« 第4の神話 篠田節子 | Main | 私という運命について 白石 一文 »

『麒麟の翼 劇場版・新参者』

待ちに待った!この映画
『麒麟の翼 劇場版・新参者』に行って来ました♪
Photo_2

[監]土井裕泰
[出]阿部寛 新垣結衣 黒木メイサ
[配給会社] 2012日本/東宝
[上映時間] 129分

東京・日本橋。胸を刺された男性が8分間も歩き続けた後、
翼の生えた麒麟像の下で死亡するという事件が起こる。
一方、事件の容疑者が現場からの逃亡中に車にひかれ、
意識不明となった。
独自のアプローチで難事件を解決してきた日本橋署の名刑事
・加賀恭一郎が、複雑に絡みあった謎を解き明かしていく。

=============================================

「麒麟(きりん)」・・・中国の伝説の、ってのは知ってたけど
それがなぜ、東京日本橋に??って思ってました。
(作品内で説明はされてますが)
※日本橋は江戸時代から東海道の基点として、又
 屈指の繁華街として、江戸・東京を代表する橋です。
  ここになぜ「麒麟を置いた」のかまでは不明ですが、
  想像上の生き物だけに参考作品がほとんどなく、
  場所毎に異なる作品を参考にしているそうです。

  そして、「日本の道路の基点となる日本橋から飛び立つ」
  イメージからそれまでの麒麟にない「翼」をつけたそうです。
0717kirin

そうそう、橋の両端には「獅子」もいるそうですね。

で、映画。「飄々とした」(^o^)加賀さんは変わらず。
TVドラマと違い、時間制限があるので、しょうがないけど
今回も複雑に絡んだ糸を独自の視点でほぐしていきます。

かなしいね~、って思わず言いたくなります。
子を思う父親、子を想う母親、父親を慕う子、
そこに、親のいない子、同士を慕う若者・・・

作品中にね、大人が良かれ、と思ってやった事は
本当に良いことなのか?と言うくだりがあります。
大人が「ばれなければ良い、隠して保護してやらないと」と
思っちゃいけないんですよね。
子供でも大人でも1個の個人として、善悪を判断し、
早いうちに気付かせてあげないと。

それを加賀氏はこう言います。
「正しい公式を覚えれば、どんな問題でも解ける。
だから、正しい公式を教えてあげて下さい」と。

うん、良い話でした。ほろっと泣けるのは健在!
原作、早く読みたいなぁ~。

|

« 第4の神話 篠田節子 | Main | 私という運命について 白石 一文 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

これ、どっちかっていうと、映画よりも
原作を読んでみたいです。
図書館は苦手なので、早く文庫化されないかと(^_^;)
東野さんの本って、だせば売れるから、
最初は分厚い新書で出てしまうので、
高くて手が出せません(T_T)

Posted by: butaneko | March 02, 2012 at 06:54 PM

良い話で、ほろっと泣ける。。。
今見たら、きっと号泣です(><)
ジャズ、いま弱ってます(´;ω;`)ウウ・・・

Posted by: ジャズ | March 02, 2012 at 06:35 PM

nanamamaは麒麟について韓国の時代劇ドラマで初めて知りました。

Posted by: nanamama | March 02, 2012 at 01:10 PM

待ちに待った映画ってなかなかないです。

Posted by: オサムシ | March 02, 2012 at 06:54 AM

観たい!観たい!
ちょうど、今日、ハワイの図書館にリクエストしていたこの原作がholdされましたとメールが来たよぉ〜♪
うれしい!
今、宮部みゆきの「楽園」に取りかかっているので、それが終わったら是非読みたいと思います。楽しみ♪

Posted by: mahalobunny | March 02, 2012 at 04:08 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53935881

Listed below are links to weblogs that reference 『麒麟の翼 劇場版・新参者』:

» 映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」映画的な世界は見られないが、結構面白かった [soramove]
「麒麟の翼 劇場版・新参者」★★★☆ 阿部寛、溝端淳平、中井貴一、松坂桃李、 田中麗奈、黒木メイサ、山崎努出演 土井裕泰 監督、 129分、 2012年1月28日公開 2011,日本,東宝 ... [Read More]

Tracked on March 08, 2012 at 07:27 AM

« 第4の神話 篠田節子 | Main | 私という運命について 白石 一文 »