« 『宇宙兄弟』 | Main | 愛しの座敷わらし 荻原 浩 »

おそろし/あんじゅう 宮部みゆき

図書館でこちら2冊のハードカバーを借りた数日後、
「おそろし」の方が文庫本で発売され、
慌てて購入して、文庫本を読了しました((^┰^))ゞ テヘヘ
 

「おそろし 三島屋変調百物語事始」

17歳のおちかは、ある事件を境に、
ぴたりと他人に心を閉ざした。
ふさぎ込む日々を、叔父夫婦が江戸で営む袋物屋
「三島屋」に身を寄せ、黙々と働く事でやり過ごしている。

ある日、叔父の伊兵衛はおちかに、
これから訪ねてくるという客の応対を任せると告げ、
出かけてしまう。
客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていき、
いつしか次々に訪れる客のふしぎ話は、
おちかの心を溶かし始める。三島屋百物語、ここに開幕。

「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」

さあ、おはなしを続けましょう。
三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、
みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。
ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、
百物語のはじまり、はじまり。

================================================
宮部氏の作品で「霊験お初」シリーズがあります。
これが大好きで大好きで、どうなるのか?楽しみでした。
が、最新作がなかなか出ないので、淋しく思っていた処、
インタビューで答えてたんですね。
「もう霊験お初には戻れません」と・・・。
Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
せめてある程度完結させて終わって欲しかった・・・

彼女にそう言わしめさせた「あかんべえ」があり、
今回の2作「おそろし」と「あんじゅう」があるのです。

「おちか」の身に起こった事件は哀しく辛い、
17歳のみそらで、人生の苦渋を味わってしまった彼女、
そんな彼女の元には不思議な話が集まってきます。

「おそろし」で完結したかのように見えたお話ですが、
「あんじゅう」ではまた違う展開に向かっていきます。
この「あんじゅう」は泣けましたね~、物悲しさが辛い!
そしてこの2作品、大満足ですっ!

時代劇はちょっと・・・と思う方には敷居が高いかも、ですが
彼女の作品、時代劇の方が好きになってきています。
どんどん読みたいよぉ~!!

|

« 『宇宙兄弟』 | Main | 愛しの座敷わらし 荻原 浩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ちょっと奇妙でぞぉっと怖い…

私には読めません。
何しろ、金田一少年を読むだけで、夜廊下に出れなくなるくらいですから…

Posted by: 麻能 | June 16, 2012 at 09:27 PM

時代物はテレビになると好んで見ますが、本だとなかなか読めません。

Posted by: nanamama | June 16, 2012 at 05:12 PM

時代物って、ちょっと難しくて・・・。
読むのに時間がかかっちゃうんえすよね。
元気になる爽快感があるお話が好きです(^-^)

Posted by: ジャズ | June 16, 2012 at 04:09 PM

そーなんですよねぇ〜。時代物が多いと感じます。
でも・・・時代物苦手なんですよね・・・笑。

日本のバームクーヘンはしっとりしているので美味しいですが、確かにこれはパサパサで飲み物が進みましたわ♪

Posted by: mahalobunny | June 16, 2012 at 12:34 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54776538

Listed below are links to weblogs that reference おそろし/あんじゅう 宮部みゆき:

« 『宇宙兄弟』 | Main | 愛しの座敷わらし 荻原 浩 »