« May 2012 | Main | July 2012 »

30 posts from June 2012

夜は短し歩けよ乙女  森見 富美彦

以前ツボさんが読んでいた本、とうとう手に取りました。
「夜は短し歩けよ乙女 森見 富美彦」 

 読了です。

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、
夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、
彼女の姿を追い求めた。

二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす
珍事件の数々、そして運命の大転回だった!

==============================================

天然キャラ女子に萌える男子の純情!
キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

と作品紹介にあるんですが・・・・
う~ん、これは無理っす、私には。
天然キャラ、って言うか不思議ちゃん?!でしょ。

神様のカルテと作風が似ているような似てないような・・
でも題材が違うせいか、私は神様のカルテの方が好き。
ううん、ず~~~~っと好き。

なんていうんでしょ?不思議な行動から珍事件へ、
それを助長させるは、不思議な面々・・・。
風邪大流行、ってどんなんやねん・・・(;^^)。

あ”~、こういう不思議系はホントだめっした。
という事で感想も尽きますわ・・・。(*_ _)人ゴメンナサイ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『幸せの教室』

こちらの映画に行って来ました~。
『幸せの教室』です。

Photo

原題: LARRY CROWNE
[監]トム・ハンクス
[出]トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ
   ブライアン・クランストン セドリック・ジ・エンターテイナー
   タラジ・P・ヘンソン ググ・バサ=ロー
   ウィルマー・バルデラマ パム・グリア ジョージ・タケイ
   リタ・ウィルソン
[配給会社] 2011アメリカ/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
[上映時間] 98分

ラリー・クラウン(トム・ハンクス)は、大学を出ていないと
いう理由から長きにわたって勤務してきたスーパーを
リストラされてしまう。

その後、隣に住む夫婦の勧めで地元の大学に通うことに。
大学での新生活に希望を抱くラリーだったが、
ラリーを教える教師のメルセデス(ジュリア・ロバーツ)は
仕事への情熱を失っていた。しかし、
そんな二人の出会いがお互いの人生を大きく変えていく。

================================================

「2大スター競演!」とのコピーでかなり宣伝は派手でした。
が、う~ん、ちょっとな、ってのが率直な印象。

日本とアメリカの大学のシステムがちょっと違う、ってのも
なじめない要因なのかなぁ、とか
(私が通っていた大学では、当時、聴講生的なものなら、
1科目からでも履修できましたが、ほとんどいなかったし。)

メルセデス先生の堕落さがひどすぎるからか、とか
色々考えてはみたんですが、うん中途半端でした。

TVCMはね、面白かったの。
だから、期待して行ったんですが、荒さが目について・・。

「事実は小説より奇なり」とは良く言うもので、
コロンビア大学で19年間用務員として働いてきた男性が、
そのコロンビア大学をトップの成績で卒業すると言うNews。
こちらの方がすごいよなぁ、みたいな。

日本の大学って確か在籍期間8年だった気が(;^^)
(私が通っていた処は通っていた当時8年でした)
なのに12年間通えるなんて~、なんてヘンなところに
感動してしまいましたわ(^o^)

と、話が飛びましたが、DVDで十分ですかな(;^^)。
(あ、しかも旧作値段になったら、で)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

神様のカルテ1&2 夏川草介

昨日の「書籍」カテゴリの件、
皆様意見をありがとうございました。
作者別かお勧め別か・・・もしくはその両方か。
次回の休みの時にでも変更したいと思います。
それまでは、1カテゴリでお楽しみ下さい(^o^)。

--------------------------------------------
さて映画化にもなったこちらの作品、
「神様のカルテ」 「神様のカルテ2」
     読了しました。

【1】
栗原一止は信州の小さな病院で働く、
悲しむことが苦手な内科医である。
ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、
睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。

そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。
最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、
精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、
高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

【2】
医師の話ではない。人間の話をしているのだ。
栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の
「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。

新年度、本庄病院の内科病棟に新任の医師・進藤辰也が
東京の病院から着任してきた。
彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。
かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ
一止に対し、砂山は微妙な反応をする。
赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、
かつてのその姿からは想像もできないものだった。
そんななか、本庄病院に激震が走る。

=================================================

映画を先に見てしまったので、私の中では「桜井翔」くんと
「宮崎あおい」が固定してます(;^^)が、
本のイメージをうまく演じられてますね~。そのまま、です。
小説の中でもこの話し方かぁ~と最初は違和感が、
でも読み勧めるうちに気にならなくなりますね。

そして映画でも思わず泣いたように、小説でも泣きました。
特に【1】の安曇さんのくだりはもうボロボロと。
信州の澄んできれいな空が見えるかのようでした。
そして【2】での哀しい別れ。
頑張ってるのに認めてもらえない、って辛いですよね。

お医者さん、っていつから尊敬されなくなったのかな?
あ、勿論尊敬してますが、人によっては信じられない事を
病院で平気でする人もいますよね?
救急車とかも、大したことないのに呼ぶ人もいるし。
勿論昔のように無条件に信じるべき、とは思わないけど、
人の命を預かる仕事はそれだけで大変だと思います。

そんな医者の悩み、思いをあます事なく書きしるし、
なぜ医者を続けていられるのか、を教えてくれる
良品ですね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

赤川次郎氏の「台風の目・・」「お手伝いさん・・」「輪廻転生・・・」

さて、旅行記も終り、最近のマイブームである
「乱読」?「濫読」?(=らんどく)。
ネタになる~!からどんどん紹介していこうと思いますっ!

が、問題が1つ・・・。
今までは、このblogで書籍関係のカテゴリって
1つだけ、だったんです。
ところが既に1つのカテゴリで243冊!
更にこれから100冊以上の本を紹介していく、となると
分けた方が良い、ですよね??(;^^)。

作者別が良いか?ジャンル別が良いか?
私の相性別が良いか??お勧め度とかが良いか?
皆さんはどんな風に分かれていると良いですか??
(まぁどうでも良い話なんですけどね;^^)

==========================================

赤川次郎氏の本は同時期に数冊刊行されるので、
(そしてそれらは気付くと全て購入するので)
一度に紹介する機会が多く困りますわ(;^^)

3冊いっぺんに読了です。
    

「台風の目の少女たち」
須川安奈は山間の高校に通う十七歳。
東京の大学へ進学した章とは遠距離恋愛中。
ある日大型台風の接近で休校となり、
近くの体育館に母の弥生と避難してから、
大きく運命の歯車が狂い始める。

母は誰かと駆け落ちを計画しており、
章は都会風の美女・雅美と帰郷して来ることに・・・・・。
そして避難先の体育館では殺人事件まで起こってしまう! 
迫り来る嵐の中、安奈たちの未来はどうなるのか? 

