« 背の眼(上・下) 道尾秀介 | Main | 三匹のおっさん ふたたび 有川浩 »

骸の爪&花と流れ星 道尾秀介

昨日ご紹介した「真備霊現象探求所」の
シリーズその2とその3の
「骸の爪」と「花と流れ星」
  読了です。

『骸の爪』
ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある
仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。
彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、
闇の中で血を流す仏像。
しかも翌日には仏師が一人消えていた。

道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、
瑞祥房を再訪し、その謎を探る。
工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい??

==========================================
『花と流れ星』
死んだ妻に会うために霊現象探求所を構えている真備。
その助手の凛と、彼女にほのかな思いを寄せる、
売れない作家・道尾。

3人のもとに、傷ついた心を持った人たちが訪れる。
友人の両親を殺した犯人を見つけたい少年、
自分のせいで孫を亡くした老人……。
彼らには誰にも打ち明けられない秘密があった。
人生の光と影を集めた、心騒ぐ5編。

==========================================

現在シリーズ3まで刊行されており、一気に読んじゃった。
シリーズ2の「骸の爪」は長編で、シリーズ3は短編集。
「骸の爪」は「背の眼」に負けないくらいおどろおどろしい(;^^)。
でも登場人物の哀しい想い、に静かに感動する作品です。

表題の「骸の爪」。作品中に「むくろになる」と言う言葉があるの。
むくろ=骸、って想像する関東人ですが、
滋賀県山中の瑞祥房で働くヒメばあさん、
彼女は京都の北育ちなんだそうです。彼女曰く「丹波弁」だと、
むくろ=もぐら なんだそうです。

方言、って不思議ですよね。
少し違うだけで全然違う意味に聞こえてしまう。
私が住む千葉県にも「房州弁」と言うのがありますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%BF%E5%B7%9E%E5%BC%81
wikiに載っている言葉の全てにピンと来る訳ではなく、
うちのジジババ位までしかわからないだろうなぁ、って感じ。
使う人も減りましたしね。

おっと、話がそれた。

で、この作品の根底にあるのは、「亡くした妻の霊と再会」。
なんとか霊現象の存在を明らかにしようと探求する真備。
シリーズ1の最後で、明らかになった事を道尾はナイショに
し続け「3」まで突っ走ってしまいました。

う~ん、いつまでも続いてほしいような、早く楽にしてあげたいような・・。
複雑な気分になる作品です。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 背の眼(上・下) 道尾秀介 | Main | 三匹のおっさん ふたたび 有川浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

方言って本当に不思議ですよね。

nanagonは今「松浦寿輝」の「川の光」を読んでいます。
本人いわく面白いらしいです。
突然本に目覚めたようでnanamamaは驚くばかりです。

Posted by: nanamama | July 18, 2012 at 12:03 AM

私茨城ですが、千葉と茨城だけで通じる言葉(方言とは違うでしょうが)とかありますよね。
マックスコーヒーって元々チバラキしかなかったと言われた時は超びっくりでした。

Posted by: 麻能 | July 17, 2012 at 11:21 PM

「おどろおどろしい」って(^^;)
読むのに勇気がいりますね(笑)

方言は、ご存知の通り?思いっきり博多弁です♪

Posted by: ジャズ | July 17, 2012 at 08:51 PM

方言 いろいろあって
面白いですね。

Posted by: オサムシ | July 17, 2012 at 06:35 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/55113770

Listed below are links to weblogs that reference 骸の爪&花と流れ星 道尾秀介:

« 背の眼(上・下) 道尾秀介 | Main | 三匹のおっさん ふたたび 有川浩 »