« 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 | Main | 『幸せの教室』 »

神様のカルテ1&2 夏川草介

昨日の「書籍」カテゴリの件、
皆様意見をありがとうございました。
作者別かお勧め別か・・・もしくはその両方か。
次回の休みの時にでも変更したいと思います。
それまでは、1カテゴリでお楽しみ下さい(^o^)。

--------------------------------------------
さて映画化にもなったこちらの作品、
「神様のカルテ」 「神様のカルテ2」
     読了しました。

【1】
栗原一止は信州の小さな病院で働く、
悲しむことが苦手な内科医である。
ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、
睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。

そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。
最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、
精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、
高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

【2】
医師の話ではない。人間の話をしているのだ。
栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の
「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。

新年度、本庄病院の内科病棟に新任の医師・進藤辰也が
東京の病院から着任してきた。
彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。
かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ
一止に対し、砂山は微妙な反応をする。
赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、
かつてのその姿からは想像もできないものだった。
そんななか、本庄病院に激震が走る。

=================================================

映画を先に見てしまったので、私の中では「桜井翔」くんと
「宮崎あおい」が固定してます(;^^)が、
本のイメージをうまく演じられてますね~。そのまま、です。
小説の中でもこの話し方かぁ~と最初は違和感が、
でも読み勧めるうちに気にならなくなりますね。

そして映画でも思わず泣いたように、小説でも泣きました。
特に【1】の安曇さんのくだりはもうボロボロと。
信州の澄んできれいな空が見えるかのようでした。
そして【2】での哀しい別れ。
頑張ってるのに認めてもらえない、って辛いですよね。

お医者さん、っていつから尊敬されなくなったのかな?
あ、勿論尊敬してますが、人によっては信じられない事を
病院で平気でする人もいますよね?
救急車とかも、大したことないのに呼ぶ人もいるし。
勿論昔のように無条件に信じるべき、とは思わないけど、
人の命を預かる仕事はそれだけで大変だと思います。

そんな医者の悩み、思いをあます事なく書きしるし、
なぜ医者を続けていられるのか、を教えてくれる
良品ですね。

|

« 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 | Main | 『幸せの教室』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

医者といっても 人間的にすばらしい人ばかりでもない気がします。
無免許医師=「話をよく聞いてくれるよいセンセイでした」なんてコメントもありましたからねー
まあ それは医者に期待するものが大きすぎるのか。。。

Posted by: | June 29, 2012 at 03:20 PM

本当に本をたくさんお読みなんですね。
赤川次郎さんの単行本、殆ど全部持っていらっしゃるとは!
図書館より揃っていますね。
たまたま実家にあったことから、三毛猫シリーズがとても好きです!

Posted by: 麻能 | June 28, 2012 at 10:23 PM

あっ、どこかで聞いたことあるタイトルと思ったら「桜井翔」くんと「宮崎あおい」さんの映画でしたね。

記事読んだら映画も見てみたくなりました。

Posted by: nanamama | June 28, 2012 at 12:53 PM

神様のカルテ ipadの
無料のダウンロードがあって
入れているのですが、全く読んでないです。

Posted by: オサムシ | June 28, 2012 at 06:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54776552

Listed below are links to weblogs that reference 神様のカルテ1&2 夏川草介:

« 赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」 | Main | 『幸せの教室』 »