「お手伝いさんはスーパースパイ!」
おっとりしたお嬢様の麗子と、不良な暴走族のたまり場
“暗黒通り”のボスとして君臨する双子の妹・美知。

見た目はそっくり、中身は真逆な姉妹を中心に
南条家はいつも賑やか。
そんな一家の名物お手伝いさん・春子は、
気は優しくて力持ち、少々おっちょこちょいだが
主人一家を愛する忠義者。

旅行中の一家の留守を預かることになるが、
その間に驚くべき事件が!同時に“暗黒通り”にも異変が。

「輪廻転生殺人事件」
「かな子が俺にたたりに来た」そう呻き
心臓発作で倒れた老警部。
人望厚い彼にはかつて、無実の罪で男を自殺に追い込んだ
過去があった(表題作)。

白亜の豪邸で惨殺された会社社長とその息子夫婦。
2人の孫も姿が見えず、大貫警部は
「一家皆殺しとは景気がいい!」と盛り上がる・・・

================================================
赤川氏の作品はいつでも読みやすいし、分かりやすい、
でも平易な文章の裏には彼なりの主張が隠れている・・
と私は思っています。

1冊目の単体読みきりですが、災害の起きた夜、と言う
設定ですが、内容は1人の少女の成長物語。
と言うか、登場人物全員それぞれ、の成長物語ですね。

次の2冊目の「南条姉妹」シリーズは1986年4月開始、
3冊目の「大貫警部」シリーズは1984年1月開始、と
かれこれ28年にもなるロングランシリーズです。
これもどれか一冊は読んだことのある本だと思いますが、
全て持っている人はそうそういないのでは?(;^^)。
私?はい勿論持ってます(^O^)/

「大貫警部」シリーズは歳を取らない設定で、
警部の部下、井上とその恋人直子は婚約者のまま
いつになっても結婚しないんですよね。

片や「南条姉妹」シリーズはお嬢様の麗子の方が
結婚・出産し、一人娘も小学生になってます。
それでも30年近くなるのにまだ小学生、ってことで
まぁ刊行作品が少ないせいもあるんですけどね(;^^)。

シリーズものは読み始めるまでは面倒なんですよね。
どれから読むか、とか考えちゃって。
でも読み始めると安定感があって穏やかに楽しめる・・。


以下にシリーズ一覧をUPしますので、機会があればぜひ。

「南条姉妹」シリーズ
ウェディングドレスはお待ちかね【1986年4月】
ベビーベットはずる休み【1991年4月】
スクールバスは渋滞中【1992年8月】
プリンセスはご・入・学【1995年2月】
マドモアゼル、月光に消ゆ【2001年3月】

「大貫警部」シリーズ
東西南北殺人事件【発売:1984年1月】
起承転結殺人事件【発売:1984年10月】
冠婚葬祭殺人事件【発売:1987年7月】
人畜無害殺人事件【発売:1988年6月】
結婚記念殺人事件【発売:1990年1月】
純情可憐殺人事件【発売:1990年9月】
豪華絢爛殺人事件【発売:1992年6月】
結婚記念殺人事件【発売:1992年10月】
妖怪変化殺人事件【発売:1993年10月】
ABCD殺人事件 【発売:2002年1月】
狂喜乱舞殺人事件【発売:2005年12月】

| | Comments (5) | TrackBack (0)

犯人に告ぐ(上)(下) 雫井 脩介

あ、忘れてた。今回ハワイに持参した本です。
今回はジャズさんや現地集合の友人もいたので、
そんなに読まないだろうなぁ~、とこれだけ持参。

トヨエツの主演で映画化された原作
「犯人に告ぐ」
 読了です。


第7回(2005年) 大藪春彦賞受賞
川崎市で起きた連続児童殺害事件。
犯人=バットマンを名乗る手紙が捜査本部へ届くが、
捜査は行き詰まりを見せる。
神奈川県警は現役捜査官をテレビニュースに出演させるという
荒技に踏み切る。

白羽の矢が立ったのは、6年前に誘拐事件の捜査に失敗、
記者会見でも大失態を演じた巻島史彦警視だった―
犯人に寄り添うその姿勢に非難の声が上がり、
巻島の孤独な戦いは勝利に結びつくのか??
今、史上初の劇場型捜査が幕を開ける。

================================================

映画は見てないし、作者の方も知らないんですが、
古本屋さんでつい買ってしまった本です。(ずいぶん前にね)

これがね~、結構凄惨なんですわ。
6年前の誘拐事件から話は始まります。
犯人の執拗な振り回し作戦で悲劇の結果となる。
そして6年後、連続児童殺害事件が発生、
その犯人も捜査本部を手玉に取っていく・・・。

そこへ、いやな感じで関わってくる捜査本部のお偉方、
女々しい男の未練たっぷり、な策略に否応なしに
引きずり込まれたのが巻島。映画ではトヨエツでしたね。

引きずり込まれ、振り回され、もてあそばれたような彼が
最後に起死回生の一発をはかっていく!
途中の凄惨さはともかく、最後のまとめ方は大満足♪
読み応えのアル上下巻でした。

でも当分読み直しする事はないかなぁ(;^^)。
結構しんどいんだもん。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2012年6月のランチ 房総食彩 わいわい

さて、旅行記も終わってしまったので、
今日は週末ランチネタ、です。
行くお店が変わったりした訳ではないですが、
久しぶりの紹介なので・・・

『房総食彩 わいわい』 です。

千葉県千葉市中央区富士見2-1-1
ニュー千葉ビル1号館4F
JR千葉駅東口徒歩1分
TEL:050-5816-1416
ランチ  11:30~15:00
ディナー 16:30~23:30(ラストオーダー23:00)

和食から中華・洋食(パスタ)まで色々メニューが選べて
結構のんびり&ゆったりできるお店なんです。
今回のチョイスは「日替わり 松花堂弁当」です。

Nikon_001

塗りのお膳に入っている和食詰め合わせ♪
メインは「生姜焼き」です。
Nikon_004

お刺身は3点盛。この日は「サーモン」入ってました♪
(サーモン大好き人間σ(^_^)アタシ)Nikon_003

これに食後のドリンク(コーヒー)がついて980円(^ー^)y
ここで13時半頃から15時ぎりぎりまでお喋りをして過ごし、
隣のビルのコーヒー屋さんへ場所を移動して2次会。
なんと!「20時過ぎ」までお喋りしてましたわ(;^^)。

女性の話題、ってコロコロ変わりますよね?
で、女性ってそれについていけてるんですよね~。
喋りながらも「多分隣の男性、あきれてるだろなぁ」
なんて考える余裕まであるわけですね、うん。

小説本から最近買ったおもちゃ(あ、比喩です、比喩)、
映画の話にTVドラマの話、飼っているペットの話から、
職場の話に政治の話・・・。
さらにはトラウマ話まで飛び出した日にゃ・・・

