« 2012年2月のランチ ラ タベルネッタ アッラ チヴィテッリーナ | Main | 歪笑小説 東野圭吾 »

まほろ駅前多田便利軒

2011年4月に映画化されたこちら、
「まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん」
 を読了しました。

東京のはずれに位置する‘まほろ市’の駅前にある
便利屋「多田便利軒」に舞いこむ依頼はどこかきな臭い。
「バスのやろう、絶対間引き運転してるんだ!」と
家の前を通るバスの時間をメモする仕事の帰りに

多田はある男を見かける。
高校時代の同級生、行天(ぎょうてん)。
行くところもない彼が転がり込み、男2人の不思議な
共同生活が始まる。
2人の裏に隠された事情とは?
事情を隠したまま「他人と一緒に生活する事の
わずらわしさと面映いようなわずかな喜び」をかみしめる。

映画化では「瑛太&松田龍平」コンビでしたが、
Mv47331l

原作ではもうちょっと年食った感じ、かな。
でも、雰囲気はそっくり~!!
飄々とした松田龍平扮する「行天」と、
諦めの瑛太扮する「多田」。
映画は見てないんですが、キャストだけは知ってたので
顔を当てはめながら読んでました(^o^)。

結構重い話なんですよ。
歯車にはなれないんだけど、一員として存在していたい、
みたいな切ない想いと、便利屋に依頼する人との関わりに
つい「みんな頑張ってるんだなぁ」って思える作品です。

結構お勧めです。
瑛太&松田龍平、もとい「多田&行天」コンビの漫才に
ついフフッと笑いながら楽しんでください!。

|

« 2012年2月のランチ ラ タベルネッタ アッラ チヴィテッリーナ | Main | 歪笑小説 東野圭吾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

まほろ市って実在するのかな?

松田龍平さんって大河ドラマの篤姫に出ていた方かしら…。

Posted by: nanamama | February 28, 2012 at 11:01 PM

便利屋って 一時話題になりましたね。。

Posted by: セイレーン | February 28, 2012 at 10:17 PM

三浦しをんさん、手を付けようか迷って、まだ、読み始めていない、作家さんです。

Posted by: ツボ | February 28, 2012 at 09:48 PM

松田兄弟、実は兄と弟の区別がつきません(^_^;)
最近、やばいんですよね。
若い子の区別がつかなくて・・・
AKBとかも数人しか見分けがつきません(T_T)

Posted by: butaneko | February 28, 2012 at 06:40 PM

松田家 すごいですね。

Posted by: オサムシ | February 28, 2012 at 07:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73907/53880670

Listed below are links to weblogs that reference まほろ駅前多田便利軒:

« 2012年2月のランチ ラ タベルネッタ アッラ チヴィテッリーナ | Main | 歪笑小説 東野圭吾 »