« 山本幸久氏のお仕事系青春小説各種 | Main | 『ライアーゲーム 再生』 »

『マリリン 7日間の恋』

さてさて、訪問頂いた皆様、
すみませぬ~~~<(_ _)>

 
 ほんゆ~ことtakoingは   
 

 リハビリ中です。

帰国はしたものの、いつもと同様、
「帰りたくなぁ~い」と心がすねている為、
週末一杯、今のまま進みます。
皆様の処への訪問も不明なので、
コメントは省略して下さいな。備忘録ですし。

============================================
マリリンモンローと言えばお決まりのポーズ、とか
「寝るときはシャネルの5番だけよ」と言う決まり文句とか
しか記憶がないのですが(;^^)
見てきました『マリリン 7日間の恋』です。

Photo_3

[監]サイモン・カーティス
[出]ミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイン
[配給会社]2011アメリカ=イギリス/角川映画
[上映時間] 100分

名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が
監督と主演を務める『王子と踊子』の撮影で、
ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー
(ミシェル・ウィリアムズ)。

スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、
初の海外撮影に対する重圧などから現場に遅刻するように。
ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、
第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は第三者からの視点で
アドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。

====================================================
どうもあらすじで勘違いしてたようです(;^^)
「ピュアな恋」って書いてあるじゃんね~。
ホント、「ピュアな純愛」でしたわ。
イマドキ、プラトニックが受ける、のか??

有名な俳優「ローレンス・オリヴィエ」
彼はあの「ヴィヴィアン・リー」と結婚されてたんですねっ!
ちょうどマリリンとの合作時、結婚していて、
リーが撮影所を訪問したり、マリリンと会ったり、と
おそらくしっかりとした時代背景で描かれているんでしょうが、
彼女は「風と共に去りぬ」しか記憶がないっす・・・(;^^)

※それでも彼女が「風と~」に出るきっかけ、ってのが
「ローレンス・オリヴィエ」を追っかけてアメリカに行ったのが
きっかけだ、って言うんだから・・・
しかもこの映画出演がきっかけで、旦那と別れて(?!)、
ローレンスと再婚した、って言う・・・ うっわぁ(;^^)。

と稀代の名優が勢ぞろいする中(あ、老齢の女性役で
ジュディ・デンチ(007のMI6の『M』役の方)も出ています)。
うまい役者さんがいるってやっぱり違いますね~。
特に撮影していた「王子と踊子」は昔の作品。
カメラテクもない状態ですので、苦労がしのばれます。

なんてトリビア的ネタを描かないと話が持たない作品って・・・
ま、推して知るべし(;^^)。 
あまり深く追求しないで下さい。

|

« 山本幸久氏のお仕事系青春小説各種 | Main | 『ライアーゲーム 再生』 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

これちょっと気になっていました。

nanamamaもリハビリに出たいです。

Posted by: nanamama | April 21, 2012 at 11:40 PM

リハビリ したいです(笑)。

Posted by: オサムシ | April 21, 2012 at 10:28 PM

わたしもリハビリ中です(><)
あぁ~、もうハワイが恋しいです。

恋愛・・・。
やっと「食べて、祈って、恋をして」観ました(^^;)
わたしは、未熟だったなぁ~って思いましたが
恋愛映画はお勉強になります。
恋力を鍛えます(・∀・)

Posted by: ジャズ | April 21, 2012 at 09:18 PM

見てみたい気もしますが、恋愛物は退屈で(^_^;)
他人の幸せより、自分の幸せを追求したいわ(T_T)
エマ・ワトソンも出てるんですね。

Posted by: butaneko | April 21, 2012 at 04:45 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54376011

Listed below are links to weblogs that reference 『マリリン 7日間の恋』:

» マリリン 7日間の恋 [風に吹かれて]
マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」 [Read More]

Tracked on April 21, 2012 at 03:07 PM

« 山本幸久氏のお仕事系青春小説各種 | Main | 『ライアーゲーム 再生』 »