« 犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介 | Main | 神様のカルテ1&2 夏川草介 »

赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」

さて、旅行記も終り、最近のマイブームである
「乱読」?「濫読」?(=らんどく)。
ネタになる~!からどんどん紹介していこうと思いますっ!

が、問題が1つ・・・。
今までは、このblogで書籍関係のカテゴリって
1つだけ、だったんです。
ところが既に1つのカテゴリで243冊!
更にこれから100冊以上の本を紹介していく、となると
分けた方が良い、ですよね??(;^^)。

作者別が良いか?ジャンル別が良いか?
私の相性別が良いか??お勧め度とかが良いか?
皆さんはどんな風に分かれていると良いですか??
(まぁどうでも良い話なんですけどね;^^)

==========================================

赤川次郎氏の本は同時期に数冊刊行されるので、
(そしてそれらは気付くと全て購入するので)
一度に紹介する機会が多く困りますわ(;^^)

3冊いっぺんに読了です。
    

「台風の目の少女たち」
須川安奈は山間の高校に通う十七歳。
東京の大学へ進学した章とは遠距離恋愛中。
ある日大型台風の接近で休校となり、
近くの体育館に母の弥生と避難してから、
大きく運命の歯車が狂い始める。

母は誰かと駆け落ちを計画しており、
章は都会風の美女・雅美と帰郷して来ることに・・・・・。
そして避難先の体育館では殺人事件まで起こってしまう! 
迫り来る嵐の中、安奈たちの未来はどうなるのか? 

「お手伝いさんはスーパースパイ!」
おっとりしたお嬢様の麗子と、不良な暴走族のたまり場
“暗黒通り”のボスとして君臨する双子の妹・美知。

見た目はそっくり、中身は真逆な姉妹を中心に
南条家はいつも賑やか。
そんな一家の名物お手伝いさん・春子は、
気は優しくて力持ち、少々おっちょこちょいだが
主人一家を愛する忠義者。

旅行中の一家の留守を預かることになるが、
その間に驚くべき事件が!同時に“暗黒通り”にも異変が。

「輪廻転生殺人事件」
「かな子が俺にたたりに来た」そう呻き
心臓発作で倒れた老警部。
人望厚い彼にはかつて、無実の罪で男を自殺に追い込んだ
過去があった(表題作)。

白亜の豪邸で惨殺された会社社長とその息子夫婦。
2人の孫も姿が見えず、大貫警部は
「一家皆殺しとは景気がいい!」と盛り上がる・・・

================================================
赤川氏の作品はいつでも読みやすいし、分かりやすい、
でも平易な文章の裏には彼なりの主張が隠れている・・
と私は思っています。

1冊目の単体読みきりですが、災害の起きた夜、と言う
設定ですが、内容は1人の少女の成長物語。
と言うか、登場人物全員それぞれ、の成長物語ですね。

次の2冊目の「南条姉妹」シリーズは1986年4月開始、
3冊目の「大貫警部」シリーズは1984年1月開始、と
かれこれ28年にもなるロングランシリーズです。
これもどれか一冊は読んだことのある本だと思いますが、
全て持っている人はそうそういないのでは?(;^^)。
私?はい勿論持ってます(^O^)/

「大貫警部」シリーズは歳を取らない設定で、
警部の部下、井上とその恋人直子は婚約者のまま
いつになっても結婚しないんですよね。

片や「南条姉妹」シリーズはお嬢様の麗子の方が
結婚・出産し、一人娘も小学生になってます。
それでも30年近くなるのにまだ小学生、ってことで
まぁ刊行作品が少ないせいもあるんですけどね(;^^)。

シリーズものは読み始めるまでは面倒なんですよね。
どれから読むか、とか考えちゃって。
でも読み始めると安定感があって穏やかに楽しめる・・。


以下にシリーズ一覧をUPしますので、機会があればぜひ。

「南条姉妹」シリーズ
ウェディングドレスはお待ちかね【1986年4月】
ベビーベットはずる休み【1991年4月】
スクールバスは渋滞中【1992年8月】
プリンセスはご・入・学【1995年2月】
マドモアゼル、月光に消ゆ【2001年3月】

「大貫警部」シリーズ
東西南北殺人事件【発売:1984年1月】
起承転結殺人事件【発売:1984年10月】
冠婚葬祭殺人事件【発売:1987年7月】
人畜無害殺人事件【発売:1988年6月】
結婚記念殺人事件【発売:1990年1月】
純情可憐殺人事件【発売:1990年9月】
豪華絢爛殺人事件【発売:1992年6月】
結婚記念殺人事件【発売:1992年10月】
妖怪変化殺人事件【発売:1993年10月】
ABCD殺人事件 【発売:2002年1月】
狂喜乱舞殺人事件【発売:2005年12月】

|

« 犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介 | Main | 神様のカルテ1&2 夏川草介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

赤川次郎って読みやすいですよね。
有名作家の中では最もスピードよく読めると思います。
ですので、病院の待ち時間には持っていかないようにしています…
すぐ読破しちゃうので、何冊も必要になっちゃうんですもの(笑)

Posted by: 麻能 | June 27, 2012 at 10:28 PM

「ウェディングドレスはお待ちかね」は読みました。シリーズになっていたのですね。^^。

Posted by: セイレーン | June 27, 2012 at 09:54 PM

作者別かお勧め度別がいいなぁ~
自分で嗅ぎ分ける能力を持っていないので是非お勧め度を活かして欲しいです。

Posted by: nanamama | June 27, 2012 at 05:58 PM

私のブログで旅行記ってカテゴリ ならすごい数に
なってしまいます。

Posted by: オサムシ | June 27, 2012 at 06:25 AM

シリーズ物好きです。
話が読み易いし、好きな主人公だったら尚更!
でも・・・私も今赤川次郎氏の本を読んでいるのですが(これで2冊目)、私的にはわかりにくい・・・。
この方の文章って、ひとりよがりな所がかなりあるように思うのは私だけでしょうか・・・?

私は、作者で検索する事が多いので、作者別だったらうれしいです♪

Posted by: mahalobunny | June 27, 2012 at 05:51 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54567713

Listed below are links to weblogs that reference 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」:

« 犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介 | Main | 神様のカルテ1&2 夏川草介 »