« ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 | Main | 『ダークナイト ライジング』 »

『BRAVE HEARTS 海猿』

夏休みも今日で終り、ですね~。
来週からまた混雑した電車での通勤になるかと思うと・・・
で、8/30(木)19:00~TBS放映の「スパモク!」
その名も「世界の怖い夜~夏休み最後の絶叫SP」。
いやぁ、これマジで怖かった~!!

女子高生とか小学生、TAXI運転手さんの僧侶に警備員と
色々な職業の方たちが一番怖いと思う映像を流すんですが、
女子高生の第1位とか、うん、怖かった・・・。

一般の人でも&夜間でも手軽に扱える録画機器が増えたせいか
色々な映像を見るようになりました。
で、ふと実はもっとあるんじゃないのかなぁ?
あちらの世界とこちらの世界は紙一重。
ふとした瞬間にそれが交じり、映像に残る・・・。

廃墟、とか夜の神社、とか面白半分に撮った映像は
「あたりまえじゃん!罰あたりめが!」と思うんですが、
音楽発表会のホールで司会の女性の後ろに、とか
誕生会に来る途中事故にあったエミリーの姿、とか
いやぁ、すごかったっす。見た方いるかな??

**********************************************
さてこちらの映画はスッキリ~!!の『BRAVE HEARTS 海猿』
20120701095433672_0008

製作年度: 2012年
監督: 羽住英一郎
キャスト: 伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太
上映時間: 116分
=======================================

最高レベルのレスキュー能力を誇る
海上保安官特殊救難隊のメンバーとなった
仙崎(伊藤英明)と吉岡(佐藤隆太)。

そんなある日、ジャンボジェット機のエンジンが爆発し、
機体が東京湾へ海上着水する事故が発生する。
乗員乗客の中には吉岡の恋人、美香(仲里依紗)もいた。
沈没までのタイムリミットはわずか20分という状況で、
仙崎たちにさらなるピンチが襲い掛かる。

****************************************

毎回、人を助けてる、ってイメージがあったんですが(;^^)
立場、が違うんですね。
潜水士→機動救難士→特殊救難隊とスキルアップしてるそうな。

じゃぁ救助する人間は??となりますが、
今回は飛行機! ホノルルに向かうジェット機です。
シリーズ2のフェリー乗客620名に比べるとちょっと少ない
346名。
ただ、フェリーが沈没まで4時間の猶予だったのが、
今回はわずか20分!

おいおい、どこまで話を引っ張るんだ~(;^^)と
前半ダレたのはしょうがないですよね?。

そして毎回と言ってもいい位悲惨な目にあうバディ吉岡。
341806view007


今回もお約束と言ってもいいような目にあいます(;^^)。
もうかわいそうになぁ、と思いつつ・・・笑っちゃうのはなぜ?

そしてこちらも毎回と言っていい「団結力」。
「深深度潜水 ※注 、許可願います!」って言って
皆で探しに潜っちゃう訳ですな・・・(;^^)。
今回は近海の漁船や非常時用の救急隊からありとあらゆる
方が「団結」していく様は、真面目なはずなのに・・・
う~ん なんか笑っちゃう。

でも「お約束」と思いながらも最後は感動しちゃうんですね。
ちぇっ、ちょっと悔しいと思ってると、最後に大爆笑。
吉岡くん、ってそういう星まわりなのね、って(^o^)



※注 「深深度潜水」とは-
通常、潜水士が活動するエリアは水深40~45m。
今回の映画では水深60mの所に飛行機が沈んじゃった。
水深60mの世界がどれだけ恐ろしいかと言うと、
水深60m=7気圧(10mにつき1気圧高くなる)となるので、
地上の7倍のスピードで空気は消費される。

又、窒素。アルコール酔いのような症状が出て、
15mでマティーニ1杯→水深60mで4杯飲んだのと同じ位。
この窒素がうまく排出されずに地上に上がると
減圧症を引き起こす事態になる、と。

ハワイで水深33mまで潜った事がありますが、
33mの深度にいられたのは15分ほど。
更に水深5mの地点で5分(だったかな?)待機した上で
ようやく船に戻れたんですよね~。
水深5mで何もせずぼ~っとしてるのも楽しかったけど。

ダイビングを少しだけかじったおかげで、
「深深度潜水」がどんだけのものか??
いやぁ、ドキドキしましたわ。
潜行する際もつい、息継ぎとか考えちゃったり、ね(;^^)
「あ、これじゃ肺が・・・」とかね。

東京湾って「浅い」イメージがあったんですが、
wikiで調べたら「最大水深700m」だって。
「海底谷」と言うものが認められてて、深海魚がいる・・・
あ、有川氏の「海の底」は東京湾のザリガニだったわ(;^^)

にほんブログ村 映画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 | Main | 『ダークナイト ライジング』 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

海猿、いつもお約束の展開と臭い台詞の
オンパレードなんですが、見てしまいます(^_^;)
ちょっと感動したりもします(^_^;)
日本映画、ほとんど見ないんですが、
これはDVDを借りてみてます^^

Posted by: butaneko | August 31, 2012 at 11:25 PM

これで3作目でしたっけ?
船の時には・・・伊藤さんの恋人がいたんじゃなかったかな?
今回はもう一人の方の恋人・・・なんとも偶然・・・笑!
そういう感じ(わざとらしいと言うか・・・)に笑っちゃうんじゃないでしょうか!?
でも、このシリーズ好きです。

Posted by: mahalobunny | August 31, 2012 at 09:08 AM

海猿 結局 見てないです。

Posted by: オサムシ | August 31, 2012 at 07:00 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55332224

Listed below are links to weblogs that reference 『BRAVE HEARTS 海猿』:

« ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 | Main | 『ダークナイト ライジング』 »