途中で喉もかれましたね・・・。
ビール飲んじゃえば良かったなぁ~(;^^)。
でもたまにはこういう時間がないとねっ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 最後。

写真は撮ったんだけど、イマイチな写りだったり、
情報が少なすぎて記憶がなくなっていたり(;^^)で
中途半端な写真ばかりになってきたので、
旅行記の〆、します。

2012年4月ハワイの清算報告です。

JAL航空券   94,660円
ホテル代   44,137円
滞在中食費   25,000円
滞在中娯楽   35,000円
土産代   40,000円
合計 約240,000円

です。
前回(2011年10月)滞在時より安くあがりました。
まぁ、前回は高いお買い物したせいもありますが(;^^)。

友人たちへのお土産はこんな感じ。
Nikon_250

OPIのハンドクリーム(右下)は安かったの♪
いかにも「ハワイ!」な匂いばかりです。
ハワイで買うハンドクリームってサラッとしたつけ心地で
手がベタベタしないから好きなんですよね~。

KONA BAR(左下)は今回ABCストアで初お目見え。
味は3種類です。
それとBIG ISLANDクッキー(右上)も。
フードパントリーで買うよりABCストアの方が安かったです。
DOLEのバナナチップスやドライパイナップルは
ちょっとしたおつまみでつまんじゃいますよね。
もちろん、DOLEのわさび味のナッツも。
今回ABCストアにはDOLEの製品がたくさん並んでおり、
色々購入してみました。

そして、最後に「虹を見たらもう一度ハワイへ来る」迷信通り
Nikon_178

今回も無事見られました♪ちょっと雲が多すぎましたけど。

ホテルの部屋は山側でしたので、こんな写真も取れました。
Nikon_183

朝早くじゃないとダメだけどね(;^^)
次回は10月、を考えていますが、どうなるかなぁ?
今から上司にはクギさしておこうかな(;^^)。
でも「そんな社員はいらない!」と言われても困るしなぁ。

という事で長々とおつきあい頂き、ありがとうございました。
明日からは・・・「やっぱ【書籍記事】だろうなぁ~(;^^)」。
おつきあいくださいませ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 プロテア

さて、2日続いてしまいますが、
ハワイ滞在中に習って&作成したリボンレイの中で
こちらは異色の小物編、「プロテア」です。

Nikon_272

こちらは、後ろに髪用のゴムをつけてあります。
もちろん、コンコルドクリップなどにつけても良いかと。
(ゴムだと結ぶのにお花をつぶしちゃいそうなので、
クリップにすれば良かったなぁ、と今は思ってます)

「プロテア」と言うお花はこんなのです。



左のお花に近いですよね?
私は最初、「彼岸花に似てるなぁ」なんて考えてました(;^^)
(ホント、センス一切ない人間ですよね)

Nikon_270

ちなみにこちらは到着日の午後、ジャズさんと別行動した際に
習ってきました。
到着日は時差ぼけしてるし、これくらいが丁度良いか、と。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 プルメリア

さて、本日はリボンレイの回。
今滞在中に教わった3本目のレイは
「プルメリア」です。
結構ずっしりと重いレイです。

Nikon_259

以前にも「プルメリア」のレイは作っています
有名なハワイのお花だけあって、色々な種類があるんです。
Nikon_261

こちらも4種類のリボンをひたすらカットして作ります。
これは意外と時間がかかりました~。
滞在中には仕上がらず、帰国後に完成させました。

最近日本ではご無沙汰してしまっているリボンレイ。
再開しなくちゃなぁ、と思いつつ毎日があっという間。
歳とると、ホント毎日が早いですね(;^^)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 『ファミリー・ツリー』

さぁ今日はまた映画ネタ。
機内映画でこちらを観ました。
『ファミリー・ツリー』です。
Photo_2

2011 アメリカ
Nikon_248

「ハワイに暮らしていても人生は楽じゃない」

うん、そうでしょうね。
「楽園」と言われるハワイでも人々が生活する以上、
一通りの事は起きるはず。

でも、奥さんが事故で昏睡状態、しかも浮気してた、って、
一族が保持し続けている広大な土地の売却を検討って、
散々ですよね・・・。

そんな散々な人生をパパであり、夫であるマットは
頑張ってます。
奥さんの浮気相手を調査したり、またそいつが
ああいう事を考えていたのか、って裏が分かったり、
さらにその相手の奥さんが・・・、って。

ただね、映画の中では昏睡状態の奥さんの尊厳死も
あるんです。
人工呼吸器を止める、数日後には息を引き取る・・・。
そんなシリアスな中、ところどころクスッと笑いが出るの。
なんかそういう処にハワイっぽさを感じてしまいました。

機内で見たけど、大画面でハワイを満喫したかったかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 アイスプラント

さて、1日おいて、今日のレイはこちら。
「アイスプラント」です。
Nikon_265

私、「アイスプラント」と聞いて最初に思ったのがこちら。


メタボリックに効果が期待されるとの情報もあり、
中性脂肪を抑制するミオイノシトール、
血糖値を下げる効果のあるピニトールという成分が
含まれている野菜。

食べると自然な塩分があり、葉や茎の表面には
キラキラとした液胞があり、プチプチはじける食感。

つい最近我が家に大量にあったんですよね(;^^)。
もちろんこんなのがレイになる訳ないので、
本当はこんなお花だそうです。

Babysun

間にビーズを入れてあります。
Nikon_266

手法は珍しくて、慣れるまで 苦労しましたが、結構好きかも。
ちょっと細めなので、ボリュームはありませんが、
滞在中に何とか完成させました♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 『アーティスト』

さて今週はリボンレイと機内で見た映画を交互に紹介。
レイばかり紹介しても飽きますよね??
で、『アーティスト』です。

Photo

2011仏
Nikon_247

モノクロでサイレントの映画。
英会話の先生がすきそうだよなぁ~と思いつつ
機内の小さい画面ではちょっと厳しかった(;^^)。

お話は単純なんですよね。
サイレントからトーキーへ映画が移行する1920年代。
俳優さん&女優さんの浮き沈みと恋愛を描いた作品。

サイレント(無声映画)って、TVでしか見たことないです。
(あ、当たり前か?;^^)。
日本では「弁士」さんがいて、映像の横で喋ったりと言う
映像は観たことありますけど。
1930年代位までは作られたそうですが、その後はトーキー
(音声有映画)に取って代わられたそうです。

吸血鬼ノスフェラトゥ(1922年、ドイツ、F・W・ムルナウ監督)
とか、チャップリン映画なんかはTVで見ましたっけ。
当時はそれでも面白かったよなぁ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 ミニチュアハイビスカス

さて、旅行記もほとんど紹介し終わったかなぁ、って感じ。
さすがに2ヶ月以上前の話なので、そろそろ終わりにしようと
思っています。
今週は今回習ってきたハワイアンリボンレイをお送りします。
今日は「ミニチュアハイビスカス」です。

