« No.6(ナンバーシックス) あさのあつこ | Main | ある日、アヒルバス 山本幸久 »

パパは今日、運動会 山本幸久

以前、nanamamaさんからのコメントで
「今読んでみたい本です」と書かれていたこの本、
  読了です。

嘘っぽく晴れ渡った青空の下、
来年五十周年を迎えるカキツバタ文具の
史上初の社内運動会が開かれた。
ごますり男も泣き虫も、不倫男もアイドルも、
強面もお調子者も、みんないつもとちょっと違う。
いや、ちょっとどころか、え?こんな人だった??
いろんな笑いがぎっしり詰まった会社小説の真骨頂。

=============================================

まさか図書館にポン、と置いてあるとは(;^^)
いやびっくりした~。

会社の運動会。(聞いただけでゲッソリしますわ。)は
様々な思惑を元に始まるんですが、
いるいる、ビールとか飲んじゃう人。ハーイ(^O^)/
そして同じ名字の人がいっぱいいる、とかね。

好感が持てる人、もてない人、それぞれの立場から
章立てがされており、嫌われ者の章とか意地悪いけど
面白かった(^o^)。

ただ、運動会は進んでいきますがそれだけ~。
う~ん、1つ1つのエピソードは面白いんですが、
最後がね、面白いんだけど・・・だから?何?ってね。

ちょっと物足りなかったかなぁ・・・。
サクッと読めちゃったので、まぁ良いけど。

会社の運動会、ってそうそうないですよね~。
以前は会社でも新年会とか、仕事始めの写真撮影とか
あったそうですが、
私が入社した頃は「バブル終焉期」・・・。

かろうじて社員旅行には行きましたが・・・。
400人以上を収容する場所を探す事自体が大変で、
しかも関東各県から集結する訳ですから、
そりゃなくなりますよね。
今はお偉いさんの接待費だけがバブルのまま、ですが、
一般社員はうまみも知らず・・・。
知っているだけまだマシか?!

今、会社で運動会があったら・・・ちょっと怖いかも(;^^)。
誰かが何かをやらかしそうだしなぁ・・・。
借り物競争で「不倫相手」なんて出たら・・・(*ノノ)キャ。
ちょっとそれはそれで楽しみだなぁ。

|

« No.6(ナンバーシックス) あさのあつこ | Main | ある日、アヒルバス 山本幸久 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

会社で運動会・・・
そんなものあったら、まじげっそりです(^_^;)
職場の飲み会があるだけでも嫌なのに(T_T)
新入社員を採らなくなっているので、いつまでも
私くらいの年齢の人間が、比較的若いってことで
幹事をやらされるんですよね(T_T)
飲みたい人間だけで飲めばいいのに、なぜ強制参加(T_T)

Posted by: butaneko | March 20, 2012 at 05:05 PM

今 職場で運動会なんてあったら アキレス腱を切ったとか 骨折とか大変なことになりそうです。
昔の人は元気だったのね・・・

Posted by: セイレーン | March 20, 2012 at 09:40 AM

社員旅行もめんどうだけど、運動会はもっといやだなあ~
ウォーキングの日が間違っていました。
9日ではなく10日でした。
でも、駅からハイキングの期間限定コースは
https://www.jreast.co.jp/hiking/course/event.html
好きな日に、歩けるのでお勧めですよ。

Posted by: akiko21 | March 20, 2012 at 08:08 AM

サクッと 読めるのはいいですね。

Posted by: オサムシ | March 20, 2012 at 07:53 AM

会社の運動会はないですが、社員旅行とかはありましたね。
2-3月はハワイにも沢山の会社が数百人単位で旅行に来ています。ハワイならば社員旅行もうれしいのでは!?

私はアメリカのチキンは苦手・・・パサパサで・・・日本のジューシーなチキンが恋しいです。でも、味付けは(もちこチキンとか)美味しいですよね♪
味でごまかれている感かなりアリですが・・・。
ご飯は、昔に比べたらかなり美味しくなりました。

Posted by: mahalobunny | March 20, 2012 at 06:18 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54035912

Listed below are links to weblogs that reference パパは今日、運動会 山本幸久:

« No.6(ナンバーシックス) あさのあつこ | Main | ある日、アヒルバス 山本幸久 »