« 『タイム』 | Main | 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 »

『ドラゴンタトゥーの女』

先日、「書籍」で紹介した「ミレニアム 全6巻」
アメリカ版 『ドラゴンタトゥーの女』を見てきました。

Doragon

[監]デヴィッド・フィンチャー
[出]ダニエル・クレイグ ルーニー・マーラ ロビン・ライト
[配給会社] 2011アメリカ/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
[上映時間] 158分

月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正を暴露した
ジャーナリストのミカエルは、ある財閥の会長から、
40年前に失踪した兄の孫娘の行方を探ってほしいと頼まれる。
その失踪に連続猟奇殺人事件が関係していると気づいた
ミカエルは、顔にピアスを付け、ドラゴンの入れ墨をした
天才ハッカー、リスベットの協力を仰ぐことに。

=========================================

いやぁ、原作読んでおいて良かった~。
映画は6冊のうち最初の2冊分、シリーズ1を映画化。
それでも、原作読んでない人にはあの謎解きはしんどい・・。
と思います(;^^)。

読んでいた私でさえ、一瞬混乱してましたし。

で、原作を再現してますね~。
といってもオリジナルの映画は見てないんですが、
あちらは多少設定を変えたりしているとか。
それに比べ、かなり忠実にやってましたね。

リスベットが又すごい!
原作でもひどい目にあってますが、映画でも・・・。
彼女の不器用さは世の中を渡るには危うく、大変だろうな、と。
それでも彼女のスキルの高さは、ねぇ。

それと、ビックリしたのが、彼!
Da

リスベットが契約する警備会社ミルトン・セキュリティ社のCEO。
ERのコバッチュじゃないですかぁ♪
映画見て「あれ?これ知ってる、知ってる・・・誰だっけ?;^^)」
と悩んじゃいましたが。

Da2

原作からはもっと年配の人を想像してましたわ。
まさか彼がやるとは・・・意外な感じです。

それでも面白さはやはり魅力的
こちらの映画もシリーズ化、してくれないかなぁ。
全部読んじゃっているので「彼女が彼とこうなって」とか、
「彼女が次はあそこでああして」とか、イメージできてるし。
あと2つしかないんだし。楽しみにしてますよ♪

|

« 『タイム』 | Main | 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 »

映画2012」カテゴリの記事

Comments

最近、頭が固くなったのか
あまり考えなきゃいけないことは
避けたくなってしまいます。

機会があったら原作からでしょうかね。

Posted by: akiko21 | March 30, 2012 at 11:11 PM

原作 読んでないとつらい
映画 はちょっと 見るのがつらいですね。

Posted by: オサムシ | March 30, 2012 at 06:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/54142586

Listed below are links to weblogs that reference 『ドラゴンタトゥーの女』:

« 『タイム』 | Main | 俺のコンビニ&俺たちのコンビニ 峰月 皓 »