Nikon_267


ハイビスカス、ってどんなお花だっけ??
って方にはこちらの写真を。

手軽にリゾート気分♪ミニ・ハイビスカス

手軽にリゾート気分♪ミニ・ハイビスカス
価格:1,050円(税込、送料別)


まぁ有名なお花ですから、大丈夫でしょうが(;^^)。
UPにした写真がこちら。
Nikon_268

こちらのお花、リボンをカット するのは大変ですが、
カットしてしまえば、ステッチをしっかりすればキレイに
できあがります♪

ただレイで作るより、バッグチャームとかにした方が良いかも。
レイは日本じゃまず使いませんしね~(;^^)。
バッグチャームにしてみよう、その内(;^^)。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

愛しの座敷わらし 荻原 浩

水谷豊さん主演で映画化されたこちらの原作
「愛しの座敷わらし 荻原 浩 」
  読了です。

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。
一緒にいるから、家族になるのだ。
東京から田舎に引っ越した一家が、
座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、
ささやかな希望と再生の物語。

======================================
我が家もこの作品に出てくるような「古民家」です。
でも東北ではないので、座敷わらし、とはご縁がなく・・
ご先祖様もいるのか?いないのか??って感じで
タダ古いだけ、か??ってね。

で、東京からそんな古民家(それも東北の片田舎)へ
引っ越す、って言うから家族は大反対。
しかも、マンションの予定がお父さん、先走り~。
古民家に住む契約まで終わらせちゃった!

携帯から顔を上げない娘、過保護にうんざりの息子、
ばらばらな家族に現実逃避したくなる妻・・・
みんな何か問題を抱えているんですよね。
大なり小なり色々あるんですよね。

だけど、田舎の大きさは全てを包み込む、
田舎でできた友人は濃いつながりとなる、
田舎の不思議さは全てを開放する・・・。

カワイイのね。座敷わらし。
ケロヨンのおもちゃが好きで、剣玉がやりたいのに
うまくできない、お出かけしてみたいけど家から出られない。
お母さんの背中におんぶしてみたり(おかげで肩凝り倍増)
そんな座敷わらしが起こす奇跡、はぜひ作品で
お楽しみ下さい(^o^)。

映画もぜひ見に行きたいと思っていたんですが・・・
意外と上映時間が合わず、無理だった_| ̄|○。
TVで放映されるのを待つことにします。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

おそろし/あんじゅう 宮部みゆき

図書館でこちら2冊のハードカバーを借りた数日後、
「おそろし」の方が文庫本で発売され、
慌てて購入して、文庫本を読了しました((^┰^))ゞ テヘヘ
 

「おそろし 三島屋変調百物語事始」

17歳のおちかは、ある事件を境に、
ぴたりと他人に心を閉ざした。
ふさぎ込む日々を、叔父夫婦が江戸で営む袋物屋
「三島屋」に身を寄せ、黙々と働く事でやり過ごしている。

ある日、叔父の伊兵衛はおちかに、
これから訪ねてくるという客の応対を任せると告げ、
出かけてしまう。
客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていき、
いつしか次々に訪れる客のふしぎ話は、
おちかの心を溶かし始める。三島屋百物語、ここに開幕。

「あんじゅう 三島屋変調百物語事続」

さあ、おはなしを続けましょう。
三島屋の行儀見習い、おちかのもとにやってくるお客さまは、
みんな胸の内に「不思議」をしまっているのです。
ほっこり温かく、ちょっと奇妙で、ぞおっと怖い、
百物語のはじまり、はじまり。

================================================
宮部氏の作品で「霊験お初」シリーズがあります。
これが大好きで大好きで、どうなるのか?楽しみでした。
が、最新作がなかなか出ないので、淋しく思っていた処、
インタビューで答えてたんですね。
「もう霊験お初には戻れません」と・・・。
Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!
せめてある程度完結させて終わって欲しかった・・・

彼女にそう言わしめさせた「あかんべえ」があり、
今回の2作「おそろし」と「あんじゅう」があるのです。

「おちか」の身に起こった事件は哀しく辛い、
17歳のみそらで、人生の苦渋を味わってしまった彼女、
そんな彼女の元には不思議な話が集まってきます。

「おそろし」で完結したかのように見えたお話ですが、
「あんじゅう」ではまた違う展開に向かっていきます。
この「あんじゅう」は泣けましたね~、物悲しさが辛い!
そしてこの2作品、大満足ですっ!

時代劇はちょっと・・・と思う方には敷居が高いかも、ですが
彼女の作品、時代劇の方が好きになってきています。
どんどん読みたいよぉ~!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

『宇宙兄弟』

最近の邦画が結構面白いっ!で
こちら『宇宙兄弟』に行って来ました。

Photo_2

[監]森義隆
[出]小栗旬、岡田将生、麻生久美子、堤真一
[配給会社] 2012日本/東宝
[上映時間] 129分

子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟
ムッタとヒビト。
時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて
宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され
意気消沈していた。
互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、
弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく
再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

===============================================

漫画は知らないんですが、映画館に漫画原稿が展示されてて
それ見ると、「あらそっくり」ってね。

しっかりした弟、っているんですよね~。
まぁそれに引きづられてるムッタもなかなかの頑張りやさん。
なのに、弟をバカにされ、5年かけたプロジェクトを中止され、
ついつい部長に頭突きをくらわし(;^^)クビに。

ヒビト曰く「5年ぶりの宇宙飛行士募集にあわせて
無職になるなんてさすがムッちゃん」ってね。
で、まぁ弟は月へ、兄はJAXAの最終試験へと向かい・・・

クライマックスは~_| ̄|○ ですっ。
月ってさ、地球の1/6の重力しかないんよ?
って事は90kgの男性も15kgでしかない。
なのに、そのクライマックスかぁ・・・ってね。

すっごく楽しくて、面白くて、Enjoyしてたんですが、
そこだけ、がね。
でもまぁ全体的に良くできてます。
NASAの協力を得て撮影されており、迫力もありました。

宇宙かぁ~、ハヤブサや金環日食、天体の色々な話題を
Newsで聞くので、若者には興味を持って欲しいですね。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ハワイ旅行記1204 Chuck's Cellar

さて、アメリカの食事と言えば「肉!」ですが、
今回、ガツンと行きました!

