« 常野物語シリーズ 恩田陸 | Main | おとり捜査官 山田正紀 »

アウトバーン&アウトクラッシュ 深町秋生

ふと、図書館で見かけ「新しそうな本だなぁ」と
思って借りてみたこちら
「組織犯罪対策課 八神瑛子」シリーズの
「アウトバーン」「アウトクラッシュ」
 読了です。

躊躇なく被疑者を殴り、同僚に低利で金を貸し付けて
飼いならし、暴力団や中国マフィアとも平気で手を結ぶ――。

警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事・八神瑛子は
夫を亡くして以来、その美貌からは想像もつかない手法で
数々の事件を解決し、警視総監賞や方面本部賞を
何度も受けている。

「アウトバーン」
そんな瑛子が管轄する区域で広域指定暴力団・印旗会の
組長の娘が刺殺された。
瑛子は、悪徳刑事の排除を目論む上野警察署署長・
富永昌弘から監視される中で、独自に捜査を始める。

だが、その矢先、手口が同じで、被害者の容姿も似た
刺殺事件が再度発生!

「アウトクラッシュ」
中米の麻薬組織に狙われている ある男を守ってくれ、と
いう依頼が裏の世界から八神に入る。
その男を狙うのは、残虐な手口で世界中の要人や警官を
葬ってきた暗殺者。
危険すぎる刺客を相手に瑛子は闘いに挑み 始める……。

================================================
女性刑事もの、って最近色々ありますよね。
竹内結子演じた「ストロベリーナイト」の姫川玲子、
戸田恵梨香演じた「SPEC」の当麻紗綾、
多部未華子演じた「デカワンコ」の花森一子・・・(;^^)。

ただこの作品だけはドラマ化されても誰もやり手はいないだろう、
と言う位、すごい設定です(;^^)。

同僚に金を貸付け、取り立てる。違法捜査もするし、
張り込みはサボる、裏の世界に通じ、アルバイトもする・・・
シッポをつかまれたら、どうしようもないほどどっぷりつかってる
って言うのは・・・ねぇ。

設定の突拍子もなさにちょっとためらいつつ読み始めると
うん、意外と読めるかな(ドコから目線だ?ヾ(--;)ぉぃぉぃ)

まぁ彼女にも同情の余地はありまして、非常に重く大きな
「大義名分」があるんですね。
それは女性としては非常に分かるモノで、でも警官ものの
邪道を行く、ってのは、幾ら不祥事だなんだ、で糾弾されてる
昨今の警察でも、「こんなヤツいねぇよ」って言いたいのでは?

シリーズ1で彼女の大義名分(事情)が分かり、
シリーズ2でその謎にちょっと近づき、次は??って期待。
シリーズ2が刊行されたのが2012年3月ですから、
当分先になりそうですね~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 常野物語シリーズ 恩田陸 | Main | おとり捜査官 山田正紀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

過激な女刑事ですね…
すぐドラマ化しちゃうのも考え物なので、「誰も出来ないかも」くらいの方が良いのかも…(笑)

Posted by: 麻能 | August 18, 2012 at 10:42 PM

女刑事もの、最近ドラマではよく見かけるんだけど本は読んだことないです。

Posted by: nanamama | August 18, 2012 at 05:01 PM

警官もいろいろいるけど、かなり個性的な女刑事のようですね。
本読まないからドラマでしか女刑事も知らなけど。
でも、takoingさんの影響は大ですよ。

Posted by: ジャランこ | August 18, 2012 at 11:00 AM

女性刑事物は、なんかこうかっこよく見せようとつっぱっている感じがあんまり好きじゃないです。
BOSSの天海なんとか(名前忘れた)は良かったかなぁ〜。

Posted by: mahalobunny | August 18, 2012 at 05:20 AM

本もドラマも最近見ないです。

Posted by: オサムシ | August 18, 2012 at 12:53 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55257335

Listed below are links to weblogs that reference アウトバーン&アウトクラッシュ 深町秋生:

« 常野物語シリーズ 恩田陸 | Main | おとり捜査官 山田正紀 »