« 変死体(上)(下) パトリシアコーンウェル | Main | 骸の爪&花と流れ星 道尾秀介 »

背の眼(上・下) 道尾秀介

注意!ホラー要素を含んでおります(;^^)

先日(と言っても5月の話で恐縮ですが;^^)、
BS日本テレビでやっていた2時間ドラマ
Senome

を見て原作が読みたくなり借りてみました。「背の眼」
 読了です。

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。
「レエ   オグロアラダ   ロゴ」?
彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む
大学時代の友人、真備(まきび)の元を訪れる。

そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、
同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。
しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。

探求所の真備&その助手凛らと再度村を訪れたが、
「ゴビラサ」と言う声が再び聞こえる道尾。

これらは単なる偶然か?
「ゴビラサ?」道尾の質問に首をかしげた老人は、
数日後に刺殺体で発見される。

やがて、これらの言葉と度重なる霊現象が結びついた時、
孤独な少年の死に端を発した一連の事件にまつわる
驚愕の真実が明らかになる・・・。

================================================

モチーフは「東海道五十三次」。浮世絵です。
日本橋・品川宿・箱根・三島・沼津・庄野・蒲原・亀山・・・
これらの画を知っているともっと楽しめるかなぁ、と思いつつ
TVドラマと小説の違いを比較しながら楽しみました。

そして、探求所の「真備(まきび)」さん。
TVでは「渡辺篤」さんが演じられたんですが、
おかげで本もそのイメージで読んじゃった。ぴったり♪

また、作者と同じ名前の小説家「道尾」さんを、
平山浩行さんが演じられてましたが、良い感じのヘタレで
こちらも良い感じでした。
ただ、真備の助手「凛」さん(=成海璃子さん)は、
ちょっと若すぎたような(;^^)。

ただ、映像で見るより小説で読む方がイメージって
膨らみますよね。
映像だと、あからさま過ぎたり、↑の不思議な声も
すぐ見当がついちゃったんですよね(;^^)。
しかもTVでは分からなかった細かい部分も分かり、
読み終わった後は小説の方がなんか良かったです。

この真備さんはシリーズにもなっているそうなので、
続いて読んでみようと思っています。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 変死体(上)(下) パトリシアコーンウェル | Main | 骸の爪&花と流れ星 道尾秀介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

なんかコメント書けなくてすみません。霊の声かぁ・・

Posted by: セイレーン | July 17, 2012 at 10:10 PM

BSがうまく映る日と映らない日が・・・。
ケーブルテレビなのに・・・・。

Posted by: nanamama | July 16, 2012 at 11:02 PM

北海道から帰ってきました、とりあえず訪問まで☆☆

Posted by: オサムシ | July 16, 2012 at 08:08 PM

テレビでやったの知りませんでした。
BSは見逃してしまうことが多いです。

「東海道五十三次」いつも私のブログにコメントを下さる方が
歩かれたことがあるので、いつか歩いてみたいと思っているのですが。

Posted by: akiko21 | July 16, 2012 at 07:24 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55001546

Listed below are links to weblogs that reference 背の眼(上・下) 道尾秀介:

» 音色塾バックナンバー2011年10月号 [音色塾バックナンバー2011年10月号]
声からネガティブな要素を取り除く方法 [Read More]

Tracked on July 16, 2012 at 03:00 AM

« 変死体(上)(下) パトリシアコーンウェル | Main | 骸の爪&花と流れ星 道尾秀介 »