Chucks Cellar チャックス・セラーをご紹介します。
Address: 150 Kaiulani Ave.Honolulu, HI 96815
TEL:(808)923-4488
URL:www.restaurantswaikiki.com/ChucksCellar.htm

こちらはオハナイーストホテルの地下にあります。
珍しいことですが「予約不可」。
Webサイトにも書かれています。

特徴的なのが、全てのメインディッシュに、
 ○ベイクドポテトまたはライスのどちらか
 ○食べ放題のサラダバー がついてくる事。

で、ビールと食べ放題のサラダ。
Nikon_207

食べてはいませんが「カレー」もありますw(゜ー゜;)wワオッ!!
で、注文したメインディッシュは「プライム・リブ」
(ローストビーフのことです)
Nikon_210

毎日4時間から5時間かけてじっくりローストし、
ご注文に応じてカットいたします。
グルメの方々には、「口の中でとろける」と
お褒めいただいています。   ってヤツですな。

これがまぁ、分厚い事。ちょっとボケましたが、
かなりの厚さ、はお分かりいただけたかと(;^^)
Nikon_212a

それにベイクドポテトを付け合せにしました。
クーポン誌にあった「デザートサービス」でアイスも頂き、
Nikon_213

45.5$(=約3,822円 @84円計算) でした。
手の込んだプライム・リブだけに良いお値段ですが、
これがこのお店の代表選手、との事でしたので。
お腹一杯&大満足でした!

ん~ちょっと高いなぁ、と思った方、
イブニング・スペシャルだと、
17.95ドルで、2チョイスのディナー。
マヒマヒとシェフ・スペシャル
(ステーキ・ダイアン、ヒバチ・ステーキ、プライム・ティプスと
マッシュルーム、またはチキン、またはビーフの炒めもの。)
これにシャーベットがつきますので、お得だと思います♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 シュリンプBBQ

いやぁ~ビックラこきました(;^^)。
昼間、ふと時間があったので、自分のblogを覗いたら
「あれ?記事が更新されてない~!」
どうやら、ココログのメンテの関係か、予約投稿が
できなかったようです。 まったく。

============================================

さて、私の旅行記を辿って頂いている方なら
ご存知では??の シュリンプBBQです。

アラモアナの近く、ウォルマートの真向かい、
え?!と思うお店なんですが、旨い!と紹介し続け、
「B級グルメ」として本などにも紹介されるようになり、
おかげかそのせいか 『盛りが減った』お店です _| ̄|○

Nikon_203

前回も(`ε´)ぶーぶーと言ったのに、又行く私。
いやぁ、見事に「たぬき(動物占い←古っ!)」だわ。
Nikon_202


毎度の「ガーリックシュリンプ 7.64$にドリンク(コーラ)、で
Nikon_204


TAX入れて丁度10$(=約840円 @84円計算)でした。
Nikon_205

前回の記事が8ドルでしたので、値上がってますよぉ~。
それでも、ワイキキにある某「青いエビ屋」さんよりは
全然安いですけどね(;^^)。

うん、おいしいから許す♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 ミカワン

こちらはワイキキの中心で気軽に食べられる
韓国料理のお店、「ミカワン」です。
以前にもご紹介させて頂きました。

前回はディナーで今回はランチ。

Nikon_172

冷麺とかたまごスープとか頼んだ、と思いますが、
え~、既に記憶がありません(;^^)。
写真もこれ↑と このたまごスープ↓
Nikon_173

冷麺↓しか写真がありませぬ・・・。
Nikon_174


それなのに、小遣帳では 1人23ドル(=約1,932円 @84円計算)
も払っているので、きっと他にも何か頼んだ、はず(;^^)。

あ”~、年々記憶の衰退が激しくなっております。
これはもっと詳細に記録するか、いっその事諦めるか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 ゴードンビアーシュ

ジャズさんの旅行記が終り、
私のほうはダラダラと続いておりますが(;^^)、
残りもそんなにあるわけではないし、
ササッと終わらせていきます。

アロハタワーの中にある、「ゴードンビアーシュ」で
ランチをしてきました。
Nikon_161

アロハタワーはワイキキから少し離れますが、
トロリーでもバスでも行けます。
バスも乗換なしで行けますので、ダウンタウン散策と兼ねて
お出かけしてみてくださいな。

ゴードン・ビアーシュ・ブルワリー・レストラン
Gordon Biersch Brewery Restaurant

1 Aloha Tower Drive Suite 1123 Honolulu, HI 96813
phone: 808-599-4877 fax: 808-599-8433
http://www.gordonbiersch.com/locations/honolulu-hi

外が眺められるテーブルに案内してもらいました。
Nikon_163

店内も明るくて騒げそうですけどね(^o^)Nikon_165

私がオーダーしたのはこちら!
Gordon Biersch Cheeseburger $9.95 です(多分;^^)Nikon_167

アップで撮ると良い感じなんですが・・・引きで撮ると・・・Nikon_166

なんつ~盛り付け?(;^^)。
でもこの、ポテト!とってもおいしかったのぉ~♪
ガーリックであえてあり、クサイだろうけど、おいしい!

それとアイスティー $2.95
Nikon_164

他に州税とTIPが入りますが、バーガーでこの値段を
高いと思うか安いと思うかは・・・皆様でご判断下さい♪
私は気分も良かったし、楽しかったのでグッド!です。
今度はここでビールの飲み比べ、やりたいなぁ(;^^)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

まひるの月を追いかけて&ネバーランド 恩田陸

恩田陸さんの本を読んでいますが、
今日は2冊ご紹介。

まひるの月を追いかけて 恩田 陸
ネバーランド 恩田陸

  読了です。

【まひるの月を追いかけて】

異母兄が奈良で消息を絶った。
たったの二度しか会ったことがない兄の彼女に誘われて、
私は研吾を捜す旅に出る。
早春の橿原神宮、藤原京跡、今井、明日香…。

旅が進むにつれ、次々と明らかになる事実。
それは真実なのか嘘なのか。
旅と物語の行き着く先は―。
===============================================

【ネバーランド】
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館(しょうらいかん)」。
冬休みを迎え多くが帰省していく中、
事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。

ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇が
はじまる。
そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。
日を追うごとに深まる「謎」。

やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。
驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

================================================
恩田陸先生の作品は結構数がありまして、
順番を間違えると大変?と思って吟味して借りています。
ただこちら2冊は文庫本で借りられたので、
通勤に持参し、サクッと読み始めてサクッと終りました。

「まひるの・・・」は「私」の心情がこれでもか、これでもか、と
書かれておりちょっとうざい~(;^^)。
新幹線で横に座る異母兄の恋人の観察に始まり、
ひたすら、彼女の心がだだもれしてます。
旅の最中もひたすら「こうなのか?ああなのか?
いや、彼女の言い草からするとそうなのか??」
みたいな事が続きます。

恋人の離脱に異母兄の秘密、と話は展開するものの
最後の落ちがそれかぁ~?!って脱力しました。

「ネバーランド」は男子校の寮が舞台。
こういう寮生活、って経験ないので楽しそうだなぁ、と
思うんですが、料理も自分で作らないと、って大変そう。
まぁでも皆でワイワイガヤガヤやればなんでもご馳走だし。

