« 星間商事株式会社社史編纂室 三浦しをん | Main | 風が強く吹いている 三浦 しをん »

木暮荘物語 三浦しをん

こちらも図書館の「三浦しをんフェア」で見つけました。
「木暮荘物語」
  読了です。

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、
安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。
現在の住人は四人。
一階には、死ぬ前のセックスを果たす為に恋を求める
老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む
女子大生・光子。

二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだす
サラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を
想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。
その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、
かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、
繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。

一見平穏に見える木暮荘の日常。
しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が
痛烈な哀しみとしてにじみ出す。
それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる
人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる
他人との繋がりだった……。

===================================================

いやいや、こちらの本、図書館で立ち読みして最初の数頁で
「おっ、面白そう」と思って借りました。
半日で読了しちゃったんですが、うん良い話です。

「愛」についての短編集です。
老大家の木暮さんの回はちょっと気恥ずかしいですし、
「愛」「性」「セックス」について、ってあまり考えたことないし、
でも、物の見方が変わる、と言うか色々な形があり、
色々な思いがあり、色々な感情がある、ってのが
作品を通して伝わってきます。

ストーカーに覗き、と変態的な部分もありますが、
「花屋の女主人の回」は世の男性、必見だと思います♪

しかし、三浦先生の作品には放浪癖のある男性が
良く出てきます。
前回の「星間商事株式会社社史編纂室」もそうですし、
この作品もそう。

有川浩先生の「植物図鑑」や「クジラの彼」にもあるように、
放浪したっきり帰ってこない彼氏をどれだけ待つか??
そういう男性とつきあってみたいものです(;^^)。
自分にどれだけこらえ性があるか・・・。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 星間商事株式会社社史編纂室 三浦しをん | Main | 風が強く吹いている 三浦 しをん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

人との繋がりって大事ですよね。
両隣に誰が住んでいるか知りません…って世の中になりつつありますが、それでも震災の時などは、初めてまともに顔を合わせた人同士で協力したとかそういう話も聞きました。
因みに我が家は社宅なので、両隣どころか、全社宅の名簿があり、お互い知る者同士です。
煩わしい事がないとはいいませんが、結束もありますし、お互いの素性も知れてますし、心強いですね。

Posted by: 麻能 | July 11, 2012 at 11:18 PM

ぼろアパートかぁ やっぱりみんな昭和が好きなのかな・・

Posted by: セイレーン | July 11, 2012 at 09:26 PM

これはちょっと今は借りれないなぁ~
nanamamaが読んでいる本をnanagonも読みたがるので、せめて数年後にしないと。

Posted by: nanamama | July 11, 2012 at 06:17 PM

図書館 いつ以来 行ってないかな。

Posted by: オサムシ | July 11, 2012 at 12:11 AM

>放浪したまま戻ってこない彼氏・・・

いらんがな(^_^;)
私はスナフキン系の男より、
従順な犬タイプが好きです(^_^;)

Posted by: butaneko | July 11, 2012 at 12:08 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54878600

Listed below are links to weblogs that reference 木暮荘物語 三浦しをん:

« 星間商事株式会社社史編纂室 三浦しをん | Main | 風が強く吹いている 三浦 しをん »