« ゆんでめて&やなりいなり 畠中恵 | Main | ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 »

新宿鮫7~11 大沢在昌

さて「新宿鮫」シリーズ の後半、
 07.灰夜 08.風化水脈 09.狼花 
 10.絆回廊 11.鮫島の貌  

  読了です。

新宿署刑事・鮫島警部。
東大出のキャリアでありながら、警察内の不祥事に巻き込まれ
同期友人を失う事に。彼から渡された情報の為に、
上層部や同僚には疎んじられ現場で飼い殺しとなる。
ところが、一人屈せず、食いついたら離れない単独捜査で
犯罪者には「新宿鮫」と恐れられる男だ。

==============================================

ふぅ~、って感じの一気読み。
シリーズものを見て「こんなにあるのぉ?」とゲッソリする時と
「こんなにあるのぉ!」と嬉しくなる時、
皆様はどちらがお好きでしょうか?

又は「本の分厚さ」にゲッソリするのと嬉しくなるの。
皆様はどちらがお好き??

私は困難さを感じれば感じるほど燃える人ですっ!

こちらの「新宿鮫」シリーズは本も分厚く、長いシリーズ、
更に文章も読みやすくはない、難関もの。
それだけに燃えましたね~(;^^)。

 第7巻では死んだ同僚宮本の7回忌で起きた事件
 第8巻では昔の新宿で起きた事件と今が結びつく
 第9巻では盗品売買のネットサイトとだましあい
 第10巻で22年目の復讐と悲しき別れ・・・
 第11巻は短編集。あの両さんとの夢の共演?!

いやぁ、なかなかすごい話ばかりです。
前回の前半部分では「それほどハードボイルドじゃない」
と書きましたが、考えるとかなりハードボイルドですな(;^^)。
ただね~、第10巻で泣きました。
まさか、まさかの哀しい結末・・・。
そのせいで、第11巻の短編集は完全に影が薄いです。

んで、この第11巻で、あの両さんと共演してます♪
偶然、図書館で見つけたんですが、↓の本、
1207_077


稀代の名作家が両さんと共演している作品集。
この中の1篇が収録されてます。
あ、↑のは好きな作家だけ拾い読みしてます。
大沢氏、京極氏、石田氏、東野氏、柴田氏だけ読んだ。
(ってほぼ7割は読んだけどね;^^)

柴田よしき氏の回ではあの「保育園園長かつ私立探偵」の
ハナちゃんが共演してますよ♪
京極氏はあの京極道氏との共演だし♪
いやぁ面白いっすな(^o^)。
お時間のある方もこちらもあわせてどうぞ♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ゆんでめて&やなりいなり 畠中恵 | Main | ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

こち亀とコラボとは!
両さんと真逆な立場なのがまた、対照的なコラボですね。

Posted by: 麻能 | August 29, 2012 at 10:27 PM

面白いと思っても、シリーズものはだんだん飽きてきちゃいます。
人生でシリーズが素直に楽しめたのは赤毛のアンだけだったりするかも。

Posted by: ジャランこ | August 29, 2012 at 10:25 PM

東大出のキャリア というのはまず、
まわりにいませんね。

Posted by: オサムシ | August 29, 2012 at 06:57 AM

良い作品に出会った時には「こんなにあるのぉ〜♪」と喜びます。
本の分厚さは、最初はげっそりするけれど、読んでいるうちに「終わっちゃう〜」って悲しくなるのと、「まだぁ〜!?」って気分になる作品があります。
両さんとの共演作、興味ありますが、亀有自体を(コミック?)読んだ事ないので、こちらを勉強してからの方が良いかもですね。

Porronは、スペインの物なので、アメリカのおみやげにはちょっとかなぁ〜って気がしましたよ。
コップではなく、どちらかと言うとデキャンタ??

Posted by: mahalobunny | August 29, 2012 at 12:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55188258

Listed below are links to weblogs that reference 新宿鮫7~11 大沢在昌:

« ゆんでめて&やなりいなり 畠中恵 | Main | ザ・万歩計&ザ・漫遊記 万城目学 »