それぞれの秘密、は等身大の高校生の身の丈にあった
秘密ですし、最後はこれで終りかぁ、とちょっと淋しかったです。

「まひるの・・・」はイマイチ、「ネバーランド」は(゜∇^d) グッ!!。
今のところ彼女の作品の相性は50%位?
もうちょっと相性が高くなるとより楽しめるのにな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

消えずの行灯 誉田龍一

さて、週末は旅行記はお休み。
たまっている(と言うかもうどうしようもなくなってきた;^^)
読書と映画の話題を紹介します。今日は本。

=============================================
「ストロベリーナイト」「ジウ」など、
色々な作品を読んでいる「誉田哲也」氏。
その横に並んでいた為
(&カバーが図書館のシールで少し隠れていた為)
「お、誉田氏、時代物も書いているのね」と借りて
家に帰ってから違う作者だと気付いた(;^^)本、

消えずの行灯―本所七不思議捕物帖
読了です。

幕末の江戸に怪死相次ぐ。
「おれたちの手で下手人を捕らえる」
若き志士・仁杉潤之助とともに動くは、
学究肌の武士・釜次郎、噺家の次郎吉、剣の達人・今井。
奉行所無用の飛び抜けた力が、七つの難事件を解き明かす。
第28回「小説推理新人賞」を受賞
========================================
本所七不思議(ほんじょななふしぎ)ってご存知ですか?

本所とは東京都墨田区の事、
ここに江戸時代ころから伝承される奇談・怪談があります。

江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、
古くから落語など噺のネタとして親しまれてきた。
7話となっているが、伝承により7種類以上のエピソードが
存在する。

wikiによると、
 ◇置行堀(おいてけぼり)
 ◇送り提灯(おくりちょうちん)
 ◇送り拍子木(おくりひょうしぎ)
 ◇燈無蕎麦(あかりなしそば)別名「消えずの行灯」
 ◇足洗邸(あしあらいやしき)
 ◇片葉の葦(かたはのあし)
 ◇落葉なき椎(おちばなきしい)
 ◇狸囃子(たぬきばやし)別名「馬鹿囃子(ばかばやし)」
 ◇津軽の太鼓(つがるのたいこ)

などがあります。
宮部みゆきさんでも書いているので知ってましたが、


色々な方が書いているんですね。
こちらの本で取り上げられた七不思議は、
消えずの行灯、送り提灯、足洗い屋敷、片葉の芦、
落ち葉なしの椎、置いてけ掘、馬鹿囃子となってます。

最初に何か事件が起きます。
どんな殺人だったかを語られ、謎解きが始まります。
謎を解くのは榎本釜次郎(後の榎本武揚)。

榎本氏は幕末から明治にかけて活躍した武士。
黒船の到来を目にし、「もっと世界へ!」を心に
オランダや樺太(カラフト)へ行ったりする一方で、
幕府の無血開城後、幕府から離れ北海道に共和国を
作ったり、投獄されたり、と色々な体験をするヒトです。

実在の人物を探偵役にすえ、登場人物にも
土方歳三、歌川広重、佐久間象山、吉田松陰などの
実在の人物をおいており、都市伝説である七不思議を
「実際にあったのかな??」って気にさせる展開です。

そういえば長澤まさみの「都市伝説の女」ってドラマ、
見てます??
結構おばかだけど面白いんですよね(^o^)。

今のお江戸は昔より複雑で混乱していて、
七つじゃ収まらない伝説が謳われていますが、
実は本当にあるのかも??と思っています。
こちらの本も「当時、実は本当にあったのかも?」と
思って読むとまた趣が違うと思います。

こちらの誉田氏はあまり著作がないので、
今後記事に出ないだろうなぁ、残念です。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 Tutuvi &Down to Earth

お手入れも終り、友人と合流し、4番バスに乗り込みます。
向かう先は・・・
Near the corner of University Ave. and King St.
between Puck's Alley and 7/11
にある、ハワイアンファブリックのお店、Tutuviさん♪

Owner/Designer: Colleen Kimura
Phone: 808-949-4355
2636 King Street
Honolulu, Hawaii 96826
http://www.tutuvi.com/index.html
Email: tutuvisitoa@hawaiiantel.net

Nikon_155

デザイナーさんのオリジナルが洋服からグッズまで
並ぶ店内です。

以前行った「マヌヘアリ」とは又違う感じのお店ですね。
同行した友人が以前着ていて、良いなぁと思ってて、
今回連れて行って頂きました。

ワンピースもほしいけど、タンクトップも良いなぁ。
あ、でも日本で着るならTシャツも良いなぁ~、と
散々試着して、でもサイズとデザインでしっくり来なくて
結局Tシャツ1枚だけですが、購入。
Nikon_257258

デザインの植物は Bombax(パンヤ科)です。
こんなお花が咲くんだそうです。

Bombax

そっくりでしょ??
45.02$(=約3,782円 @84円計算)はTシャツ1枚の値段としては
ややお高めの部類にはなりますが、HEINZの3枚パックよりは
ずっと生地もしっかりしており(当然;^^) 長く愛用できそうです。

お店を出て、前の道を少しだけ歩くと、有名な
「Down to Earth (ダウントゥアース)」があります。
2525 South King St., Honolulu, Hawaii 96826
Open: Daily 7:30am - 10:00pm

こちらはハワイオリジナルのスーパーマーケット。
1977年、マウイ島のワイルクで誕生した。
ハワイで唯一のベジタリアンの為のオーガニックと
ナチュラルフードのスーパーマーケットです。
動物性の製品は置いていない事で有名です。
オアフ島に3店舗あります。
Nikon_160

店内はやや狭めですが、種類豊富な品揃え。
Nikon_156


気になったのがこれ!奥の白いの。
Nikon_159


サマーロール♪です。
ハワイでは春巻きをスプリングロール、生春巻きを
サマーロール、と言うそうです。 つまり「生春巻き」。
ベジタリアンのスーパーですから、中にお肉は入ってないだろうけど、
この大きさなら十分満腹になりそうですよね~。

お買い上げ、はしなかったけど、次回行ったら買ってみよ♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 aloha lovely nail&spa

早朝、ジャズさんは旅立ちました。
私?? ベッドで寝こけておりましたが(;^^)・・・。

この日は同時期にハワイ入りした友人と約束が。
その前に、コレ↓を何とかしたぁ~い!(お見苦しいですが)
Nikon_151

Nikon_154

はい、マニキュアもペディキュアもボロボロ~。
足は外反母趾の為、つめの伸び方がひどいんです。
手の方は時間がなくて、一度塗りにしたらはげてきちゃった。
(透明色なので、分からないでしょうが;^^)

前日、ジャズさんと別行動した際、リボンレイを習いに行き、
そこで、↓のお店が安いよ~、
予約なしでウォークインでやってくれるよ~、
と聞いていたので、そこへ行くことにしました。

