« 『ブラック&ホワイト』 | Main | 2012年本屋大賞ノミネート作1 人質の朗読会 小川洋子 »

下町ロケット 池井戸 潤

第145回(平成23年度上半期) 直木賞受賞 の
こちらの本「下町ロケット」
読了です。

「その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、
中小企業vs大企業の熱い戦い!

かつて研究者としてロケット開発に携わっていた
佃航平は、打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、
いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、
佃製作所を経営していた。

下請けいじめ、資金繰り難――。
ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、
日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。
相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、ライバル企業を
叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。

否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、
社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。
そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、
日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。

会社は小さくても技術は負けない――。
モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの矜恃と
卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。

さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る
駆け引きの中で、佃が見出したものは――?

==========================================
最初はね「空飛ぶタイヤ」と同じようなものかと思ったの。
小規模会社の前に立ちはだかる大企業。
契約切りに訴訟続きの資金難・・・。

う~ん、と思ってたんですが、そこで前半が終了。
「おっ?」と思ったらそこからがすごかった。

帝国重工へ食い込んで、技術で立ち向かう佃氏。
良いですね~。
「宇宙」と言う夢に向かう人々の情熱が伝わってきます。

そして、最後、大企業と言う看板にあぐらをかいていた人が
彼らの前で・・・。
それを見ている若い社員たち。

確かに社長、って夢だけ語って生きていけないですよね。
私はやったことない(^o^)けど、現実的な事を考えて
「運営」していかなくちゃいけない。
200人の社員とその家族を養っていくわけですから。
でも、佃氏は「夢」を諦めないんですよね。

まぁこんなにうまくいくわけない!とも思いますが、
こんなにうまくいくと良いなぁ、とも思う自分がいます。
良い話でした~。ぜひお勧め♪

|

« 『ブラック&ホワイト』 | Main | 2012年本屋大賞ノミネート作1 人質の朗読会 小川洋子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

なんだか面白そうですね。
nanagonにリスト持たせないと。

Posted by: nanamama | May 20, 2012 at 10:14 PM

モノ作りの職人さんはすごいです。

Posted by: オサムシ | May 20, 2012 at 08:53 AM

「夢」と「現実」の間で苦しむことがあるんでしょうね。
夢を捨ててはいけないけど、現実問題も考えなきゃいけない…苦しい所だと思います。

↓のブラック&ホワイト、あらすじ見て観たくなりました!
ばかばかしいことにムキになるってなかなか出来ないですもの…!

Posted by: 麻能 | May 20, 2012 at 08:37 AM

社長業は大変ですよね。
ましてや大きな会社の社長さんともなれば・・・。
でも、本田や松下電工の社長さんのように夢も追いながら会社が大きくなって行くっていう例もありますよね。
うらやましいです。

Posted by: mahalobunny | May 20, 2012 at 07:48 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54567632

Listed below are links to weblogs that reference 下町ロケット 池井戸 潤:

» アフィリエイト比較・レビュー投稿システム【レビューマスターPro】 [アフィリエイト比較・レビュー投稿システム【レビューマスターPro】]
アフィリエイト商品の比較・レビューサイトが簡単に運営できるシステムです。 [Read More]

Tracked on May 20, 2012 at 05:00 AM

« 『ブラック&ホワイト』 | Main | 2012年本屋大賞ノミネート作1 人質の朗読会 小川洋子 »