« 2012年6月のランチ 房総食彩 わいわい | Main | 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 »

犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介

あ、忘れてた。今回ハワイに持参した本です。
今回はジャズさんや現地集合の友人もいたので、
そんなに読まないだろうなぁ~、とこれだけ持参。

トヨエツの主演で映画化された原作
「犯人に告ぐ」
 読了です。


第7回(2005年) 大藪春彦賞受賞
川崎市で起きた連続児童殺害事件。
犯人=バットマンを名乗る手紙が捜査本部へ届くが、
捜査は行き詰まりを見せる。
神奈川県警は現役捜査官をテレビニュースに出演させるという
荒技に踏み切る。

白羽の矢が立ったのは、6年前に誘拐事件の捜査に失敗、
記者会見でも大失態を演じた巻島史彦警視だった―
犯人に寄り添うその姿勢に非難の声が上がり、
巻島の孤独な戦いは勝利に結びつくのか??
今、史上初の劇場型捜査が幕を開ける。

================================================

映画は見てないし、作者の方も知らないんですが、
古本屋さんでつい買ってしまった本です。(ずいぶん前にね)

これがね~、結構凄惨なんですわ。
6年前の誘拐事件から話は始まります。
犯人の執拗な振り回し作戦で悲劇の結果となる。
そして6年後、連続児童殺害事件が発生、
その犯人も捜査本部を手玉に取っていく・・・。

そこへ、いやな感じで関わってくる捜査本部のお偉方、
女々しい男の未練たっぷり、な策略に否応なしに
引きずり込まれたのが巻島。映画ではトヨエツでしたね。

引きずり込まれ、振り回され、もてあそばれたような彼が
最後に起死回生の一発をはかっていく!
途中の凄惨さはともかく、最後のまとめ方は大満足♪
読み応えのアル上下巻でした。

でも当分読み直しする事はないかなぁ(;^^)。
結構しんどいんだもん。

|

« 2012年6月のランチ 房総食彩 わいわい | Main | 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ハワイのようなリゾート地って、ゆっくり本を読んだりして過ごすのが贅沢~って最近思うようになりました。
最初の頃はとにかく出歩くことしか考えてなかったのですが。

千葉にお住まいだと、成田までも行きやすくていいですね~。
TDRもあるし、千葉っていいですよね。
実は私隣県在住です。
チバラキ県、なんて言われることもあるようですが、全然千葉の方が都会だと思います…

Posted by: 麻能 | June 26, 2012 at 11:48 PM

神奈川県警とか書いちゃうんですね。。
HP見てくださってありがとうございます^^

Posted by: セイレーン | June 26, 2012 at 10:28 PM

今日「お父さん、牛になる」を図書館に借りに行ったら休刊日で撃沈。
この本ちょっと気になっているんです。

Posted by: nanamama | June 26, 2012 at 09:48 PM

映画、見てませんが
なんか、怖そうです(^^;)
読み応えがあるのは良いけど、しんどいのは・・・。

Posted by: ジャズ | June 26, 2012 at 03:12 PM

映画の方も見てないです。

Posted by: オサムシ | June 26, 2012 at 06:37 AM

うぅ・・・しんどいんだぁ〜。
でも、これ映画を観たいと思っていて、まだ読書にハマっていなかった頃なので、本を読もうとまでは思っていませんでした。
上下巻なんですね。是非機会があったら読んでみたいです。

Posted by: mahalobunny | June 26, 2012 at 04:52 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54567684

Listed below are links to weblogs that reference 犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介 :

« 2012年6月のランチ 房総食彩 わいわい | Main | 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 »