Aloha lovely nail&spa(アロハラブリーネイル&スパ)
2301 kuhio Avenue #12A
Honolulu HI 96815
808-922-2292

ただ問題は・・・「日本語通じましぇ~ん」(;^^)。
片言の英語と必須のジェスチャーでマニキュアとペディキュアを
やりたい旨を伝えると「色を選んで」と壁際へ。
陳列されているO.P.I の各色から選んで開始。

フットバスで足のマッサージから手入れまでしてもらい、
かなり気分良いですよね~。
手と足、合わせてTIP入れて50$(=約4,137円 @82.74計算)。
合計で1時間半位? でできたのがこれ。
Nikon_169


足は派手でも良いけど、手はそういうわけにはいかない、と
マットなピンクをチョイスしましたが、ん~、
マットはやはり難しいですな。
Nikon_170

それでも優雅な時間を過ごせてよかったです♪

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 ダ・ビッグ・カフナ・ワイキキ

今回のジャズさんの目標、
ハンバーガー&パンケーキ&ガーリックシュリンプ
&シェイブアイス、と食べたいものを着実にクリアし、
最後に2人で行ったお店はこちら。

ダ・ビッグ・カフナ・ワイキキです。
Da Big Kahuna Waikiki
2299 Kuhio Ave. Honolulu コーラル・リーフホテル1階
7:00-4:00
無休
予算 $30~$40
URL http://www.dbkwaikiki.com/ (英語)

Nikon_140

ハワイアンフードのお店、という事でmenuも色々ありました。
今まで一度も入ったことなかったのよね。
とりあえず、お酒で乾杯。
Nikon_137

と、そこで!!ある出来事が再び起きたのでした♪
  →詳細はジャズさんのblogをチェック!
    ※進捗状況には若干差があります。

まぁここまで来ると大体の方が想像つくと思いますが・・・。
menuを見て悩んで、それぞれ注文したのがこちら!Nikon_142
左:ハワイアンプレート
右:フリフリチキンプレート  です。

ハワイアンプレートはカルーアポークとラウラウ、
ポケ、とこれだけじゃ「何?それ??」と言うmenu(;^^)。

まぁ蒸してほぐしたポーク、とタロイモの葉で白身魚のソテーを
包んだもの、とハワイ風サルサで和えたもの、の盛り合わせ。
がつ~ん!と来るボリュームのあるお食事です(^o^)。

そして、フリフリチキンプレートはその名の通り、
チキンをフリフリ(回転)して焼いたもの。Nikon_144
はい、チキン丸ごと、でございます。
それぞれをシェアしよう、と解体作業に入りましたが、
これが一苦労でした、はい。

タロイモの葉はどこからどこまで??と言うグレーゾーン。
食べれない訳ではないけど、おいしいとは言えないし。
「シェアするので、お皿ちょうだい」と持ってきてもらっても
大変が「葉っぱ」でしたわ(;^^)。
チキンは骨に沿って解体するも、まぁ食べにくい。

割り勘にして1人約24ドル(=2,016円 @84円計算)
おしゃべりしながら、お腹一杯食べました!
翌日にはもう帰国してしまうジャズさん。
ジャズさんとはお会いする度に楽しく過ごさせて頂いてます。
明るくて、面白くって、かわいくって♪
これからも宜しくねっ♪ 又ハワイでお会いしましょう。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 マジックアワーを目指して。

マジックアワー(magic hour)・・・
日没後に残った太陽の光の影響で、
景色が美しく見える短い時間帯の事を言います。
この時間帯の光はやさしく、暖かいのが特徴。

三谷さんの映画のことぢゃないよ?(;^^)

ジャズさんとの滞在で2回チャレンジしたサンセット。
1回目は(カキ氷を食べてた為)、ちょっと遅くなって、
2回目は良し!となりました。

場所はいつもの、フォート・デ・ラッシー公園裏。
Nikon_125

ん~、ちょっと雲が邪魔してます
Nikon_130

でも最後にはちゃんと見る事ができました♪Nikon_136

サーファーさんもおうちへ帰ろう♪
Nikon_134

日没後。中心に見えるのはヒルトンです。
Nikon_097


そして、ダイヤモンドヘッド。
Nikon_098

ここでキレイな我々の写真でも載せられれば良いんでしょが
(; ̄ー ̄)...ン?
まぁその辺は、ねぇ(^o^)。

楽しいことてんこもりの旅行もそろそろおしまい。
ジャズさんのハワイ最後の夜をお祝いに向かいます♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ハワイ旅行記1204 スコーンとケーキ。

さて、ジャズさんの旅行記が追いついてきましたので、
そろそろ再開、のハワイ旅行記です♪
と言ってもそろそろジャズさんとはお別れ、になるんですけどね。

前回の記事でも書いていますが、
モンサラット通り、と言うのは意外と色々なお店があります。
コンパクトに集中しており、アクセスも楽なんですが、
悲しいかな、お腹は色々あるわけではありませぬ_| ̄|○。

その一角にあるお店、
ダイヤモンドヘッドマーケット&グリル は、
その昔、TVで取り上げられて、数回行きました。
毎回、プレートランチを買ってたんですが、今回は
店内にあるスコーンが目当て。
Nikon_150

お勧めは手前の「ブルーベリースコーン」との事ですが、
奥の「バナナ」と2個購入。
食べてみると私は「バナナ」の方が好きだなぁ♪
バナナのしっとり&もっちり感が良い感じでしたっ。

写真で見ると大きさが分かりづらい、かな?
直径10cm位、です。 私の手のひらでやや余る感じ。
Nikon_149

↑の写真、左上にあるのは「Ted'sのパイナップルケーキ」、
こちらはABCストアで見かけて買ってしまった 4.99$
(=約414円 @84円計算)。

左下はスコーンと同じお店でみつけた「mochi cake(モチケーキ)」。
ハワイでは「餅=mochi 」で浸透しています。
これもまたもっちりとした食感で大そうおいしゅうございました。
スコーン×2個とモチケーキで 9.69$(=約814円 @84円計算)。
円高だから、と言うのもありますが、量も味も大満足!!

