« ハワイ旅行記1204 Chuck's Cellar | Main | おそろし/あんじゅう 宮部みゆき »

『宇宙兄弟』

最近の邦画が結構面白いっ!で
こちら『宇宙兄弟』に行って来ました。

Photo_2

[監]森義隆
[出]小栗旬、岡田将生、麻生久美子、堤真一
[配給会社] 2012日本/東宝
[上映時間] 129分

子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟
ムッタとヒビト。
時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて
宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され
意気消沈していた。
互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、
弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく
再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

===============================================

漫画は知らないんですが、映画館に漫画原稿が展示されてて
それ見ると、「あらそっくり」ってね。

しっかりした弟、っているんですよね~。
まぁそれに引きづられてるムッタもなかなかの頑張りやさん。
なのに、弟をバカにされ、5年かけたプロジェクトを中止され、
ついつい部長に頭突きをくらわし(;^^)クビに。

ヒビト曰く「5年ぶりの宇宙飛行士募集にあわせて
無職になるなんてさすがムッちゃん」ってね。
で、まぁ弟は月へ、兄はJAXAの最終試験へと向かい・・・

クライマックスは~_| ̄|○ ですっ。
月ってさ、地球の1/6の重力しかないんよ?
って事は90kgの男性も15kgでしかない。
なのに、そのクライマックスかぁ・・・ってね。

すっごく楽しくて、面白くて、Enjoyしてたんですが、
そこだけ、がね。
でもまぁ全体的に良くできてます。
NASAの協力を得て撮影されており、迫力もありました。

宇宙かぁ~、ハヤブサや金環日食、天体の色々な話題を
Newsで聞くので、若者には興味を持って欲しいですね。

|

« ハワイ旅行記1204 Chuck's Cellar | Main | おそろし/あんじゅう 宮部みゆき »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

ふ~ん そういう話なんですかー 宇宙といえば・・
オリオン座とか歌にでてくるんですが オリオン座って何だっけ・・と あとで調べようと思っても オリオン座が何かわかっても ふーん。。で終わるな。。と結局 調べなかったりします。^^。

Posted by: セイレーン | June 15, 2012 at 10:56 PM

浅見光彦みたいに『賢兄愚弟』はよく題材になりますが、逆なんですね。
小栗旬がダメ兄、というのが「出来る男!」よりもチャレンジしてるなぁと感じます。

Posted by: 麻能 | June 15, 2012 at 09:30 PM

これ結構気になっています。
最近映画館に行く機会がなくって残念です。

Posted by: nanamama | June 15, 2012 at 12:36 PM

そのクライマックス関連は尺の都合上原作から大幅に改変されていて正直完成度が原作よりだいぶ落ちていたのがちょっと自分も残念でした。原作の方は話の作りがしっかりしていますので映画に不満でしたら原作を読まれてみる事をお勧めします。

Posted by: ジンガ | June 15, 2012 at 12:31 PM

何かで観た事あります。
ちょっと気になる・・・。
私は邦画結構好きです♪

Posted by: mahalobunny | June 15, 2012 at 01:20 AM

宇宙兄弟 ちょっと見てみたいです。

Posted by: オサムシ | June 15, 2012 at 12:29 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54758730

Listed below are links to weblogs that reference 『宇宙兄弟』:

» 宇宙兄弟 [風に吹かれて]
宇宙に行くぞ!公式サイト http://www.spacebrothers-movie.com小山宙哉の同名コミックを映画化主題歌: ウォーターフォー~一粒の涙は滝のごとく (コールドプレイ)幼い頃に [Read More]

Tracked on June 15, 2012 at 02:53 PM

« ハワイ旅行記1204 Chuck's Cellar | Main | おそろし/あんじゅう 宮部みゆき »