« 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 | Main | 12.03.30のランチ まとい亭 »

マリシャスクレーム1&2 範乃秋晴

「クレーム」と言う表題を見てつい手に取ってしまった一品、
「マリシャスクレーム MALICIOUS CLAIM 範乃秋晴」
「マリシャスクレーム2 MALICIOUS CLAIM2 範乃秋晴」
  読了です。

消費者意識が高まる中、それに付け込んだ非人間的かつ
悪質なクレーマー
―IPBCの存在が企業の倒産リスクを高めるまで問題化していた。
これに対抗すべく起ち上げられたのが
エマージェンシーカスタマーセンターである。
唯一の対IPBCのプロフェッショナル、榊原常光。
狡猾かつ理不尽な相手に、それ以上に狡猾にそして
冷酷に追い詰めていく常光。
だが、今までにない異常な相手が現れ―。
============================================
センターを攻撃目標とする謎の集団。
電話回線はパンク状態となるが、その裏には
センターに精通している裏切り者がいると常光は睨む。
さらに、その集団の中には凶悪なIPBCが紛れていた・・・。
============================================

「クレーム対応」だけで本屋さんで、1コーナーできる位
お盛んな現在。
まさかそれを職業にしている人がいるとは思いませんでした。
(あ、イヤこの小説の中の話ね)
確かに昔から「ゴネ得」と言う言葉はありましたが、
そこは日本人の矜持。
「あさましい」と言われる事を嫌いますから、
うまくバランスが取れていたような気がします。

ところが、最近はゴネて得した!ズルして得した!ことを
吹聴する事が多くそれを聞くと「謹んで(つつしんで)損をした」と
いう気持ちになってしまい、
われもわれも、と先を争ってしまっているのでは??
そんな気がします。

ちなみに↑あらすじ内の「IPBC」とは
Inhuman Pervertedness Badness Complain
「非人間的異常性悪質クレーマー」と言う造語だそうな。
人間じゃない異常で悪質なクレーマー、ってひどいよね(;^^)。
それでもそういうお客さん、っているんですよね。

文章内に印象的な言葉があります。
「客だったら何を言ってもいいと思っている馬鹿は死ねばいい」
「お客様は神様ではありません。」
ひぇぇぇ~~、そこまで言っちゃうの?!って。
確かにそういうお客さん、っているんですけどね(;^^)。

小売業や接客業など、お客様と直接接する場がある業種は
どうしても、クレームが発生します。
私が勤める会社でも1週間に10件程度の入電やメールがあり、
お褒めの言葉を頂くこともありますが、中には辛らつなものも。
納得できる内容ならばこちらもありがたく伺いますが、
どう考えても無茶苦茶な論理でしょぉ、ってのもあります。

二言目には「俺はなぁ、××(会社が経営する店名ね)が
好きなんだよ。好きだから言っている訳。分からない??」とか
親切心??いやいや、そんな愛店心、いらんがな・・・。

で、実はこの本、すっごく読みづらいんですよぉ~!!
文章が小難しくてもう大変!「言葉尻をとらえる」って
こんなに大変なのね~、日本語って「て・に・を・は」が
入るか入らないかで正反対の意味になるの~?って。

でもね、これがクセになる(;^^)。
主人公「榊原常光」氏の世間一般常識の無さに脱力し、
それを調教(?)しようと頑張る片思いの可憐ちゃん。
まぁ出版が「メディアワークス」と言う娯楽を目指すトコだし
多少おちゃらけ&ラブコメ要素も含まれますが、
クレームのシーンは秀逸。
そのギャップにやられちゃいましたね。
ってな作品ですので、チャレンジしたい方はぜひ!

ちなみにこちらも「1」だけは図書館にあり、「2」は2市の
図書館になく・・・ やはり古本屋へ走りました~。
これらの半端本は図書館へまとめて寄付しようと思います。

|

« 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 | Main | 12.03.30のランチ まとい亭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

わぁ〜、まさに私向きな本ですね(笑)
いやいや、クレームの種類も多種多様(^^;)
お客様の接し方で、店員の対応も変わります!!

Posted by: ジャズ | April 01, 2012 at 11:34 PM

クレーマー いやですね。

Posted by: オサムシ | April 01, 2012 at 09:58 AM

おもしろそう!
アメリカには訴訟を仕事としている人もいますよ。まじで!!
昔L◯Lなんかはそういう人に訴えられたと聞きました。
アメリカはごねてなんぼのて所ってありますけれど、それをあえてしない人も沢山います。
日本もかなり変わって来たとは思うけれど、日本の美を損なわないようにしたいものですよね。
「お客様」の定義を理解しないといけないですよね。お客様になれる人となれない人。お客様の中にも客になれない人はこちらのお客様に対するマナーは必要ないと思います。私は(自営なので)丁重にお断りしています。笑!

Posted by: mahalobunny | April 01, 2012 at 04:26 AM

私の職場はネットショップなので、顔が見えない分いろいろ言ってくるお客様がいます。
私は、電話に出ることは殆どないのですが。
なので気になる内容ですね。

Posted by: akiko21 | April 01, 2012 at 12:17 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54085145

Listed below are links to weblogs that reference マリシャスクレーム1&2 範乃秋晴:

« 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 | Main | 12.03.30のランチ まとい亭 »