« Big America シリーズ!第2弾 | Main | 観覧車×回転木馬 柴田よしき »

RED RAIN 柴田よしき

さぁ、又本の記事をお送りしたいと思います。
まだまだたくさんあるんですよね~(;^^)

こちらも借りたい本(RIKOシリーズね)が借りられず、
「同じ作家だから良いか!」と借りてみました。

RED RAIN 柴田よしき です。

21世紀の初頭、宇宙から飛来したD物質による感染者
「Dタイプ」は、全世界で増え続けていた。
全身から青白い光線を発し、超人的なパワーで
人間に襲い掛かり血を吸う彼らは、まるで吸血鬼のよう。
世界的なプロジェクトのもとに、
感染者を“保護”する特別警察官シキは、
ある日感染者である一人の女性を射殺するのだが…
近未来を舞台に、人類の進化の可能性を問う、
SFラブストーリーの傑作。
=============================================

これは40年後のお話。
でも本当は、すでに今、あなたの身に起こりつつある
物語なのかもしれません・・・

とは作者の言葉。
「地球最後の男」以降、似たような設定を良く見ます。
映画「ノウイング」もそうですし、本「ジェノサイド」もそう。

いずれも、進化とは? 進化する事は良い事なのか?
では進化できなかった人は?? 滅す運命なのか?

日本人的発想、で行くと「皆と一緒ならどっちでも~♪」
ってあたりでジョークをなりそうですが(;^^)、
「あがく」事ができる人、できない人で違いそう。
あがける人は「何かを守りたい、愛している」等、
強い想いを持っている人、なんでしょうね。
と、この本を読んで思いました。

さて、表題の「RED RAIN」、とはそのものズバリ「赤い雨」。
酸性雨はとうとう「人体に有害」と測定されるほど
強い毒性を持つようになった。
雨に濡れる危険性を警告する為に、
定期的に「雨雲に無害な色素で色つけて降らす」
ようになった、と。

そのせいで外で植物を育てたり、カサなしで歩く事もなく、
機械的な世の中が加速していくわけです。
近未来の話ですが、書かれたのは13年前。
確かに既に身の回りにおきつつある事です、はい。

ただ、クライマックスからエンディングがちょい物足りない。
彼女の作品って落としドコロが自分の期待と違い、
不完全燃焼をもたらすんですよね~。
それだけが残念だなぁ~(^o^)

|

« Big America シリーズ!第2弾 | Main | 観覧車×回転木馬 柴田よしき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

あぁ、ラストで不完全燃焼だと
暴れますよ、私(笑)

まだ、連絡するか迷ってます(>_<)
実は、1ヶ月ぐらい音信不通なもんで(^^;)
バレンタインにメールしてみようかなと。
理由付けしないと気まずくて(笑)

Posted by: ジャズ | February 01, 2012 at 10:24 PM

酸性雨を放射能におきかえてみたら・・もう現実ですよね・・ってちょっと思いました。

Posted by: セイレーン | February 01, 2012 at 08:14 PM

本当に雨が赤かったら・・・、怖くて夜も寝れない!! 

さあ、いよいよ本いっぱい読むぞー!!

Posted by: nanamama | February 01, 2012 at 03:54 PM

赤い雨ってこわいですね・・。
↓おいしそう~(^¬^)ジュル

Posted by: もも | February 01, 2012 at 02:57 PM

40年後 いろんなもの含めて
どうなっているんでしょうね。

Posted by: オサムシ | February 01, 2012 at 07:06 AM

この作者お勧めしておいてなんですが・・・こんな作品もあるんですね。
この作者の作品で、「観覧車」続編「回転木馬」結構好きでした。これとは全然違うタイプです。

私よりもどんどん先に進んで行くtakoingさん〜、待ってぇ〜!!

Posted by: mahalobunny | February 01, 2012 at 05:42 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53672596

Listed below are links to weblogs that reference RED RAIN 柴田よしき:

« Big America シリーズ!第2弾 | Main | 観覧車×回転木馬 柴田よしき »