こちらはホテルのお部屋で小腹が空いたら、口さみしくなったら、
つまんでおりました。
特に、Ted'sのケーキ!表面はサイコロ切りのパイナップルが
載っており、これがおいしい!
Nikon_177

友人も言ってましたが、ハワイだとパイナップルが本当に
甘く感じます。舌が痛くならない、と言うか。
ジュースもしかり、こちらのケーキもしかり、おいしいです。

このTed'sのケーキ、もう1種類あります。
「チョコレートハウピアクリーム」です。(値段は同じ)Nikon_222

ところが、こちらは甘くて、甘くて・・・
ホイップクリーム+ハウピアクリーム+チョコレート+グラハム
Nikon_224


残念ながらこちらは完食できませんでしたぁ。
今度はパイナップルの方だけ買いますわ。

しかし、ABCストア、すごいです。
どんどん新しいもの、一部の店でしか手に入らないものを
取り入れています。
滞在中、一度は土産探しに店内を徘徊しています♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

聖女の救済 東野圭吾

今日は本ネタ。こちらは本屋さんで購入したもの、
(そう、私でもたまには買いますよ~♪)
聖女の救済 (文春文庫) 東野 圭吾

読了です。

資産家の男が自宅で毒殺された。
毒物混入方法は不明、
男から一方的に離婚を切り出されていた妻には
鉄壁のアリバイがあった。
難航する捜査のさなか、
草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した
内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。

========================================

私、これTVでドラマを見たような気がするんですが(;^^)
気のせいでしょうか??
どこを探しても出てこないので・・・。
でも映像を観ているかのように、画が浮かぶんですよね。
なんでだろ?

こちらの本は最初から犯人が分かっています。
裕福な家庭の奥様です。
なのに、鉄壁のアリバイがある。
それをいかに崩すか? すごい話です。

発想の転換と言うか、「虚数解」って言葉は分からないし
(理論上はあり得ても、現実にはありえないって答えね)
いやすごい女性です。

でもね、殺されるヒトにいっさい同情できないのが助かる。
女性を「子供を生む道具」としか思っていないようなヤツ、
そりゃ殺されてもしょうがないよなぁ、って。
「容疑者Xの献身」もそんなヒトが殺されたけど、
そうなると、「なんとか犯人を見逃してあげて」って気分に。

それでも「容疑者Xの献身」の方が泣けたのは、
なんでなんだろうかなぁ??

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『バトル・シップ』

こちらの映画に行って来ました。
『バトル・シップ』です。
Photo
[監]ピーター・バーグ
[出]テイラー・キッチュ 浅野忠信 リーアム・ニーソン
[配給会社] 2012アメリカ/東宝東和
[上映時間] 131分

アメリカや日本など、各国の護衛艦がハワイに集まって
大規模な軍事演習を敢行することに。
アメリカ海軍の新人将校アレックス(テイラー・キッチュ)は、
日本の自衛艦の艦長ナガタ(浅野忠信)をライバル視しながら
演習に参加。

そのさなか、沖合で正体不明の巨大物体が発見される。
人類からの友好的な呼びかけに応じて現われた
エイリアンの母船だという科学者たちの推測に反し、
彼らは突如として謎の武器で攻撃を仕掛けてくる。
=============================================

いやぁ~微妙!微妙な映画でしたっ。
新人アレックスくん。無職で呑んだくれてて、兄さんに
「いい加減にしろ」と言われても、バーで見かけた女の子の
「ブリトーが食べたい」をかなえる為、向かいの店に
押し込みをする(;^^)。

軍に入ったが、各国対抗のサッカーの試合で、
無茶なPKでヘタレになる・・・(;^^)。
彼のどこに才能があるのか?いやぁ、謎ですわ。

そして沖合いに現れた巨大物体。
トランスフォーマーか?!って感じの変態を行います。
しかもメチャ強い!
ヒト型を取っているものの、爬虫類のような目を持ち、
強力な武器でガンガン襲ってくる~。

そもそもアメリカが「宇宙にいる生命体にメッセージを」
と電波を増幅させる機械を作り、ハワイの天文台に設置、
宇宙に向けて発信した後、彼らはやってきたわけです。

が、相手に敵意があるのか?分からないまま
攻撃が始まるとは・・・。
最近、エイリアン=敵 の図式が当たり前のような・・・。
友好的な感じ、ってのはないもんですかね~。

更に、強力なバリアでハワイ一帯が隔離され、
圏内には、戦闘可能な船がない!あ?ある!!
ってパールハーバーのあれを持ってこなくても
良いじゃん?(;^^)。

いやぁ、最後まで訳分からなかったですわ。
誰か、お願いですから、着地点を教えて♪ではでは。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『ヘルプ-心がつなぐストーリー』

今日は映画です。
予告編を見たときから気になっており、
見に行けてよかったなぁ、と思っている映画、
『ヘルプ-心がつなぐストーリー』 です。
原題:THE HELP

Photo

[監]テイト・テイラー
[出]エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス
[配給会社] 2011アメリカ/ディズニー スタジオ
[上映時間] 146分

アメリカ・ミシシッピ州。
1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は
“ヘルプ”と呼ばれていた。
作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は
メイドの置かれた立場に疑問を抱き、
彼女たちにインタビューをすることに。
仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、
一人の女性の勇気が社会を揺るがすことになる・・・。

=============================================

何年か毎に南部のこういう問題を取り上げた良品に
お目にかかります。
いずれも苦難と困難たっぷりまみれ、の作品で、
見ていてしんどくなりますが、見終わると、
じっくり心に染み入ってくる、そんなお話。

黒人女性は毎朝スクールバスのような乗り合いバスで
勤め先近くへ行き、朝8時から夕方4時まで働く訳です。
そんな彼女らは自分でトイレットペーパーを持参し、
勤務先のトイレを使うんですが、それさえも
「衛生的に良くない」と別にトイレを作らされるんです・・・
しかも外に(;^^)。

嵐が吹こうが「大丈夫、大したことないわよ」と平然と
言い放つ若奥さん。
母親が「いいわよ、家のを使いなさい」と言うのに。
で、家のを使おうとすると、様子を見に来る若奥さん。
するフリをして、水を流したら「首よ!」だって。

黒人女性は人間じゃないんですよ、作品では。
よく働く人形、って感じ。
そんな彼女らに子供たちを預け、自分たちは
慈善事業だの婦人会だのにうつつを抜かす白人女性。
みんなそうやって育って、彼女らを慕っていたのに、
いつからか彼女らを使用人として見下している・・・。

働き先をクビになれば、旦那に殴られるし、
勤め先の秘密やグチを言えば、ヘタすればKKKに
襲われる・・・。
そんな彼女らの「生の声」を拾おうと作家志望の
スキーターはある女性の助けを借り始める、と。

このエピソードがかなり面白い!
思わず「カカカ・・・ヾ(@^▽^@)ノ」と笑ってしまう
胸がすくようなものばかり。
TVCMで抜粋されてますが、いや楽しかった!

「メイド用のトイレを別に作るべき」なんて衛生法案を
提出したバカ女のスピーチにある「慈善事業の為に
古いコートを(バカ女)に寄付して」と言う文面を
「古い便座を寄付して」とわざとタイプミスして、
一夜明けると、庭に大量の便器が・・・(;^^)
いやいや、これは痛快でした。

「人種分離法」なんてのがまかりとおっていたこの時代に
笑いと涙が表裏一体で表現されるこの作品、
お勧めです!ぜひDVDで構いませんのでごらんになって下さい。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

« May 2012 | Main | July 2012 »