婚活中の弁護士・百瀬太郎は猫いっぱいの事務所で
人と猫の幸せを考えている。

そこに舞い込むさらなる難題。
「ペット不可のマンションで猫を飼い続けたい」、
「猫に国語と算数、音楽を教えなくてはいけない」、
「霊柩車が盗まれたので取り戻してほしい」・・・

ん? んん??
==============================================
2012年4月にTBS系列でスペシャルドラマ化されており、
(ドラマは見なかったんですけどね;^^)、Nekoben

本があったので借りて見ました。
まぁお話は面白いし、「猫が好き」な人には良いかも。

ただ、文章はね~(;^^)。
言いたい意味は汲めるけど、もうちょっと訴える何か、とか
描写、とかきちんと入れてくれると嬉しいかなぁ。

色々な本を読むと、分かってきます。
タイミングや内容、重さなど読んだその時にしっくりくる
本だと「よしっ!」って思えるんだけど、
(また記憶にも残るし)

ただこういう本、って記憶に残らないし、軽い読み物
の域をど~しても出なくてね。

自分、本を読むのは早い、と言う認識はありますので
これ1冊読んでも時間の無駄、とか脳みその無駄、とは
思わないから良いんですけどね。
でも「読むのが一苦労」と言う人には・・・勧められないかな。

先日読んだ本で作家浅田次郎氏が、
「パソコンの登場によって、小説が「文章を積み上げていく」
作業に変わり、長く厚くなりました。
本来日本語の美しさは俳句や短歌にあるように、
短いセンテンスの中でいかに大きな世界を封じ込めるか
にある」と。

ど~でも言い細かい事を詳述する作家が増えたり、
調べたことを全部書いてやる~って気負いしか見えない、
手書き=肉体労働 がなくなった為だ、と。

このくだりを読んで、すっごい納得しました。
そうだよなぁ~枚数さえクリアしてれば良い、みたいな
文章の本もずいぶんあるし(;^^)、
話し言葉のような流れでスルスル~って書いてる本も。
「良本」をたくさん読みたいです♪


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 8月の週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ | Main | 『崖っぷちの男』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

>宮部みゆき女氏は説明が多くくどい・・
そうだったんですか、いやブレイブ・ストーリーを読んでいて 途中で、どうでもいい感じになっていくのは くどいからだったんですね。^^;

Posted by: セイレーン | August 22, 2012 at 12:16 AM

nanagonの感想文を見ていて思ったのですが、ちょっとした書き直しをするにも初めから書き直しをしないといけないことが多々あり、昔の小説家は書き直しとか本当に大変だったんだろうなぁ~と思いました。

Posted by: nanamama | August 21, 2012 at 10:41 PM

卒論も似たところありますね。
私も勿論パソコンで書いた年代ですが、手書きの頃の人って訂正とか文章挿入とか出来なくて、書き直しとか何度もしたのかなぁと思うと大変に思いました。
でもそれだけに、深く考え、しっかり検討し、素晴らしいものも出来ていたんじゃないかな、と。

パソコンって気軽に文章をいじっていけるので、便利ですが、深みを失っているのかも知れないですね。

Posted by: 麻能 | August 21, 2012 at 10:02 PM

最近は、美しい文章を書けなくとも、
携帯小説の影響か、小説家になれたりしますもんね(^_^;)
美しい文章とは思わなくとも、東野圭吾は読みやすいかなd('-'*)
小野不由美さんとかも。

Posted by: butaneko | August 21, 2012 at 07:37 PM

猫好きなんですけどね(^^;)
「読むのが一苦労」なので、難しいかな・・・。

今は、スマホに変えてさらに「一苦労」です(笑)

Posted by: ジャズ | August 21, 2012 at 10:56 AM

「読むのが一苦労」の人なので、やめておいた方がいいかな?
ドラマもやっていたのは知っているけど
基本娘がドラマ権持っているので、みなかったなあ。

Posted by: ジャランこ | August 21, 2012 at 08:00 AM

パソコンやインターネットで いろいろ
変わったのでしょうね。

Posted by: オサムシ | August 21, 2012 at 06:50 AM

「読むのが一苦労」の人は、きっと読書嫌いになっているでしょうね。やっぱり読んでいて楽しいとか何か得る物がないとね・・・。でも、読んでみないとわからないって言うのもありますねよ。
私的には、浅田次郎氏は言葉足らずで理解し難い・・・宮部みゆき女氏は、説明が多くくどい・・・。
まとを得ている理解できる文章が好きです。そういう面では、東野氏はかなり読み易いです♪

Posted by: mahalobunny | August 21, 2012 at 04:54 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55257422

Listed below are links to weblogs that reference 猫弁 大山淳子:

« 8月の週末ランチ 韓国伝統美食料理おいそ | Main | 『崖っぷちの男』 »